2018.08.10

数々の名曲を手掛け、近年ではカレンシーとのコラボなどジェット・ライフ勢とのリンクも話題なヴェテラン、スキー・ビーツの自己名義作品となるビート集。時代時代に合わせるようにサウンドも変化してきたスキーらしくヒップホップの枠組に捉われないエキセントリックなトラックもあり。鍵盤の音色が心地良い“When Spring Pull Up”やメランコリックな雰囲気の“Quantum Shy”あたりが最高にチル。

関連アーティスト