TOPICS

Okada Takuroが新作『The Beach EP』をサプライズ・リリース

Okada Takuroが新作『The Beach EP』をサプライズ・リリース

Okada Takuroが新作『The Beach EP』をリリースした。

笹倉慎介らとのバンド、OLD DAYS TAILORでの活動や、優河のアルバム『魔法』への参加などで旺盛な音楽活動を続けると共に、Mikikiでは執筆も行っている元・森は生きているのリーダー、Okada Takuroこと岡田拓郎。多くのメディアで2017年のベスト・アルバムに挙げられた傑作『ノスタルジア』から約10か月、ソロ2作目となる作品『The Beach EP』を、事前告知なしに配信リリースした。

本作の参加メンバーは、

となっている。アートワークはイギリスの写真家、スティーヴ・ハイエットによるもので、ジェームス・ブラックショウ(!)が歌っている2曲目“By The Pool”はハイエット唯一の音楽作品『Down On The Road By The Beach(渚にて)』収録曲のカヴァー。

リンドラムの音色が印象的な前半の“Shore”“By The Pool”は、シティ・ポップやAOR、80年代の細野晴臣作品などを独自解釈したような新境地。一方、後半のミニマルな“After The Rain”“Mizu No Yukue”では、岡田らしい実験精神が聴ける。

奇しくも本日、8月17日(金)には、Okada Takuroがバンド編成で来日公演のサポート・アクトを務めたミツキの新作『Be The Cowboy』もリリースされた。9月に行われるシャムキャッツの対バンツアーでは、2度目となるバンド編成でのライヴも決定しているOkada Takuroの活動から、ますます目が離せない。

 


Live Information
〈OLD DAYS TAILOR × キセル〉

9月6日(木) 東京・渋谷 CLUB QUATTRO
出演:OLD DAYS TAILOR、キセル

〈TOUR ALSO 2018 NAGOYA〉
9月20日(木) 愛知・今池 TOKUZO
出演:シャムキャッツ、Okada Takuro Band