2018.10.04

Aru-2が別名義で完成した新作は、自身の歌を取り込んだ内容に。字余りの如く不揃いなリズム捌きと、思いつくまま差し出すようなヴォーカルがいい意味で噛み合わない楽曲は、予定調和な歌モノから大きく逸脱するものも多々。メロウな心地良さに軸足を置くようでその実、ヨレたリズムが耳を支配する“Hen Jin”や“Uda Uda Uta”は、ルーズなヴォーカルもこびりつき、とりわけキモチ悪くもキモチいい(?)。

関連アーティスト
pagetop