COLUMN

アリアナ・グランデ『thank u, next』 過去最高のシングル・ヒットを受けて届いた大作

アリアナ・グランデ『thank u, next』 過去最高のシングル・ヒットを受けて届いた大作

The Power Of Good-Bye
悲劇と葛藤を力強く跳ね返して時代を掌握したアリアナ・グランデ。先行シングルが過去最高のヒットとなるなかで早くも届いた新作はその品格を決定付ける大作となった!

ARIANA GRANDE thank u, next Republic/ユニバーサル(2019)

 

背景の重さを包む軽やかな振る舞い

 強さが前に出ているのは、もちろん強くないからであって、デリケートな部分から生まれた作品だからこそ、背景の重さを包む軽やかな振る舞いが行き届いている。ジャネット風の浮遊感を纏った“Thank U, Next”がキャリア最大のヒットになり、それが下世話な期待への洗練された回答に終わらずアルバムにまで発展したのは、創作すること自体が再生のプロセスであったからだろう。あるいは、制作時の気分が現在とまるで異なる『Sweetner』をディスコグラフィーの末尾に置いておきたくなかったのかもしれないが、ともかく結果的に前作は敢然と〈過去〉になった。

 デビュー時から全作に関わるトミー・ブラウンのチームが先行ヒットを含む5曲を制作し、そこでは同じく初作から携わるヴィクトリア・モネイが、TLCにおけるデブラ・キリングスのような立ち位置で支えてもいる。また、2作目以降のキーマンとなるマックス・マーティン&イリアは、アーシーな“Bad Idea”やインシンク(のシェイクスピア&キャンディ曲)使いの“Break Up With Your Girlfriend, I'm Bored”など4曲を制作。そんな気心の知れた顔ぶれと並び、過去に少し縁のあったポップ・ワンゼルがハッピー・ペレスと組んで冒頭の“Imagine”など3曲をプロデュース。ウータンでお馴染みの“After Laughter(Comes Tears)”を作法ごと借用した“Fake Smile”のようなフックもありつつ、いずれの楽曲も00年代R&Bっぽいスムースな緩急とインティメイトな質感を湛えている点は同じだ。状況への集中力が全体の統一感に寄与したとも言えるし、ある種のとりとめのなさがアルバムとしての流れを美しく結わえている。意識の高いリスナー層からも俄に絶賛を集めている様子は、例えばマドンナの80→90年代における評価のされ方の変化に重なったりもするが、そうでなくても無性に聴き心地のいい本作がアリアナの次代を手繰り寄せるのは間違いない。大傑作! *出嶌孝次

 

ターニング・ポイントとなる重要作

 ここまで〈格が上がる〉ことを誰が予想できただろう? 悲劇やゴシップなどの荒波に対する誠実かつスマートな振る舞いが、彼女を可愛らしいポップスターから、時代のヒーローへと押し上げた。その決定打となったのが、しなやかでしたたかな女性の強さを歌う“Thank U, Next”だ。前向きな鼓舞ソングとして社会現象化した同曲が初の全米1位にも輝いた勢いのなか、続く“7 Rings”ではトラップ調のビートに似合うフロウでラッパー並にボーストし、畳み掛けるように全米制覇。そんな過去最大の追い風に乗せて、半年ぶりという短いスパンで5枚目のアルバムが放たれた。

 前述のヒット曲を手掛けたトミー・ブラウンや、馴染みのマックス・マーティン一派らにより急造された本作だが、ファレル主導の前作『Sweetner』にもあった00年代R&Bムードを、現行トレンドでアップデートしたといえる内容は完璧だ。ホイッスル・ヴォイスを久々に披露しているのも話題の、亡き元彼マック・ミラーへ捧げた“Imagine”をはじめ、ドリーミーで低温なミディアムが全体の基調。そんななか、往時のブリトニー風の性急なガール・ポップにワルそうな重厚ベースとアンビエント感を差し込む“Bad Idea”や、レゲエ味の“Bloodline”や“Make Up”もアクセントになっている。だがやはり、90年代風のキュートなR&Bに、00年代オマージュなMVを合わせ、10年代後半のアンセム化……どころか未来のクラシック化も睨める表題曲が最強すぎる。アリアナにとってのターニング・ポイントとなる重要作。 *池谷瑛子

プレイリスト
pagetop