INTERVIEW

JABBA DA FOOTBALL CLUB 『新世界』 インディーからもヒップホップからも飛び出し、ポップ・フィールドに飛び込んだ心境

JABBA DA FOOTBALL CLUB 『新世界』 インディーからもヒップホップからも飛び出し、ポップ・フィールドに飛び込んだ心境

4人組ラップ・グループのJABBA DA FOOTBALL CLUBがメジャー・デビュー! 門出を飾るニュー・シングル表題曲“新世界”は、ドヴォルザークのあの“新世界より”を大胆にサンプリングするなど、持ち前のキャッチーをさらにブーストした楽曲になっている。インディーからもヒップホップからも飛び出し、ポップ・フィールドに飛び込んだ彼らの心境を尋ねた。

JABBA DA FOOTBALL CLUB 新世界 MASTERSIX FOUNDATION(2019)

――メジャーに行ってみてどうですか?

BAOBAB MC「お金をいっぱい使える……」

メンバー一同「(笑)」

NOLOV「制作の面では、より理想に近付けたよね」

ROVIN「いろいろな制約で諦めていたことも、躊躇なく〈これやりたいんだけど?〉って相談できる環境というか。でも、お金を出してもらうことに伴う責任も感じています」

ASHTRAY「そのお金が戻ってこなきゃいけないじゃないですか(笑)。より多くの人に聴いてもらわなきゃいけないですし、そのためにどんな曲を作るべきかという」

NOLOV「聴く人のことをめっちゃ考えるようになりましたね。前までは4人のキャラを知ってもらっている前提でラップをしてたんですよ。こいつはスマートで、こっちはやんちゃでとか。でも、たとえばラジオで俺らの曲を聴いてもそこまでわかりませんよね。そのうえでジャバとしてどう表現すべきかを真剣に話し合った」

――新シングルの表題曲“新世界”は、新しい場所に飛び込んでいく決意を後押ししてくれる楽曲になりました。

BAOBAB MC「たとえば新学期を迎えた学生さんとか新入社員とか誰でもいいんですけど、〈新世界〉に立ち向かう人ってすでに自分がそこにいる状態なんですよ。悩む前にもうやっちゃっているわけで、そのことを僕は〈言っている前に口を動かしている〉というラインで表現した。もうそこにいるんだし、気にせずやっちゃえよってのがいちばんのテーマでしたね」

ASHTRAY「そこで、俺らもあなたたちと一緒なんですよというスタンスがキーになって。ステージに立ってマイク握っているけど、別に大それたことをしているわけじゃない。僕らは新世界に音楽で行けたけど、みんなもそれぞれの学校や職場で立っているわけで違いはない。それを身近な単語――パクチーとかを引き合いに出して言えたのがよかったかな」

――ドヴォルザークの“新世界より”を引用したサウンドにも驚きました。

BAOBAB MC「もともとはグライム(UK特有のラップ・スタイル)的な曲を作っていたんです。そこで試行錯誤していくうちにNOLOVから“新世界より”を入れるといいんじゃないって(笑)」

NOLOV「それから(鍵盤の)コードが付いて、よりコーラスが際立つようになりました。どうしてもサビが目立つとは思うんですけど、ビートや音作りはかなり細かく新しいことをやってるつもりです」

――カップリングには初期楽曲“君の街まで”の再録ヴァージョンと前シングル“i&i”のnaotohiroyamaことORANGE RANGEのNAOTOによるリミックスが収録されています。

ASHTRAY「“君の街まで”は、4人ではじめて作った曲なんです。“新世界”と並ぶことで、ジャバの意思が一貫しているとわかるなと思って」

NOLOV「NAOTOさんのリミックスはビビりました。ものすごい低音ブリブリでクラブでもかけられるサウンド。リリックも含めてちゃんと聴いてくれていることがわかる構成になっていて、マジで宝物ですね。もともとORANGE RANGEはめちゃくちゃ尊敬しているんです。なにこれ?ってアイデアが詰め込まれている音楽なのに、あそこまでJ-Popとして浸透したのは本当に凄い」

――ジャバもORANGE RANGE同様にポップであることにてらいがないですよね。

NOLOV「僕ら、キャラ的に軽く見られがちなんですけど、もう全然舐められたっていいんです。それよりも地方の高校生とかに〈なんかわかんないけどおもしろい〉って思ってほしい。そういう穿ってないリスナーに届けられるのがメジャーだと思う。インディーにはまず音楽好きを頷かせないといけないって面があると思うんです。もう自分がそこだけに注力するフェイズじゃなくなったことがすごく嬉しい。ジャバにいちばん合っているのはメジャー・フィールドなんじゃないかって思ってます」

――そのうえで、いまのジャバの目標は?

NOLOV「(きっぱりと)紅白ですね」

 

関連アーティスト
プレイリスト
pagetop