2014.07.15

初作『Nietzsche』から1年が経ったいまもミステリアスな存在感を維持している大阪在住の女性デュオから、またしても挑戦的なミニ・アルバムが到着した。ヒップホップハウスフュージョンと参照されるジャンルは目まぐるしく変わっていくが、生バンドのグルーヴとハード・ロッキンなギターの響きはすべての曲に共通。攻撃的なサウンドに呼応した2人の歌声は、前作よりもさらに高い熱を帯びている。

 

[English Translation]
IN SHOW-HA "Kakurenbo (meaning Hide-and-Seek)"

One year from the debut mini-album "Nietzsche", pleasantly provocative new mini album by the promising Osaka-based female pop duo reaches us duly. Still tagged as mysterious yet with a strong market presence today, referring to multiple genres, the unit creates a truly unique tune incorporating elements of hip hop, house and fusion whilst the distinguished live band groove and hard-rocking guitar sound are firmly set as a common denominator throughout the piece. Responding to the aggressive beat, the dual vocals surely carry a certain degree of heat, way higher than ever before.

関連アーティスト