2019.08.15

アンセミックなシンガロングを聴かせる冒頭からして、以前のようなパンクな爆発力は抑えめながらも、グッと深化した印象の5作目。今回もポスト・パンク~ネオアコな趣や、キラキラとした青さは健在ながら、ザラついた演奏に深い残響音を纏わせることで、独特の浮遊感やメランコリーを獲得している。そんななかで迷いない言葉を並べた“戦争は終わりにしよう”に、彼らの揺るぎない信念を見た。

関連アーティスト
プレイリスト
pagetop