INTERVIEW

角松敏生 『THE MOMENT』

時代の流れがどうであろうと、いつかは実現させたかった瞬間――天性 のグルーヴ・スタイリストが自由に創作を巡らせた〈プログレッシヴ・ポップ〉とは 何か?

角松敏生 『THE MOMENT』

交響曲を作る気分 

 「どうも周りは『REBIRTH 2』を期待していたみたいで。確かに『REBIRTH 1』は評判が良かった。けれどああしたセルフ・カヴァーは連発するものではないでしょう? 売れたからもう一枚というのは、ビジネス的には正しいと思います。でも自分はやりたくない。それなら、次は好きなことをやっていいと言われて……」。

 そして完成したのが、この〈プログレッシヴ・ポップ〉な新作『THE MOMENT』だ。先述の『REBIRTH 1 〜re-make best〜』が間にあったとはいえ、オリジナル作品は『Citylights Dandy』以来3年半ぶり。しかも早い段階で、〈20分前後の大曲が収められる〉とファンの間で話題になっていた。プログレで大曲となれば、すぐに思い出すのはピンク・フロイドジェネシスといった70年代英国のそれ。古いファンなら、角松敏生がかつてイエスのファンだったのをご存知かもしれない。でも実際はさにあらず。確かにイエスを彷彿とさせる部分はあるが、当然〈プログレ〉を演ったワケではなく、ロック、ポップス、AOR、フュージョン、ソウル〜ファンク、シティー・ポップに民族音楽など、ありとあらゆる音の要素がパッケージされている。長尺曲も数パートから成り、それぞれは角松ファンなら思わずニヤリとさせられるはず。ある意味、角松流儀の集大成的な作品と言えるだろう。

角松敏生 THE MOMENT iDEAK/ARIOLA JAPAN(2014)

 「ただ長いだけで、難しくないよという話です。僕の音楽を聴いてくれている人なら、普通に耳馴染みがあります。皆さん〈大作〉と仰いますが、70年代にはそれほど珍しいものではなかった。でも、いまは音楽ビジネスのなかで楽曲を売るメソッドが決まっています。売ろうと考えたら、こんな発想はないですね」。

 つまり角松は昨今の〈J-Pop〉シーンを見限っているわけだが、そうしたなかでも彼は長きに渡って確固たるシェアを保ち続けている。デビュー30年超で、毎年ホール規模の全国ツアーを行える人なんて、ほとんどいないのが現状だろう。それだけ不動の支持を得ているからこそ、こんな自由な創作が許される。このアルバムの原点も、実はそのあたりにあった。

 「つまらなくなっちゃったんです。4分くらいの曲を一生懸命考えて作ることが。好きなことをやれるなら、Aメロ〜Bメロ〜サビみたいな普通のポップスの構成を取っ払って、自由に創って、観せたいところ、聴かせたいところをしっかり出したかった」。

 馴染みのファンには〈こうきたか!〉という驚きや新鮮味を与えたいし、他のアーティストがやれないことをやればそれ以外の多くのリスナーの目を引くチャンスも生まれる。普通のことを普通にやっていては埋没してしまう時代に、角松なりに対処した結果が今作なのかもしれない。
「でもショック療法ではなく、いつかはやりたいと思っていたことをいまやっただけなので、自分としてはすごく自然で楽しかった。それこそ迸るままにイメージして、交響曲を作る気分でしたね」。

※試聴はこちら


壮大な作戦

 それでも発表までには、周到な準備期間が設けられた。22分近い“The Moment of 4.6 Billion Years 〜46億年の刹那〜”は、昨年春にほぼ書き上げていて、レコーディングに取り掛かりつつ、夏のツアーで初披露。毎年恒例の年末ホール・ツアーでは、アルバム大半の楽曲を演奏している。でもそこには、角松らしい視点と考察があった。70年代のプログレは、まず入り口にインパクトのあるアートワークがあって、次にレコードを聴いて音で驚かせる。 そして、〈スゴイ! でもこれはライヴで再現できるの?〉と思わせておいて、実際にライヴで披露して度肝を抜く——そういうプロセスが基本だった。

 「でも僕は逆をやった。なぜかと言うと、いまのリスナーに20分の曲をスピーカーの前で聴いてもらうのが大変だからです。おもしろがる人もいるかもしれないけど、拒否反応が出る人も多いと思う。だからライヴで何度も披露して、徐々に入ってきてもらうように仕向けた。最初から1年ぐらいを想定しての壮大な作戦なんです」。

 最初は何だかわからなくても、ライヴで接するうちに少しずつ曲の全体像が見えてきて、CDが出てやっと理解できる。楽曲も各楽章ごとに完成させて編集したのではなく、頭からの流れでそのまま作ったという。おかげで相当なスペックの入ったPro Toolsが、チャンネル不足に陥ってしまったそうだ。

 ゴスペル・クワイアと共演したもうひとつの大曲“Get Back to the Love”にしても、がっぷりゴスペルのパートもあれば、AGHARTA風の局面もあって、予想以上に親しみやすい。ライヴでも、アグレッシヴな〈46億年の刹那〉に比べ、〈感動した〉という声が多かったそうだ。

 この壮大な2曲に対し、心にシンと響くスロウ・ナンバーも聴き逃せない。“THE LIFE〜いのち〜”はもともと、角松がプロデュースした沖縄のシンガー、チアキに提供した楽曲。子供の誕生、青木智仁浅野祥之といった仲間の急逝に立ち会った彼が、生と死を見つめながら書いたものだ。また“I SEE THE LIGHT〜輝く未来〜”は、ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」の挿入歌。愛娘の誕生を期に視野が広がり、モノを見る目線が変わってこそのカヴァーだろう。

 「いちばん制作費がかかったのもこれなんです。ディズニー・クォリティーに最大限の敬意を払って、37人のオーケストラを使いましたから。デュエット相手はオーディションで募集しましたが、デモのチアキの仮歌がメチャクチャ良くて、結局誰もそれを越えられなかった」。

 印象的なアートワークは、角松がずっと憧れていたイラストレーター・矢吹申彦によるもの。はっぴいえんどのジャケットなどでお馴染みの人だが、今回は古代神殿ジッグラトや恐竜などをモチーフに、〈46億年なんて宇宙レヴェルで見たら一瞬〉という概念を見事に可視化。そしてこの世界観が、すべての収録曲をひとつに繋いでいる。

 クラブ・シーンでは80sブギー人気が盛り上がり、角松を再評価する動きも出はじめている昨今。「若い人たちは先入観なく楽しんでくれるから嬉しい」という角松だが、彼がそんな若い世代の音楽ファンから広くリスペクトされるようになったら、日本のポップス文化も高水準でキープされていくことだろう。



▼関連作品

左から、角松敏生のベスト盤『1998〜2010』(iDEAK/ARIOLA JAPAN)、チアキの2010年作『CHIAKI』(ARIOLA JAPAN)、本田雅人の2001年作『Cross Hearts』(ビクター)

ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

 

タグ
AOR
タワーアカデミー
pagetop