INTERVIEW

sayonarablue、宮崎のエレクトロ・ポップ・バンドが体現するモダンなバンド像

sayonarablue『feel a faint your mind』

(左から)futami(ベース)/川畑大輔(ドラムス)/ウツモトカナ(ヴォーカル/ピアノ)、Gen(ギター/コーラス)
 

九州・宮崎から現れた注目すべき新鋭を紹介しよう。彼らの名前は、sayonarablue(サヨナラブルー)。2016年に結成され、このたび作品としては4作目となるミニ・アルバム『feel a faint your mind』を自主レーベル〈nnbn〉から発表した4人組のバンドだ。

バンド、とは言っても所謂オーセンティックなロック・バンドのそれではなく、彼らが鳴らすのはエレクトロニクスを主体としたモダンなビート・ミュージック。それこそ『feel a faint your mind』をお聴きになっていただければわかるように、sayonarablueがここで体現しているのは、たとえばXXなどに代表されるような、極めて2010年代的なバンド像なのだ。

全編に漂う湿ったアンビエンスと気だるげなフィメール・ヴォイス、あるいは深いリヴァーブのかかったピアノや澄んだギター・サウンドに00年代以降のドリーム・ポップを重ねつつ、そのミニマルなビート・メイキングからポスト・ダブステップ以降の感性が見いだせる新作『feel a faint your mind』。この作品と彼らの実像に迫るべく、Mikikiでは彼らとの書簡インタヴューを敢行した。その音楽性についてはもちろん、拠点とする宮崎の状況やバンドを取り巻く人脈についても語ってもらったので、『feel a faint your mind』のサブテキストとして楽しんでいただければ幸いだ。

sayonarablue feel a faint your mind nnbn(2019)

 

楽曲制作するときに目指す視覚的イメージは、どの作品でも統一している

――まずはここまでの歩みをすこしだけ振り返っていただけたらと思ってます。皆さんはどのような経緯でsayonarablue結成に至ったのでしょうか? この4人はどのようにしてつながったのか、バンドを結成するうえで意気投合したポイントなどを教えてほしいです。

Gen(ギター)「sayonarablueは僕とドラムの川畑が前身となるインスト・バンドのin the ironyを活動休止した後、ピアノが欲しいという理由で以前から僕らのバンドのファンだったウツモトを勧誘してスタートしました。ウツモトの声に魅力を感じていたので楽曲に取り入れたいと考えていましたが、結成当時は同期を使ったピアノ・インスト・バンドとして活動していました。また、同年にサポート・ベースであったfutamiが正式加入し、現体制となりました。

シンプルに好きな音楽の話で盛り上がったことが結成のいちばんのポイントで、ほかにも楽曲制作の上でイメージが共有、共感できたことも大きいです。自分たちが聴きたい音楽を自分たちで作ろうという、少しひねくれたような考えの人が集まったのかなという印象ですね」

in the ironyの2015年のライヴ映像
 

――バンドにとって、何かしらロール・モデルとなった存在はいますか? sayonarablueの音楽性を形作るうえで参照したものがあれば教えてください。

Gen「ロール・モデルは特にいません。よくポスト・ロック/シューゲイザーとして括られる事があるのは、元々マイ・ブラッディ・ヴァレンタインやドーターなどが好きだったこともあるかと思います。実際、結成当初は電子音楽的要素は少なかったです。楽曲に歌が入ってからは、キアスモス、フォー・テット、ジオティック、ガーデン・シティ・ムーヴメントなどのような、電子音楽的な要素や環境音楽の要素を意識するようになりました。

今作においては、ブリアルなどのポスト・ダブステップに、メルボルンのデュオ、クロー(Kllo)やライなどのR&Bサウンドの影響も受けました。その時々で聴いている音楽が楽曲に反映されることは多いです。そういう特性上、いままでの4作品で異なる印象もあるかもしれませんが、楽曲を制作する際に目指す視覚的なイメージはどの作品も統一していて、そこが自分たちの音楽のアイデンティティーとなっているのかもしれません」

クローの2019年の楽曲“Back To You”

 

宇多田ヒカル、クロー……R&Bの要素を取り入れた自由な歌い回しに影響を受けた

――では、みなさんが最近よく聴いている音楽をそれぞれ教えてください。もしそれが新作に影響をなにかしら与えているのだとしたら、それは主にどのような点で?(不躾ながらまず私の感想をお伝えすると、全編の湿り気を感じさせる音像からスクール・オブ・セヴン・ベルズあたりのエレクトロニカを想起しつつ、たゆたうようなメロディーと、それを紡ぐウツモトさんの歌声からは、Spangle call Lilli lineと重なる叙情性を感じました。5曲目“chill”のビートからは、たしかにポスト・ダブステップ的な仄暗いビート・ミュージックの影響もうかがえます)

ウツモトカナ(ヴォーカル/ピアノ)クロー、宇多田ヒカル。今作においてこの二人のアーティストから影響を受けたのは、R&Bの要素を取り入れた自由な歌い回しです。いままではメロディーを作成したあとでそのメロディーの型に合った歌詞を付けていたのですが、今作では〈Ah〉や〈Hmm〉などの感嘆詞や歌詞のない自由なメロディーを組み込むことで、より自分のエモーショナルな気持ちを自分の声質に合った状態で表現できたと思います。

また、元々Spangle call Lilli lineや宇多田ヒカルなどの、歌を生かした音楽が好きな事もあり、ピアノと歌だけでも成り立つかどうかを考える事も多かったです。それが“whitelake”で、この曲はほとんど弾き語りの曲のように作り、そこにビートを乗せていったことで、結果的に他の5曲とはまた別の方向性が出せたように思います」

Gen「ブリアル、オウリ(Ouri)、クロー。ブリアルはビート音楽であっても何か風景を思わせるようなサウンドであるところや、ゲーム内の音をドラムとして用いているところに衝撃を受けました。今作が前作に比べて環境音を多用したり、ロー感やビートが強くなった要因の1つです。また、これまで曲を作る時は前提として視覚的なイメージに向かって音を重ねていく事が多かったので、リヴァーブやパッド系のシンセなどで音の響きを長くさせることを強く意識していましたが、今作ではブリアルやオウリなどの影響もあり、今までと比べると音を点として考えられるようになりました。

カナダのシンガー/プロデューサーであるオウリは、〈BOILER ROOM〉の配信で知りました。不揃いに思える音がどこか調和しているところやライヴ・パフォーマンスに惹かれて、9:en名義での自分のソロ活動でも参考にしています。クローは、主にsayonarablueのライヴ・セットを作る上でのアレンジや立ち位置、ヴォーカル・チョップを多用している点に影響を与えていると思います」

オウリの〈BOILER ROOM〉でのパフォーマンス映像
 

 
Genの別名義である9:enの2019年の楽曲“intro”
 

futami(ベース)「テーム・インパラ、ステラ・ドネリー、パソコン音楽クラブ、!!!、チャーリー・XCX。電子サウンドが混じったバンドやアーティストのベースの立ち位置をよく意識して聴いています。新作で言うと、“6dots”のベースはピッチ・シフターやシンセ・ベースのエフェクターを使って、エレキ・ベースでどこまでシンセ・ベース寄りのサウンドが表現できるかを試みています。今作から多用しているシンセ・ベースをまだ扱いきれてないので、今後はもっと演奏の幅が利かせられるように模索していきたいです」

川畑大輔(ドラム)「凛として時雨、BLACKPINK、ブリアル、ドーター。結成当初はドラム・セットを組んでいましたが、今作からのライヴ・セットではサンプリング・パッドを複数用いてスタンディング・ドラムで演奏しています。最近はBPM120~130のシンプルなビートの音楽を聴いて練習する事が多いです。sayonarablueでは、輪郭がはっきりしていない音や抜けていない音、環境音などがビートとして楽曲に合っていたりするので、その点も注意深く聴いています」

 

歌詞はトラックの持つ雰囲気とイメージできる情景や時間帯に合わせて

――今作のリリックはどのような意識のもとに書かれましたか? もし何かしらのテーマを設定されていたのでしたら、そちらも教えていただけたら嬉しいです。(個人的には、アブストラクトなイメージというか、情景/心理描写的な印象を受けました)

ウツモト「歌詞に関しては、基本的には私の経験に基づいて書き出していますので、わりと感情的な表現が多いかと思います。今作は特にヤマダくん(Gen)のトラックから得られるイメージが多かった為、かなり濃い内容の歌詞になったのではないかと思います。しかし、ただ感情的な表現をするのではなく、Genの作るトラックの雰囲気や温度感、イメージできる情景や時間帯に合わせて歌詞を書いています。

例えば“6dots”なら〈朝、目覚め〉というイメージがあったので、そういった時間帯を連想させる単語やそれに伴う私の経験を書きました。また楽曲のイメージに合わせて英詞と日本詞を使い分けているのもsayonarablueならではだと思いますので、そういった部分も楽しんで聴いていただきたいです」

――『feel a faint your mind』は、Genさんが渡米中に制作した楽曲を中心に構成されているとうかがいました。差し支えなければ、そのことについてお話いただけませんか? 滞在期間や渡米の目的、訪れた場所、そこでどんな刺激を受けて今回の楽曲制作にいたったのか、可能な範囲で教えてください。

Gen「2か月弱という短い期間でしたが、語学留学のためにシアトルに滞在していました。現地では自由な時間が多く、KEXPのラジオ・ステーションに毎日のように通ったり、パブで知り合った子とパーティーに行ったり好きに生活していました。

視覚的にはもちろん、考え方においても刺激は多く、現地の人からは自身の好きな物事への信念を感じました。勉強以外の部分でもインプットは多くあったので、そのアウトプットとして毎晩パソコンに向かっていたという感じです。渡米するまでは〈好きだから〉という理由だけで音楽をし続ける事の難しさを強く感じていましたが、〈音楽だけは好きなことを続けよう〉と強く思えました。日本に帰る時に、そこで作曲した10数曲は現地で出来た友達にプレゼントしましたね(笑)」

――sayonarablueと関わりの深い人物、キーパーソンがいれば教えてください。

ウツモト「エンジニアの井上峻さん。以前からお世話になっていた先輩ということもあり、本当に何でも意見が言える信頼のおけるエンジニアさんです。ただ、何でも言いすぎてしまうので迷惑を掛けている部分もあります……(レコーディング後にアレンジを変えたり構成を変えたり)。私たちは、実際にレコーディングしてからも構成やアレンジを修正する事がよくあるのですが、井上さんはその特性も理解してくれていますし、アレンジやコーラス・ワークでの提案もくれるので、もう1人メンバーが増えたような感覚にもなります。レコーディングもほぼ彼の家で行なっていて、毎度合宿のようなムードの中で制作を進めています」

Gen「映像作家の斎藤公太郎さん。斎藤さんとの出会いはわれわれが『chill ep』(2018年)を発表した際に、ミュージック・ビデオを製作したいとご連絡を頂いたのがきっかけです。そこからは僕と同い年ということもあり、映像だけじゃなく音楽自体についても相談できる関係になりました。

自分はあらかじめ描いた視覚的なイメージを、音楽としてアウトプットすることが多いのですが、彼はそんなsayonarablueの音楽への理解も深く、音使いや歌詞を把握して解釈した上で、映像としてアウトプットしてくれています。お互いに逆の方向から製作しているのでMVのギミックもおもしろく、“frostbite”では映像化することを前提に楽曲をどう構成するかまで話し合うこともありました」

 

同じ宮崎出身のベランパレード、n3q?との〈熱い〉定期イヴェント

――みなさんが拠点としている宮崎について教えてください。たとえば北欧のポスト・ロックがその土地の環境と深く関わっているように、みなさんの音楽性にもその土地の空気感が表れていたりするのでしょうか?

ウツモト「宮崎はライヴハウスごとにシーンが分かれているわけではなく、さまざまなバンドが混在しているイメージです。その為、私たちが音楽性において疎外感を感じたりすることもないですし、逆に親和性があるわけでもない、という印象です。よく低体温だと表現される私たちの音楽に比べると、土地の環境という点ではむしろかけ離れているような気もします(笑)。逆にこの土地では見当たらない、自分たちの求めているものへの想像力を膨らますことで曲に特有の空気感が出ているのかもしれません」

――ベランパレード、n3q?(ナゾサードクエスチョン)と共同開催しているイヴェント〈yadge〉について教えてください。音楽的にはまったく異なる3組をつなぐものとは一体何なのでしょう? そして、このイヴェントを定期的に行っていることには、何かしらの理由もしくは展望があるのでしょうか?

ウツモト「この3バンドである理由は、宮崎で活動しているバンドの中でも、音楽性以外の部分、例えば音楽に対する向き合い方や柔軟性などが一致しているという点です。確かに音楽的に異なるこの3バンドですが、お互いの音楽を尊重できていますし、元々宮崎というシーンでは異種格闘技のようなイヴェントも多いため、違和感は感じないです。ちなみに〈yadge〉の語源は宮崎弁の〈やっじ(やるぞ)〉という意味でして、わりと熱い思いが込められています(笑)」

ベランパレードの2018年作『スクラップ イン マイ ルーム』収録曲“パン”
 
n3q?の2018年作『nazo3rdquestion』収録曲“LIFE”。MVはスタジオ石が担当
 

――最後に、可能な範囲でけっこうですので、これからの展望を教えてください。バンドとして、ミュージシャンとして、みなさんはこの先にどんなキャリアを見据えているのでしょうか?

ウツモト「sayonarablueは一貫して自分たちが聴きたい音楽、したい音楽をすることを一番に考えています。今後もその軸がブレることなく自分たちの興味に率直に音楽活動を続けて行きたいです。個人的にはヴォーカルとしての活動領域を広げたり、将来的には作家としての活動も視野に入れています。現にヤマダくんもソロ活動をしていたり、futamiも別ユニット〈kotatsv(コタツ)〉を組んでいたりと、sayonarablueはもちろんのこと、メンバーそれぞれもさまざまな分野で活躍できたらと考えています。そして、それぞれの経験を生かしてsayonarablueとして提供できたらと思っていますので、今後の活動にも是非注目いただきたいです」

 


LIVE INFORMATION
sayonarablue “feel a faint your mind” release tour

11月3日(日)東京・下北沢THREE
出演:sayonarablue、youmentbay and more
開場/開演:18:00/18:30
前売り2,500円/当日3,000円(共に税込、ドリンク別)
チケット予約:e+/バンド予約/THREE(03-5486-8804)

11月17日(日)大阪 Live House Pangea
出演:sayonarablue、shiki、faded old city and more
開場/開演:17:30/18:00
前売り2,500円/当日3,000円(共に税込、ドリンク別)
チケット予約:e+/バンド予約/Live House Pangea(06-4708-0061)

11月22日(金)福岡 Public space 四次元
出演:sayonarablue、TBA
開場/開演:18:30/19:00
前売り2,300円/当日2,800円(共に税込、ドリンク別)
http://www.yojigen.asia

11月24日(日)鹿児島 duckbill
出演:sayonarablue、Yohlu、THE ACOUSTICS、Quadromania
DJ:STIR CREW
VJ:kaname
開場/開演:18:00
http://duckbill-live.com

関連アーティスト
40周年 プレイリスト
pagetop