2014.09.16

津軽三味線の音が随分近くに聴こえる。これまで12枚のアルバムをリリースし、様々なアンサンブルを企て新しい津軽の世界を開いてきた。今回のホライズンではパワフルなバンドの音と対峙しつつ、邦楽の伝統的な響きのなかに新しい花をさかせる、そんな7曲が収録された。パブロ・カザルスの国連での演奏により世界が知るところとなった『鳥の歌』をdecollageしたトラックは、カタルニアと津軽の空を舞う鳥が唄でつながったそんな印象的なトラックである。ある種アスリートのように研ぎすました身体能力から放たれるのは、今回も空高く舞う鳥の放つ澄んだ声のような歌、なのだろう。

【参考動画】吉田兄弟を迎えたMonkey Majikの2014年の楽曲“夏の情事”
関連アーティスト
40周年プレイリスト
pagetop