INTERVIEW

PHARRELL WILLIAMS 『G I R L』(1)

アー・ユー・ハッピー? 何度目かのゴールドラッシュに瀕した男は、それでも気負いなく歌いかける。『G I R L』にあるのは時代を軽やかに踊り明かすためのグルーヴなのだ!!

PHARRELL WILLIAMS 『G I R L』(1)

決定的な局面

 「これが自分の人生におけるとても重要で決定的な局面だってことはよくわかってるつもり。いまのこの瞬間を無駄にしちゃいけないと思ってるよ」。

  ダフト・パンク“Get Lucky”とロビン・シック“Blurred Lines”の大ヒットに端を発する、昨年からのファレル・ウィリアムズ快進撃の集大成=『G I R L』。これ以上は求められない完璧なお膳立てが整ったなかで投下された彼の8年ぶりのソロ・アルバムは、意外にも本人が率先して制作を望んだものではなかった。

 「今回のアルバムは、もともとは作る気がなかったんだ。というのも、2006年に最初のソロ・アルバム『In My Mind』を作ったときのトラウマがあってね。あのアルバムはちょっと自己中心的すぎた気がしていたんだ。あまり楽しめなかったし、ライヴでパフォームするのが恥ずかしい曲もあったぐらい。だから、いずれまたソロ・アルバムを作るつもりではいたけど、当面は考えていなかった。どうせ前回の二の舞になると思っていたんだよ。そんなときにコロムビアのエグゼクティヴがミーティングをリクエストしてきて、まだリリース前だったダフト・パンクの“Get Lucky”を褒めてくれてさ。そして〈よく聞いてくれ。“Get Lucky”はダフト・パンクの新作からのファースト・シングルになる。君がアルバムを作りたくないのは重々承知しているが、どうかその考えを変えてほしい〉って言われたんだ。〈トレンドは気にせずに、やりたい音楽をやってくれればいい〉とも言ってくれたな。あのときの興奮はいまでもはっきり憶えてるよ。深呼吸して〈ワオ!〉って感じだった。〈俺の考えていることを知りたいって? 俺の心にある音を聴きたいって?〉みたいなね。直感的に、アルバムのタイトルは『G I R L』にしようと思ったよ。すべて大文字で、文字と文字のあいだにスペースを空けるんだ」。

PHARRELL WILLIAMS G I R L I Am Other/Columbia/ソニー(2014)

 さらにファレルは今回のソロ・アルバムの構想について「緊急性のある感じにしなくちゃいけないと思った」「聴き手の時間をあまりとらないように意識した」と付け加えてくれたが、「もともとは作る気がなかった」という成り立ちや閃き任せのシンプルなタイトルも含め、こうしたカジュアルさや気負いのなさが『G I R L』の大きな魅力になっているのは間違いない。歴史的名盤であることよりも、いまこのタイミングで出すことを重視したような、そんなポップなスタンスがアルバムを軽やかなものにしているのだ。

 

心と肉体に効くアルバム

 「『G I R L』というアルバムは、表面的には言わば〈グルーヴ〉なんだ。でも聴き手がより深く掘り下げれば、そこには心と肉体の両方に包括的に効くメッセージがある。美しい女性たちに捧げた賛歌としてね。ここで俺が言う〈美しい女性〉というのは、内面的なことを意味してる。外見的に美しい女性という意味じゃない。ちょっと前に、ふと悟ったんだよ。〈美しさとは感覚的なものではなく、ひとつの表現であり実証である〉ってね。美意識や美学というものは、時と共に変化していく。人間は老いて、肌に皺が刻まれ、肉体は引力に逆らうことができない。でも人間の内面では、美はひたすら成長する。ひとりの人間のパーソナリティーのなかで、どんどんどんどん深まって、大きくなっていくんだ。人間の究極的な成長は、そこで進行するんだよ」。

 もろにダイアナ・ロス“Upside Down”を彷彿とさせる“Hunter”は、きっとダフト・パンク『Random Access Memories』でのナイル・ロジャースとのコラボレーションから着想を得たのだろう。また、マイケル・ジャクソンの“Working Day And Night”をモチーフにしたと思われるジャスティン・ティンバーレイクとのデュエット・ソング“Brand New”は、ふたりが関与しているビヨンセの傑作ブギー“Blow”から派生した曲に違いない——アルバムは、まさにこの一年のファレルの仕事の集積の上に成り立っているようなところがあるが、そんななかでも特別な思い入れを感じさせるのはダフト・パンクとの再共演が実現した“Gust Of Wind”だ。

  「すべてはダフト・パンクから始まったわけだからね。ダフト・パンクに関するコロムビアのスタンスは素晴らしかったよ。そもそもダフト・パンクは、ヘルメットをとることを断固拒絶するフランス製のロボットなんだ。そんなありのままの彼らを受け入れて、リスペクトを示したんだからね。あのふたりとコラボすると、本当にホームに帰ってきたような気分にさせられるよ。ダフト・パンクはロボットだから、本質的には完璧主義者なんだ。でも、そんな彼らだからこそ“Gust Of Wind”を別のレヴェルにまで引き上げられたのさ」。

 最後にファレルは『G I R L』の内容に関して、「このアルバムがグルーヴに溢れているだけじゃなく、少し奥を覗き込めば治癒力も秘めていることに気づいてもらえるとうれしいね」とコメントしていたが、映画「怪盗グルーのミニオン危機一発」の挿入歌でアルバムからのリード・シングルにも選ばれた“Happy”に対する熱烈なリアクションから判断する限り、きっとその点は心配いらないんじゃないかと思う。〈幸せが本当にあるって感じるのならいっしょに手を叩こう〉と歌うファレル流ノーザン・ソウル“Happy”は、目下7週連続で全米チャートの首位を驀進中(4月12日現在)。この調子でいくと、2013年のMVPは2014年のポップ・ミュージックも制することになる。

 

 ▼『G I R L』参加アーティストの作品

左から、ジャスティン・ティンバーレイクの2013年作『The 20/20 Experience: The Complete Experience』、アリシア・キーズの2012年作『Girl On Fire』(共にRCA)
※ジャケットをクリックするとTOWER RECORDS ONLINEにジャンプ

関連アーティスト
pagetop