INTERVIEW

16歳の新星・KOTOと佐々木喫茶率いるシンセ・パンク・バンドのレコライドがアルバム同時発表! 〈コトライド!〉対談が実現

16歳の新星・KOTOと佐々木喫茶率いるシンセ・パンク・バンドのレコライドがアルバム同時発表! 〈コトライド!〉対談が実現

〈コトライド!〉対談が実現! KOTOとレコライドは互いをどう語る?

 ニューウェイヴゲーム音楽を想起させるジョイフルなエレクトロ・サウンド、エッジの効いたギター、そしてパンキッシュなヴォーカルの三つ巴で唯一無二の音楽を奏でるレコライド。アイドル界トップクラスのダンス・スキルでもってフロアを魅了する16歳の新星、KOTO。そのKOTOのプロデュースを手掛けたのがレコライド首領の佐々木喫茶で、ヴォーカルのたったはKOTOの楽曲の仮歌(レコーディング時のガイドとなる歌)の歌い手であり、両者はイヴェント〈コトライド!〉を催したりもしている。この分かちがたい関係性の二組がめでたくもアルバムを同時にリリース……というわけで誌上〈コトライド!〉、開催です!

レコライド FRESHLESS SPIRAL(2015)

KOTO プラトニック プラネット SPIRAL(2015)

――KOTOさんは定期的なシングルのリリースがあったのでアルバム収録曲を積み重ねてきた感じだと思うのですが、レコライドに関してはどのように進めていったんでしょうか?

佐々木「アルバムを出すことが決まってから、ストックがまったくない状態からスタートしました。ただ、レコライドは一応〈シンセ・パンク〉と謳っていて、あんまり時間をかけると曲の良さが失われていくので、勢いで作れたのでよかったです。KOTOちゃんのほうにポップな要素を注ぎ込んだので、こっちは売れる要素とかをまったく考えずにやれたので、すごくやりやすかったです」

たった「いままででいちばん勢いがあるかも。前作(『MP3の断末魔』)はメロディー重視の曲が多かったんですけど、今回は初期衝動があって、6年目にして若返ったというか」

佐々木「前回までは歌もギターもタイミングを補正してかっちりやってたんですけど、今回は全曲が一筆書きみたいな感じで」

たった「そこが大きい違い。歌も1時間で3曲録ったり。やればやるほど曲を理解しちゃうから、歌い回しも気にせず自由にやって、1~2回録って終わりでした」

佐々木「逆にKOTOちゃんの仮歌のほうに苦戦していて。“パステルパスポート”のときに1回怒って帰ったし」

たった「〈歌えねー〉って(笑)」

――KOTOさんはいつもその歌を参考にして歌っているわけですよね。

KOTO「この仮歌の感じが好きなのに、KOTOが歌ってもああはならないから、〈たったさんみたいにできません〉って何回か言ったことがあります」

佐々木「仮歌はあくまでイメージで、身近な人が歌っているだけだからって説明するんですけどね」

KOTO「いつも〈KOTOの歌はこれでいいのかな?〉って思ってます」

――レコライドのアルバムにはKOTOさんに提供した“エンジェルがエンドレス”が収録されました。

佐々木「仮歌を録った段階で、たったの歌がすごく良いと思ったんですよね。これこそがレコライドだと思って。KOTOちゃんに提供したなかで唯一レコライドでやれる曲ですね」

KOTO「喫茶さんがアルバムに合わせてブログで曲について書いていて。KOTOも書こうと思ったんですけど、〈エンエン(“エンジェルがエンドレス”)〉のところで止まっちゃって。レコーディングが全然うまくいかなすぎて、どうしてもネガティヴな内容になっちゃうんですよ」

佐々木「だから逆に印象深い曲ですよね。その次の“バレンタインズバレリーナ”から一気に良くなっていった」

KOTO「喫茶さんの早口の曲に慣れたんだと思う。喫茶さんの曲を歌うようになってから、ハキハキしようと思うようになりました。カラオケに行って練習したりして」

――すごく真面目なんですよね。

佐々木「KOTOちゃんからは気配りとか思いやりとか、人間的なことを学んでます(笑)」

たった「うちらはひどいですからねー」

佐々木「今回の歌詞でも〈逆リハめんどくさい〉とかあるんですけど、そうやって生きてきてしまったので」

たった「練習がいちばん嫌いなんですよ」

――年齢もキャリアも性格も違う二組が近い場所にいるのもおもしろいですよね。

佐々木「いままでもアイドルと絡んできたんですけど、不思議といちばん合うんですよ」

KOTO「レコライドさんはめっちゃカッコイイ。KOTOは決まったダンスしかできないですけど、たったさんの自由な〈エンエン〉とか観てたら、マネできないなと思う」

たった「うそ!? KOTOちゃんの〈エンエン〉めっちゃカッコイイじゃん」

佐々木「間奏で煽ったり。最近はそういうところでもちゃんとライヴしてるなって思う」

KOTO「だからアルバムはいっぱい曲が入ってるけど、それを聴いて満足しちゃわないで、ライヴにも来てくれてもらいたいです」

佐々木「アルバム聴いた?」

KOTO「まだ部屋に飾ってます」

佐々木「聴いてよ(笑)。わかるけど。レコライドも自分たちで落ち着いて聴けるようになるまで一年とかかかるから。いつか聴いたときに、すげえいいの作ったなって思えるときがくるから」

KOTO「曲はすごくカッコイイし、可愛いところもあってめっちゃ好きです。歌っているのが自分だと思わなければ……」

たった「あはは!」

佐々木「でも本当に、どっちも自信作です。嘘をつかずにやりたいようにやれました」

 

レコライド


たった(ヴォーカル)、はしゆう(ギター)、佐々木喫茶(プログラミング/ヴォーカル)の3人から成るシンセ・パンク・バンド。月刊プロボーラーで活動していた佐々木を中心に2009年に結成され、アルバム2枚のほか配信オンリーの音源もコンスタントに発表している。このたび3年ぶりのフル・アルバムとなる『FRESHLESS』をリリースしたばかり!

 

KOTO


神奈川出身、98年生まれの16歳。小学生の頃にダンスを始め、数々のコンテストでタイトルを獲得。2012年、キッズダンス映画「SHAKE HANDS」のヴォーカルオーディションに合格。2013年にソロ歌手として初のパフォーマンスを行い、2014年にCDデビュー。このたび初のアルバム『プラトニック プラネット』をリリースしたばかり!

タグ
関連アーティスト