2015.10.13

堂々とセルフ・タイトルを掲げた3作目は、バンド・セットによる楽曲を多く織り混ぜた静かなる意欲作。晴れやかな開放感と視界の広がりを持つ“ニューポニーテール”など、独特なポップセンスをふんだんに盛り込んだ快活なフォーキー・サウンドが並んでいるが、持ち前の毒やシュールさが随所でにゅっと顔を出し、ニンマリさせてくれる。巧みなプロデュース力で彼女の眩い表情を引き出したのは、ya-to-iで共演した山本精一

関連アーティスト
タワーアカデミー
pagetop