2015.12.25

リル・ジョンが雄叫びを上げるへヴィー・クランク(今年ヒットした“Calentura”のヴァージョン違い!)で、冒頭からいきなり沸点へ。元相棒ウィシンの最新作はコミュニティーの結束をアピールするようなゲスト選びが印象的でしたが、本作にはフレンチ・モンタナフューチャーらも参戦し、ラテン・アーバンに馴染みのない方でも入りやすい一枚に。シャギーとのデジタル・ソカで見せる暴れん坊ぶり、サルサに乗せたロマンティックな歌心、ジャワイアン風“No Sales De Mi Mente”での爽やかさ――ここではいろいろなヤンデルに出会え、昨今のビッグなレゲトン盤と同様に、全体のコンセプトよりも各曲のヴァラエティーでリスナーを楽しませてくれます。ピットブルを迎えたお約束のEDMもあるよ!

40周年プレイリスト
pagetop