TOPICS

リル・ウェインやウィズ・カリファ、スクリレックス&リック・ロスなど、映画「スーサイド・スクワッド」のサントラがすごい!

アメコミの老舗・DCコミックス作品の実写映画で、主役がスーパーヒーローならぬスーパー・ヴィラン(悪役)という、ウィル・スミスジャレッド・レト(あのジョーカー役!)が出演する「スーサイド・スクワッド」。本国USでは8月5日公開(日本公開は9月10日)ということで、かなり話題となっているようですが、こちらのサントラもまた豪華! 本編の公開に先駆けて、収録曲が続々と公開されているのでひと足先にチェックしてみよう。

まず耳を惹くのがリル・ウェインウィズ・カリファタイ・ダラー・サインイマジン・ドラゴンズX・アンバサダーズという、こういう時ならではなメンツがワラワラと集った哀愁味のある“Sucker For Pain”。それとは対照的に、スクリレックスの面目躍如なスケールのデカいトラップ~エレクトロ・ハウスでリック・ロスが野太い声を乗せた“Purple Lambourghini”あたりも気になるところだろう。

一方で個人的には、マーク・ロンソンダン・オーバックをフィーチャーしたアクション・ブロンソン“Standing In Rain”がお気に入り。先ほどの“Sucker For Pain”にも通じるダンディズムと荒野感(なんだそれ)が滲む、タランティーノ作品にも合いそうな一曲だ。また、スラッシーなギターと凶暴なビート、可愛らしいヴォーカルの組み合わせに狂気を感じる、グライムス“Medieval Warfare”もなかなかイイ。

ほかにも、サントラ第1弾として公開されたトゥエンティ・ワン・パイロッツや、今年メジャー・デビュー作を発表して注目を集めるラッパーのケヴィン・ゲイツなど、幅広い人選でおもしろいので、ここで聴ける音源と併せてチェックしてほしい。なお、「スーサイド・スクワッド」のサントラ日本盤は8月24日にリリースされる(輸入盤は発売中)。

VARIOUS ARISTS Suicide Squad: The Album Atlantic/ワーナー(2016)

ポール・マッカートニー