MIYAVI Fire Bird ユニバーサル (2016)

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.09.05

スケールの大きいサウンドメイクとハード・ロック寄りのシンガロングが目立った前作『THE OTHERS』に対し、軋むような歪みを纏ったエレクトリック・バースト・ギターをギャンギャン唸らせ、スナイパーっぽいソリッドさで迫る約1年4か月ぶりのニュー・アルバム。トレードマークのリフも輝くなか、タイトル曲を筆頭に、より踊れる作風となった。上昇志向を止めない、流石のエンタテイナーぶり!

 

[English Translation]
Unlike the previous album “THE OTHERS” released approximately a year and 4 months ago that highlighted large-scale sound-making and hard-rock geared sing-along, the latest from rock star ‘Samurai Guitarist’ MIYAVI (guitarist/singer-songwriter/producer/actor) signals his sniperish solid approach with loud growling electric burst guitar clad in a creaky twist. Keeping his trademark sparkling riff intact, as the title track signifies, the latest album offers another touch that lets us dance more than ever. Never stop facing upward and forward, be prepared to witness an undeniably fabulous entertainer!

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連アーティスト
読者アンケート