INTERVIEW

BiSHは負けない! 別れの痛み乗り越え、ひたむきに気持ち込めたキラー・チューン揃いの新作『KiLLER BiSH』を語る

BiSHは負けない! 別れの痛み乗り越え、ひたむきに気持ち込めたキラー・チューン揃いの新作『KiLLER BiSH』を語る

燃え盛る感傷と繊細な情熱が音を立てる、楽器を持たないオーケストラ。止まらない勢いと鋭利でエモいキラー・チューンの連打が、新たな6人の前途を眩しく照らす!!

 

妥協のないアルバム

 「止まらなかった。止まることを許されなかったっていうか」(モモコグミカンパニー)――痛みを伴う変化を経験しながらも勢いを緩めず、濃密な季節を駆けてきたBiSH。5月に“DEADMAN”でメジャー ・デビューした数日後に結成メンバーのハグ・ミィが脱退を発表。6月2日に赤坂BLITZで行われた渋さ知らズオーケストラとの対バン企画にて6人最後の姿を見せた直後にすぐさま5人でパフォーマンスを披露し、そのまま〈BiSH Less than SEX TOUR〉に突入。フェス出演も挿みながら、過去最長のツアーを現在も継続している真っ最中だ。

 その過程で加入したのがアユニ・D。8月にお披露目された最年少の彼女は、もともと個の立ったBiSHにかつてない純朴な新風を吹き込む存在だろう。ライヴ参加もこの9月から始まったばかりだ。

アユニ・D「画面の向こうのBiSHはもっと強い人たちっていうイメージだったんですけど。初めて会った時は……みんなちっちゃくて、可愛いなと思いました」

セントチヒロ・チッチ「最初に会った時のアユニは、子鹿みたいな……」

モモコ「未来を見るようなキラキラした目をしてて、いいなって思いました。私たちの忘れてしまった何かを持ってる(笑)」

ハシヤスメ・アツコ「まだまだフレッシュよ! まあ、年齢は離れてます。非公表なので誰が最年長か知りませんけど(笑)」

アイナ・ジ・エンド「まだ6人では数えるほどしかやってなくて、いまは回を重ねるごとに良くしていこう、という状況です」

BiSH KiLLER BiSH avex trax(2016)

 で、そうした動きと並走する形で制作されたのが、「いままでより突き詰めて作った感じ。妥協が一個もないアルバム」(アイナ)と胸を張る『KiLLER BiSH』だ。メジャー初にして、早くも通算3枚目のアルバム。松隈ケンタ率いるSCRAMBLESの音作りはプリミティヴなバンド・サウンドのカッコ良さを容赦なく追求し、渡辺淳之介(プロデューサー/マネージャー)やメンバー個々による歌詞も、いつも以上に心に迫ってくる。

アイナ「珍しく渡辺さんが〈詞ができない〉って悩んでたり、モモコは自主的に英詞を書いたり、関わった全員が寝る間も惜しんでがんばったと思います。レコーディングでも、何回も何回も録り直して松隈さんたちもすごくこだわってくれて、私たちも遠慮せずに〈もう一回歌いたいです〉って食らいついて」

チッチ「昔は一生懸命なだけだったけどね。だんだん意志が芽生えてきて」

アイナ「あと、松隈さんの要求も激しくなってきました(笑)。それにちゃんと応えられてるか……わかんないけど、一生懸命がっついてきて。それを今回のアルバムではもっと超えられた気がして……だから、いまの自分たちの全力って感じです」

 

曝け出された感情

 各人のひたむきな奮闘は、強力なアルバムの完成度にも明らかだ。見るからに物騒なアートワークが示唆するのは、本作が文字通りのキラー・チューンで埋め尽くされているという事実でもある。

モモコ「今回はホントに隙がないアルバムで、シングルみたいな曲がガッて集まってるイメージ。前作は〈青春パンク〉みたいなテーマがあったんですけど、今回は良い意味で特定の色がないというか、バランスがすごい良くて。いちばん好きなアルバムです」

アイナ「事前のコンセプトみたいなのはなかったんですけど、出来上がった後で今回のテーマは〈生死〉だって。あ、下ネタじゃないですよ(笑)」

モモコ「絶対に言うと思った(笑)」

アイナ「……っていう裏テーマがあるって、終わってから知らされました」

チッチ「みんなの詞によって、結果そうなったのかもしれないですけど。私も今回めっちゃ詞を提出したけど採用されなかったんですよ。なんか、熱い、キモいのしか私は書けなくて。リンリンとかアイナとかアユニみたいな、感情が曝け出されたかっこいい歌詞がこのアルバムには合ってるなって思えました。ね、アッちゃん(笑)」

アツコ「(笑)私も今回は採用されずで。曲先なんですけど、いつも音源と一緒に〈これは青春系で〉〈恋愛系はNGで〉とかテーマがあったのが、今回は指定がなくて、みんな思いのままに書いたので。結果的に一個一個のフレーズが強く残る、そういう曲の多いアルバムになったと思います」

チッチ「気持ちを入れやすい曲がいっぱい。いろんな人格になれる気がしますね」

 生死をぶっかけたアルバムの制止不能な破壊力は、導入に置かれた“DEADMAN”からの“ファーストキッチンライフ”でいきなり全開に。同曲や“Am I FRENZY??”など3曲で採用されたリンリンの剥き出しな言葉は、アルバム全体に波立つ生々しさを象徴しているような雰囲気もある。

リンリン「“Am I FRENZY??”を書いたのはいちばん気分が落ちてる時で。毎日ツアーとかでみんなに会いたくないのに会わされて……(一同笑)、Twitterとかでも毎日〈元気?〉とか言われて、〈なわけあるか〉って。そういう気分の時に移動の車で書きました。思ってること全部ボーンって」

モモコ「私は“ファーストキッチンライフ”がいちばん好きなんですけど、努力せずにやらかして目立ちたいっていう、誰もが抱いてたような気持ちが描かれた曲だと勝手に思ってて。アイナのシャウトもかっこいいし、遊び心に溢れた曲だなって思います」

アイナ「〈ファッキン〉と“オーケストラ”は振付けもすぐにできたんですよ。振付けが思い浮かばなくて180回ぐらい再生した曲もあるんですけど、“オーケストラ”のフリは2~3回聴いて出来たし、〈ファッキン〉に至っては1回聴き終わるところでもう出来ました。そういう曲だとテンションも上がるし、自信のある振付けを見せた時にどんな反応が返ってくるのか、ライヴが楽しみになりますね」

 

BiSHはBiSH

 その“オーケストラ”は、美しいストリングスも交えてドカドカ畳み掛けるバンドと6人の歌声が激しい感情を奏で、聴く者の心を突き刺すアンセム。渡辺の感傷的な詞や〈抱擁〉で始まる振付けからも、〈女達の別れ〉が背景にある曲なのは言うまでもないが、この素晴らしい大名曲を生み出しただけでも、痛みには大きな意味があった……と思っておきたい。

 同様に、剥き出しの思いが普遍へと昇華されたナンバーでは、アユニが内なる切実さを吐き出したパンキッシュな“本当本気”も出色だし、リンリンが「自分の歌詞が好きで(笑)。あと、この人たちの歌が良くて」と語る“My distinction”も瑞々しい逸曲。また、モモコが渡辺と共作した“KNAVE”は、ブルーハーツっぽい軽快なアレンジも相まって、独特の詩情を纏っている。

チッチ「“KNAVE”はモモコっぽいというか、メロディーがスッて入ってきて、モモコの優しいけど切ない歌詞が活きてるなって。元気とか勇気をもらえます」

 そのモモコが英詞を綴った“summertime”はカラッと晴れたパワー・ポップで、“Stairway to me”は曲名通りアコースティックからハード・ロックへ展開し、「デモの時からめっちゃかっこいいと思ってて、自分の歌いたいパートが全部採用されたので、完全に個人的なお気に入りです」(アツコ)というBiSオマージュの“iDOL is SHiT”はツーマン経験もあるRUKAThe LEGENDARY SIX NINENIGHTMARE)作曲の猟奇的なメタル、さらにアイナが「学生時代の理科の先生で、当時は嫌いだったんですけど、いま考えたらすごいかっこ良くてロックな先生だったなって思って、ハゲを隠さない人への憧れや尊敬の気持ちを書きました」と明かすユーモラスなスカコアの“Hey gate”……と、アレンジも多様な収録曲はどれもキャッチー。そこから痛快な叫びでスカッと放り投げられる“Throw away”を経て、ラストは熱い大合唱を誘うような“生きててよかったというのなら”。

チッチ「〈ヒゲ面でタオル巻いたオッサンをイメージして〉って言われて歌った曲で、やっぱりこういう熱いのが好きです。何度も入りの部分を歌い直して、一生懸命だったから思い入れもあります。みんなで歌う部分がすごい好きだし、アルバムの最後って感じもあって。最後にこれが来るとホッとするんですよね」

 まさに野外映えしそうなキラー・チューン揃いの『KiLLER BiSH』。この傑作を携えて10月8日に日比谷野音で行われるツアー・ファイナルでは、いまの6人の最上級とその先の道が提示されるはずだ。元祖BiSの再始動も話題を呼んだからこそ、却ってここからBiSHの独自性がより魅力的に際立ってくるのは間違いないだろう。

チッチ「BiSHは本気なんで負けないと思います(微笑)。BiSHはBiSHです」

タグ
pagetop