2016.11.25

〈ブラジャーのホックを外す時だけ/心の中までわかった気がした〉というジャケットとぴったりの歌い出しに仰天の“真赤”を含む、新潟在住の3ピースによるメジャーからのファースト・アルバム。メロディック・パンクの先人たちの遺伝子を継ぐ優れたメロディーメイク、ダイナミックでスピーディーな演奏、精悍なヴォーカルが持ち味だが、今作では初期オアシスを思わせるスケール感の“恋人ができたんだ”も堂々と披露するなど、バンドの伸びしろを窺わせる。そしてラヴソングというより〈ソング・アバウト・ラヴ〉な詞も大きな特長だ。恋の喜びを屈託なく描くだけでなく、その裏側にある己の不甲斐なさ、弱さにも踏み込む……まではよくあるが、ソングライターである椎木知仁の実体験に基づく詞の格好悪さ、自分勝手さは並大抵ではない。そのディテールが醸す私小説的なリアリティーが肝で、ゆえに涙なしには聴けない“グッバイ・マイマリー”などが生まれるのだ。おもしろい存在になってきた。

関連アーティスト
プレイリスト
pagetop