TOPICS

メイヤーやシティー・ポップ好きにも推薦! ブルーアイド・ソウルの巨匠、ボビー・コールドウェルが来日公演を開催

メイヤーやシティー・ポップ好きにも推薦! ブルーアイド・ソウルの巨匠、ボビー・コールドウェルが来日公演を開催

〈風のシルエット〉など数々のヒット曲で知られるAORの代名詞、ボビー・コールドウェルが今年もやってくる! 2015年にはクール・アンクルとしての活動でも現役ぶりを大いにアピールし、不動の人気を誇るブルーアイド・ソウルのレジェンドが1月25日(水)、27日(金)、28日(土)にBillboard-LIVE Tokyo、1月30日(月)、2月1日(水)、2月2日(木)にBillboard-LIVE Osakaで来日公演を行う。

78年作『Evening Scandal』収録曲〈風のシルエット〉こと“What You Won't Do for Love”
 
クール・アンクルの2015年作『Cool Uncle』収録曲“Never Knew Love Before”
 

1951年にNYマンハッタンで生まれたボビー・コールドウェルが、大きく注目されるきっかけとなったのは78年のデビュー作『Evening Scandal』。冒頭で触れた〈風シル〉や“Special To Me”“Come To Me”などの代表曲を収録した同作で、メロディー・メイカーとしての才覚を開花させるのと同時に、白人らしからぬソウルフルなヴォーカリストとしても支持を集めた。その後も、〈ミスターAOR〉として人気を二分するボズ・スキャッグスの“Heart Of Mine”(88年作『Other Roads』収録)や、市川崑監督の映画「竹取物語」の主題歌となったピーター・セテラ“Stay With Me”(87年)など数々のヒット曲を生み出し、近年ではグラミー賞受賞プロデューサー、ジャック・スプラッシュと組んだクール・アンクルでメイヤー・ホーソーンシーロー・グリーンら次世代のアーティストをフィーチャーしながら、現在進行形のR&Bサウンドを煌びやかに披露。今日まで精力的な活動を続けている。メイヤー及びタキシード好きはもちろん、シティー・ポップの元祖とも言える彼の楽曲群はヤングなリスナーにもきっと響くはず!

そしてライヴでは、往年の姿と変わらぬパワフルな歌唱に、その柔らかな人柄が垣間見えるMCやアクションも大きな観どころ。Billboard-LIVEならではのラグジュアリーな空間で、往年のナンバーに心ゆくまで酔いしれたい!

89年作『Heart Of Mine』収録曲、セルフ・カヴァーした“Stay With Me”
 
〈Java Jazz Festival 2012〉でのパフォーマンス映像

 

ボビー・コールドウェル

日時/会場:1月25日(水)、27日(金)、28日(土) Billboard-LIVE Tokyo
開場/開演:
〈1月25日(水)、27日(金)〉
1stステージ:開場17:30/開演18:30
2ndステージ:開場20:30/開演21:30
〈1月28日(土)〉
1stステージ:開場17:00/開演18:00
2ndステージ:開場20:00/開演21:00
サービスエリア 12,000円/カジュアルエリア 10,500円
★詳細はこちら

日時/会場:1月30日(月)、2月1日(水)、2月2日(木)Billboard-LIVE Osaka
開場/開演:
1stステージ:開場17:30/開演18:30
2ndステージ:開場20:30/開演21:30
サービスエリア 12,500円/カジュアルエリア 11,500円
★詳細はこちら

タグ
関連アーティスト
募集