TOPICS

Campanellaと中納良恵がコラボ! Fla$hBackSのJJJがプロデュースするストリートの妖しさ&猥雑さ映した“PELNOD”のMV公開

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2017.02.21

昨年発表した最新作『PEASTA』が各所で好評を得ているCampanellaが、かねてよりファンだというEGO-WRAPPIN'中納良恵を招いた新曲“PELNOD”を7インチ&配信限定で今月リリース! 7インチが即日完売のため追加プレスされるなど、話題となっている同曲のミュージック・ビデオがこのたび公開された。

Campanella PELNOD MADE DAY MAIDER/AWDR/LR2(2017)

Campanellaが愛聴していたEGO-WRAPPIN'“色彩のブルース”ともリンクするムードを持つ“PELNOD”はJJJFla$hBackS)がプロデュース。“色彩のブルース”がキャバレーを映したナンバーだとしたら、“PELNOD”はそのキャバレーが位置するストリートの猥雑さを描いたような一曲で、場末や酒といったキーワードが浮かぶいかがわしさと人間臭さが最高にカッコイイ。スタジオ石MMMが手掛けたMVもそんな雰囲気が映像化されており、いったい何の仕事をしているんだろう……というCampanellaのバックで、神々しくも妖しく歌う中納の姿が実にセクシー!

関連アーティスト