2017.03.08

BOOM BOOM SATELITES中野雅之ROVO益子樹をサウンド・プロデューサーに迎え、〈ダンサブルなねごと〉という新たなバンド像を提示したEPを経て、2年ぶりのフル・アルバムが到着。共に宇宙規模の音を鳴らすバンドに所属する2人の助力を得て、スケール感のある一枚に仕上がっている。とはいえ、本作で展開されるダンス音楽はスタジアム的なEDMの雰囲気とは異なるもの。ビートにフィジカルな気持ち良さはありつつも、蒼山幸子のヴォーカルは基本的に体温低めで、内側からジワジワと心を温めるような昂揚感がある。また、各曲の肝となっているのが音色自体の説得力で、沙田瑞紀の多彩なサウンドメイキングの手腕も光る。そのクリアで芯のある音作りは、砂原良徳『LOVEBEAT』に通じるものであり、あくまでポップなメロディーも含めれば、彼と益子がサウンド・プロデュースを手掛けたスーパーカー『HIGHVISION』にも近い。間にスペースを挿まない本作の表題は、その2作に対するオマージュにも思える。

美しい星