INTERVIEW

DJ KRUSH『軌跡』 たった一人で世界へ飛び出して25年、現役のレジェンドが初の日本語ラップ・アルバムに挑んだ理由とは?

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2017.07.13
DJ KRUSH『軌跡』 たった一人で世界へ飛び出して25年、現役のレジェンドが初の日本語ラップ・アルバムに挑んだ理由とは?

たった一人で世界へ飛び出して25年、やり残していた挑戦=日本語ラップに向き合う時が訪れた。現役の伝説が磨いてきた刃を閃かせ、若き才能たちと描く『軌跡』とは……

どこか未練があった

 MURO、DJ GOらを従えて80年代後半に結成したKRUSH POSSEの解散を機にソロへと転じ、いち早く世界に活路を見出してから四半世紀。DJ KRUSHは孤高の道を行き、大いなる賞賛を集めてきたが、それでもなお彼にはまだ成し得ていない夢があった。全編にラッパーをフィーチャーしたニュー・アルバム『軌跡』は、そもそもの活動の始まりであった日本語ラップで彼がやり残したその夢の落とし前、いわく「歩んできた道の清算」である。

「もともとMUROなんかとやってた当時に〈日本語のラップ・アルバムを出してそこでスクラッチしたい、日本語のラップを世界中のラジオで流したい〉っていう大きな夢があったんだけど、当時はできなかった。でも、一人になってからもずっとその夢はあったし、どこか未練があったんですよ。〈日本語だけのアルバム一枚作りたいな〉ってことはもう何年も周りのDJには言ってたし。それが今回ようやく形になったんです。自分的にも世界中を一周した感じがあって、足元を見たときに、やれバトルだなんだって日本のヒップホップ・シーンも熟してきてるんで、基本に戻りたいなとも思った」。

DJ KRUSH 軌跡 Es・U・Es Corporation(2017)

 タイトルの〈軌跡〉は、アルバムのテーマとしてKRUSHがラッパー勢に投げたワードでもある。その解釈をラッパー個々に委ね、KRUSH自身は己の内なるヒップホップを鳴らした。

「僕は80年代、90年代をリアルに生きた人間なんで、デジタルっぽくないブレイクビーツ主体の荒い音をぶつけたかった。各々がイメージの湧くオケを作れてるかってことと、そこにDJ KRUSHって個性を入れることにはいままでにない難しさとプレッシャーを感じたけど、俺が描く世界にみんな対峙して、寄り添ってくれたかな」。

 イントロに続き、オリエンタルなネタ使いで口火を切るトラックは、OMSBを迎えた“ロムロムの滝”。威風堂々としたビートに、〈サファリパーク〉たる街の現実を映すOMSBのラップが、幕開けを勢いづける。

「OMSB君は関西で関係者からデモCDをもらって頭に残ってて、音もブッ飛んでるし、いずれやりたいなと思ってた。ブレイクビーツ主体の音だけど、彼は自分の作品でも荒いハードな俺好みのやつをやってるから、楽勝で乗りこなしてるよね。リリックの中でトライブ(・コールド・クエスト)のフレーズを入れてきてるのも嬉しくて、DJ心が疼いてちょっと後で音を足したりしたんだ」。

 続く“バック to ザ フューチャー”では初めてKRUSHの音楽に触れた11年前の記憶と現在を繋ぎ、チプルソがラップ。“若輩”ではR-指定(Creepy Nuts)が、迷いもがく歪な自分自身を〈今日も白いページを黒く彩る〉というラインと共に描き出している。

「チプルソ君は僕らの曲を聴いてくれてた世代だし、あの声質と、枠にハマってない独特な世界観にシンパシーを感じた。こういう歌を聴くとやっててよかったって感じだよね。自分の曲も誰かに何かを与えてんだなって、逆に力をもらうし。R-指定君はあの瞬発力と上手さね。Creepy Nutsとは全然違うヒップホップ的なルーツの音を当てたらどうなるかな?っていう興味があった。このタイトルをラップで言えるってのは骨があるし、なかなかできないですよ。カッコつけちゃうじゃないですか、普通。ダテにチャンピオン張ってないなって」。

 

やればやるほど課題ができる

“裕福ナ國”は、物悲しいピアノの音色をあしらったシンプルなオケに、Meisoが悲痛なまでの現実の闇を重ね、タイトルを皮肉に裏返す一曲。インスト“夢境”を挿んでの“MONOLITH”では、道半ばの自分をさまざまな角度で切り取る呂布カルマのラップを、ぶっとく不穏なビートが迎え撃つ。

「前からMeiso君の曲は好きで、海外でもかけたりしてて。彼は外国の血も入ってるから、我々と違う目線で物事を見れるし、今回のメンバーの中では唯一たまに会う存在で、いずれやりたいなって話がやっと実現できた。呂布カルマ君はとにかく強烈な声質と、持ってくる言葉、雰囲気、独自の泥臭さが良くて、昔で言えば初期のEPMDあたりの黒い音に乗っけたらハマりそうなイメージがドカンと出てきて、今回はネチネチしてるようなビートを作った(笑)。言ってることもどぎついし、ヒネリがあって格好良いよね」。

“Dust Stream”ではRINO LATINA IIとの3度目となる共演が実現。黎明期の日本語ラップ・シーンで袖すりあった2人の歩みが曲で交差する。

「これは他の曲とは逆に、デジタルな808っぽいビートを当てた。RINOはいまやレジェンドだけど、彼のラップのキレの良さ、言葉のセンス、リズム感が大好きだし、〈軌跡〉って投げたら案の定振り返るリリックが来て懐かしいなって。〈あの頃のことを書きだしたら、このヴァースだけじゃ足んないよね〉って話しながらやってました」。

 さらに“誰も知らない”では5lackをフィーチャー。ベースラインのループが印象的なオケに歯切れの良いラップが乗る。

「5lack君はSick Teamでロウな曲をやってるのが好きで、ライヴでかけたりしてたんですよ。彼独特のフロウ、言い回しがすごくクセになるし、普段はメロウな感じだから逆にハードなビートをぶつけた時に彼がどうするのか興味があった。誰にでも影響された人がいて、その影響された人にもまた影響された人がいるって曲で、今の子にとっては俺やMUROはたぶんそのへんの世代になるんだろうけど、いい視点で歌ってくれました」。

 そして、締め括りの“結—YUI—”でマイクを握るのは、KRUSHがかねてから特に共演を熱望していた志人だ。淡々と鳴らすビートにヒーリング系の音が揺らぐトラックの上で、果ては銀河系にまでペンを走らせ、5分強の曲を壮大な叙事詩のように綴る物語は、パフォーマンスと共に圧巻。アルバムの最後を飾るべくして飾っている曲といえよう。

「彼の詞の世界観、視線は他の人と違うし、すごい刺激されるよね。フロウもすごいし、スキルもあって。だから純粋に彼の描いてる世界に音をつけてみたいって感じだし、曲が出来上がってみたらもう(曲順は)ラストしかなかった。アルバムの前半とかありえないでしょ、そこでもう終わっちゃうじゃんって」。

 DJ KRUSHは年内リリースをめざして早くも次のアルバム制作に入るという。本作もまたみずからの〈軌跡〉の一つとして、いまなお止めぬその歩みが、これからも後に続く者の道を照らす光となる。

「芸術は何でもそうだけど、100点は取れないと思うんですよ、音楽ってのは。やればやるほど。でも、それは次に行くための課題ができたってことで、そこに向かうということが大切だし、そういう背中を若い世代が見てるからね」。

次ページ『軌跡』参加アーティストの作品を紹介
関連アーティスト