COLUMN

ケレラ 『Take Me Apart』 次代の歌姫が〈ポスト・アリーヤ〉の先へ向かうファースト・アルバムで露わにした本質とは?

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2017.10.06
ケレラ 『Take Me Apart』 次代の歌姫が〈ポスト・アリーヤ〉の先へ向かうファースト・アルバムで露わにした本質とは?

登場時からポスト・アリーヤ(?)として絶賛を浴びてきた新時代の歌姫が、いよいよ初のアルバムでその本質を剥き出しにする――ここからはケレラの時代だ!!

リスナーに挑戦する

 「このアルバムは、私がいろんなものを一緒にして編み上げて作ったタペストリーで、違うタイプのリスナーたちを惹き付け、同時に彼らに挑戦するものでもある。私はそれを全曲でやりたかった」。

 オルタナティヴが大きな潮流を形成しはじめるとオルタナティヴでなくなるのは自明であって、そんな便宜上の〈オルタナティヴR&B〉がメインストリームに溶け込んで広まった現在、その流れに先鞭を付けたケレラのやっていることがいまでは本道的でポピュラーなものに聴こえてくるのは当然だ。キングダムやジャム・シティらの後見を受けてフェイド・トゥ・マインド発のミックステープ『Cut 4 Me』(2013年)で世に出た彼女は、ワシントンDC出身の83年生まれ。「R&Bやジャズやビョークを聴いて郊外で育った」という当人の弁を借りる必要もなく、エッジーなベース・ミュージックを泳ぐ個性の強さは、同年のうちにソランジュ監修の先鋭コンピ『Saint Heron』に2曲が選ばれたことからも明白だったし、ボク・ボクのビッグ・チューン“Melba's Call”(2014年)での振る舞いやカインドネスとの共演もオルタナティヴな在りようを裏付けるに十分だった。

KELELA Take Me Apart Warp/BEAT(2017)

 ワープに移籍してのEP『Hallucinogen』(2015年)から少し間が空いた感じはするものの、その間の2年でクラムス・カジノやダニー・ブラウン、ゴリラズ、そして何よりソランジュの楽曲に招かれて実り多き共演を実現。そしてようやく届いたのが〈ファースト・アルバム〉という位置付けの『Take Me Apart』である。キングダムやジャム・シティ、ボク・ボク、アスマ(エングツングツ/フューチャー・ブラウン)らに守られた陣容はミックステープ時代に近いものの、「アルバムの曲は『Cut 4 Me』を作る前や作っている段階で同時に作っていたものなの。出来上がっていてもまだ何かできそうだったり、アルバムっぽいなと思うものを、ミックステープには使わずに取っておいたのよ」との言葉通り、それらは数年間も温めていた楽曲のようだ。

 そう考えるとアルバム全体のポップなモダナイズを采配したのは、ジャム・シティ及びケレラ自身と並んで総監督を務めるアリエル・リヒトシェイドということになるだろうか。多くの楽曲でアディショナル・プロダクションも担うアリエルは、一時はディプロの片腕としても動きつつ、近年ではアデルやチャーリーXCX、ハイムらを手掛ける敏腕だ。また、全曲のミックスを担当したクウェズも各曲のプロダクションに手を加えていて、そのあたりの複合的なバランス感覚が今作の聴き心地に作用しているのも間違いないだろう。

 

すごくパーソナルなものになった

 「収録曲は時系列に並んでいるわ。1曲目の“Frontline”は恋人から去ることについての曲。“Waitin”でまたその元カレに会って、付き合ってないのに関係が戻ってしまう。“Take Me Apart”でそれがもっとディープになって、“Enough”でそれが完全に終わる。そして5曲目の“Jupiter”で自分一人になるの。これはアルバム中の一つの大きな変化の時ってことよ。自分に向き合って、自分の行動の意味を考え直して、次の“Better”で元カレと友達になるの。〈私たち友達よ〉って言いながら完全に関係が終わりきれてない人たちって多いと思うけど、ここではフェイクの恋人ではなく、本当の友達になる。“LMK”ではシングルになって、またいろいろな人と会いはじめるの。“Truth Or Dare”は真剣な恋愛を始める前の新しい恋のゲーム。“S.O.S”は夜中に酔って異性にかけちゃう電話(笑)、“Blue Light”は真剣なステップに進みたいけれど、まだそれに対して自信が持てていない状態。11~13曲目でその自信をつけて、また自分を受け止めてくれる人がいるんだと思えるようになるの。そして最後の“Altadena”は、まだ自信が持てていない皆を励ます曲。外側からではなく、内側から強くなろうとする皆を応援する曲よ」。

 そんな発言やクレジットから想像する限り、以前からアルバム用にキープされていたのは「作っているうちにすごくパーソナルなものになっていった」タイプの曲のようで、恐らくはそれらを違和感なく一つの流れで成立させるべく楽曲が追加されていったのだろうか。先述のEPに続いてアルカがプロデュースした3曲のうち、アトモスフェリックな“Enough”や躍動的なハイパーバラード“Onanon”は作品全体を駆動する重要なキーになっているし、レーベル側の提案で計3曲を共作したXXのロミーなど、ワープ移籍後のコネクションも新鮮な成果をもたらしている。

 「私がどう表現していいかわからないことを彼女が言葉にしてくれたの。〈こういうことを言いたいんじゃない?〉とか〈こうやって表現すれば?〉とか。私はメロディーを作って、彼女がポエムを書いて、それを繋ぎ合わせて曲にしていった。私から出てくるものと彼女の側から出てくるものは良い意味で違うから、すごく刺激になったし、素晴らしい作品を作ることができたわ」。

 多くの曲にソングライターとして関わるモッキーのほか、ブーツやテラー・デンジャー、サビナといった才能もさまざまな局面で名を列ね、重厚にして端正な内容に仕上がった『Take Me Apart』。96年~2005年頃のプログレッシヴなメインストリームR&Bの意匠が現行ポップ・シーンの肥沃な源泉となっている現在、ケレラの音楽性は二重の意味で王道のR&Bとなった。そんな言葉遊びはともかく、冒頭に挙げた彼女の狙いは確実に達成されている。

『Take Me Apart』に参加したアーティストの作品を一部紹介。

 

ケレラの客演作を一部紹介。

 

次ページケレラと『Take Me Apart』に繋がる女性R&Bアルバム
タグ