2017.11.02

しばらく音沙汰がないと思っていたら、前作からの6年間はオリジナルのシンセを開発しながら、ひたすら自宅で曲作りに励んでいたとか。そのレポートとも言える本作はパッと聴きキャッチーなインディー・シンセ・ファンク集なんだけど、クラフトワークへの偏執的な愛を滲ませたピロピロ音や、合いの手程度に挿入されるモソモソした低音声に彼の変態性が! アリエル・ピンクも一目置いた才能はまだまだ枯れちゃいない!

関連アーティスト
Franz Ferdinand『Always Ascending』特集