COLUMN

SWEET NOVEMBER―デトロイト・エメラルズの決定盤からプライドやTKの重要作まで、今月のソウル・リイシュー

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2017.11.21

SWEET NOVEMBER
デトロイト・エメラルズの決定盤からプライドやTKの重要作まで、今月のソウル・リイシュー

THE DETROIT EMERALDS I Think Of You:The Westbound Singles 1969-75 Kent/Ace(2017)

 今月は諸事情によりソウル連載はお休みですが、そんな時に限って注目のリイシューが多いのでここで簡単に紹介しておきます。まずは、デトロイト・エメラルズの『I Think Of You:The Westbound Singles 1969-75』(Kent/Ace)から。最近では映画「ベイビー・ドライバー」に“Baby Let Me Take You(In My Arms)”が使用されて思わぬ脚光を浴びてもいるトリオですが、これは中心人物のエイブリム・ティルモンと後のフローターズ組が袂を分かつまでのシングルを網羅した編集盤。AC・ティルモン&デトロイト・エメラルズ名義で出たスウィート路線の洗練ぶりもいいです。ケンドリック・ラマーらのネタ曲も含みますが、ここはデトロイト・ソウルのクールな熱気を真正面から味わうべし!

 

THE BILLION DOLLAR BAND The Billion Dollar Band Good Sounds/Solid(1977)

 続いては、まだまだ奥底にいろいろ眠っているTK系列の復刻シリーズ。10月には5タイトルがリイシューされましたが、なかでも目玉はビリオン・ダラー・バンドが77年に残した『The Billion Dollar Band』(Good Sounds/Solid)の世界初CD化! マイアミを拠点にホーンズも擁する5人組バンドで、この唯一のアルバムではディスコ時代も踏まえたファンクを華々しく披露しつつ、根本にあるスウィートなソウル作法が楽しめます。TKモノでは他にもストーニー・アイランド・バンドの隠れフュージョン名盤の世界初CD化、フォクシーの初作などがありますので注目を。

JERRY BUTLER Melinda Pride/OCTAVE(1972)

THE SYLVERS The Sylvers Pride/OCTAVE(1972)

 一方で、このたびレーベル単位での復刻が始まったのはLAのプライド。著名なインクレディブル・ボンゴ・バンドのアルバム2枚はもちろん、インプレッションズの初代リードを務めたジェリー・バトラーがジェリー・ピータースと組んで72年に手掛けたブラックスプロイテーション映画のサントラ『Melinda』(Pride/OCTAVE)の世界初CD化、さらには後にリオン・シルヴァーズ3世を輩出する兄弟姉妹グループ、シルヴァーズの72年作『The Sylvers』(Pride/OCTAVE)など初期3枚の世界初CD化……と、興味深い6タイトルが一挙リイシューです。プライドに関してはいずれまとめて紹介するとしましょう。