2017.11.29

クリスマス盤を挿んで放つ2年半ぶりのオリジナル作。表題通り〈傷つきやすい〉男心を実直に歌うエレガントなクルーナーぶりは従来通りで、今作ではフィル・コリンズ名曲をカヴァーするなどポップな側面を見せつつ、80sタッチのバラードやミディアム・ブギーでR&B紳士としての粋を見せる。ジェイミー・ホーキンズが手掛けた“More Than Life”は極上のミッド・グルーヴ。初期名曲のライヴ音源の収録も嬉しい。

関連アーティスト
Franz Ferdinand『Always Ascending』特集