2018.03.22

ヴァラエティーに富んでいた前作に対し、ロックの衝動漲るシンプルな曲調に回帰した最新ミニ・アルバム。今回は1曲のなかで同じ言葉を繰り返すパートも多く、即効性の高いキャッチー度をグッと高めている。“SUNNY CLUB”でのラップ風のヴォーカルにも驚いたが、最近アコギの弾き語りも行っているMisakiの繊細な声色を活かした“Water”は、完全に新境地のナンバー。聴くだけで心が洗われるような癒し効果もありそう。

関連アーティスト
40周年プレイリスト
pagetop