2018.05.10

高校卒業の節目に残した前作に続き、20歳になってのソロ2作目。RHYMEBERRYの快調な近作と同じくP.O.Pのさいとうりょうじが全体を舵取りし、グループでの姿とはまた違う側面に焦点を当てた好内容に仕上げられている。アーバンな等身大のラヴソング“Love Sick”も、ヘイターを刺すダークなトラップ“PANDRA”も、自作リリックを含めていい感じだ。上鈴木伯周やハハノシキュウ、GOMESSらも作詞で好サポート。

GR'18