COLUMN

Nulbarich、水カン、GRAPEVINE、WONKら出演陣へ3つの質問!〈GREENROOM FESTIVAL '18〉の観どころは?

〈GREENROOM FESTIVAL '18〉特集:第3回

Nulbarich、水カン、GRAPEVINE、WONKら出演陣へ3つの質問!〈GREENROOM FESTIVAL '18〉の観どころは?

Mikikiで特集中の〈GREENROOM FESTIVAL '18〉が、いよいよ来週末5月26日(土)、27日(日)に横浜・赤レンガ倉庫で開催されます。特集の第1回、第2回ではヘッドライナーを務めるレジェンド2組――ジミー・クリフとサブライム・ウィズ・ロームをフィーチャーし、今彼らを観るべき理由を解説しました。最終回となる今回は、本フェスの特徴や魅力に触れつつ、今年のラインナップや観どころをさくっとお伝えします。また、2ページ目では、8組の出演者が本フェスに関する3つの質問に回答。これらをチェックしながら開催を楽しみに待ちましょう!

★第1回:ジミー・クリフ、70歳迎えた生ける伝説が愛され続ける理由とは?
★第2回:サブライム・ウィズ・ローム、来日―スカ・パンクだけじゃない! 前身バンドへの深い愛情&真に自由なサウンドを聴け

 

筆者も何度か足を運んでいる〈GREENROOM〉。その大きな魅力として挙げられるのが開催時期とロケーションです。近年は、真夏と梅雨を目前に控えた一年で一番過ごしやすい5月最後の土日に行なうのがお馴染み。この時期は雨が降りにくく暑すぎないので、もちろん今年どうなるかわかりませんが、潮風を浴びながら野外ライヴをゆったりと堪能できます。

同時期には〈森、道、市場〉や〈ARABAKI ROCK FEST〉などもありますが、〈GREENROOM〉日本大通りや馬車道など最寄の駅からも徒歩10分と近い、都市型フェス気候も相まって手ぶらでもいいくらいの気軽さがあるので、いわゆる夏フェス的なアウトドアが苦手な人にも敷居が低いです。また、ビーチへの愛からスタートしているフェスなこともあり、例えばファッションも〈コーチェラ〉など海外のフェスのような、ラフなオシャレを楽しめるのも魅力。

また、〈GREENROOM〉は音楽だけじゃないんです。会場では映画の上映や、国内外の美術家によるエキシビジョン内山里名さんや野沢和香さんなどが登場するヨガのワークショップまで体験できる、総合的なカルチャー・フェスなんです。本邦未公開モノも含む映画は自然やビーチに関するものを中心に、今年は2日間で9作品がセレクトされていますが、日差しや音楽にちょっと疲れた時に観に行くのもいいですし、シーブリーズを感じながら大所帯でやるヨガも、このレイドバック・ムードに誘われてぜひトライしたいところです。

>>会場のマップはこちら

でもやっぱり一番気になるのは、アクトのラインナップでしょう。年々スケールアップしながら進化している〈GREENROOM〉は、サーフ・ミュージックやビーチ・カルチャーを軸とした本来のカラーを大切にしながらも、よりジャンルレスで多彩なラインナップとなっています。そんななかひとつ注目したいのが、小袋成彬水曜日のカンパネラ、Nulbarich、WONK、King Gnu、KANDYTOWN、D.A.N.など、今もっとも旬な若手陣が大集結しているところ。海外勢もLA発の超絶デュオ、ノウワーベイブ・レインボーヒョゴといった音楽ファンの心をくすぐる期待のニューカマーを押さえているのもニクイです。

ヴェテラン勢ではTHE King ALL STARS、スガ シカオ、ASIAN KUNG-FU GENERATION、UA、サンボマスター、在日ファンク、EGO-WRAPPIN’、SOIL&“PIMP”SESSIONSといった、最高のグルーヴを届けてくれそうなヘッドライナー級がバシバシ登場。ジミー・クリフサブライム・ウィズ・ロームの二大レジェンド・オブ・レジェンド/全方位型のポップ・スターが観逃せない理由はこちらの特集記事で確認していただくとして、ほか海外勢ではヴィンテージ・トラブル、4月にアルバムもリリースしたカイトのフロントマン、ニック・ムーンなどがオンステージ。〈GREENROOM〉の守備範囲の広さがうかがえるラインナップです。

昨年から導入された無料ステージ〈RED BRICK〉では、SANABAGUN.、MONKY MAJIK、MOROHAなど、普段なかなか無料では観られないアーティストが登場。この〈RED BRICK〉について、フェス代表/オーガナイザーの釜萢直起は「僕らがやりたいのは、街全体で作り上げるオープンマインドなカルチャー・フェスなので。〈SXSW〉や〈Sonar〉みたいな発想に近いかもしれないです。それに今年は無料エリアで楽しんでもらえたら、来年は中に入ろうと思ってくれる場合もあると思うし。そこだけでもビーチを好きになれる仕掛けは詰まってるから」と、昨年Mikikiでのインタヴューで言及しています。無料エリアではほかにも、アート・ギャラリーや、ビーチ・グッズなどが並ぶショッピング・ゾーン〈SURF MARKET〉もあるので、誰でもふらっと来て楽しめますし、はたまたもしチケットが売り切れてしまった場合も諦めないでください。

船上のステージ〈PARADISE SHIP〉やDJラウンジ〈PORT LOUNGE〉など、ほかにも多彩なステージがありますが、〈GREENROOM〉は全体を無理なく廻れる規模感なのもまた魅力。また、子連れに優しいフェスとしても知られており、親子で音楽を聴きながら踊れる〈KIDS DISCO〉があるキッズ・エリア〈KIDS PARK〉もあるので、友人や恋人とワイワイ楽しむのはもちろんですが、〈GREENROOM〉は家族の休日を過ごすのにも最適です。

夜は会場から横浜の夜景も楽しめます
 

そんな誰にでも開かれた自由な都市型フェスティヴァル。常連はもちろん、初めての人も気軽に足を運んでみてはいかがでしょう。

次ページGRAPEVINE、Nulbarich、水曜日のカンパネラ、GLIM SPANKYら出演陣が開催に向けて質問に回答!
pagetop