INTERVIEW

映画「リズと青い鳥」 山田尚子監督 × Homecomings対談―共感から生まれた〈魔法的〉な主題歌“Songbirds”

©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
 

〈映画の主題歌に使われました〉というだけじゃないところが多いので、メチャクチャうれしいですね(福富勇樹)

――Homecomings的には前作にあたるEP『SYMPHONY』(2017年)で音楽的に新しいことに挑戦して、これまでよりも一歩前に踏み出した印象でしたけど、今回の“Songbirds”でそこからさらに外へと羽ばたいた感じもあります。

福富「そうですね。ただ、僕らはいま新しいアルバムを作ろうとしてて、その方向性を考えてた段階で今回のお話をいただいたので、本当はそのアルバムの方向に真っ直ぐ行くはずだったんですよ。“Songbirds”でそことは違うところに行ったんですけど、でもそれが良い道だったという感じで」

畳野「『SYMPHONY』では自分たちが思ってた以上にいままでやってこなかったことがやれたんですけど、“Songbirds”はそのいろんなことを経て原点に戻ってきたみたいな感じがあって。いままで積み重ねてきた要素がギュッとなって、オリジナリティーとしてパーンと出たのが“Songbirds”じゃないかと思うんです。だから新しいことをしたという感じはなくて」

福富「確かに自分らの活動をいったんまとめた感じはあるかもしれない。まとめるつもりはなかったんですけどね(笑)。いままでやってきたことをキュッと絞ったから、あまり考えずにパッとできたのかもしれないし」

畳野「自分たちでも良い曲だなと思える曲が、聴いてくれてる人たちにとってもグッとくる曲なんだという実感もあって。そういうことが自信になってるし、こういう曲が出来たこともすごく自信にもなってるんですよ」

――Homecomingsのお2人は完成した映画をご覧になって、自分たちの楽曲が初めて映画の主題歌としてスクリーンから流れて、いかがでしたか?

福富「僕は公開後に映画館で観たんですけど、それまで自分たちの曲がどういうふうに使われてるのか聞かないようにしてたんですよ。だから、本当に楽しみで、いまかいまかと待ち構えて(笑)。そしたら、エンドロールの2曲目に流していただいてて、さすがだなと思いました。〈エンドロールの2曲目〉というのは“HURTS”の歌詞にもあるし、僕らのなかでは暗黙のキーワードになってるんです」

※〈Before a song end in the credit(エンドロールの2曲目が終わる前に)〉という歌詞がある
 
©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
 

――そうなんですね。

福富「アルバムを作るときも、エンドロールっぽい曲を作った後に、もうひとつエンドロールの2曲目みたいな曲を足すみたいなことをやってたので、〈うわーっ!〉って盛り上がっちゃって、鳥肌が……まあ、そのとき僕はもう泣いてたんですけど」

一同「(笑)」

福富「隣の人と目が合ったら、その人も泣いてて(笑)。〈この曲作ったの、僕なんです〉って言いそうになりましたから(笑)」

畳野「うん。自分の曲なのに、すごく良かったです(笑)。映画館で自分の曲が流れる体験も初めてだったし、字幕もちゃんとこだわっていただいて。歌詞を見ながら自分の声、自分の曲を聴いて、私も泣きました(笑)」

――自分の歌を聴いて泣くことなんて、なかなかなさそうですね。

畳野「初めてかも。歌詞が本当に良かったですね」

――“Songbirds”がエンドロールの2曲目に流れるのは、監督が狙ってやったこと?

山田「残念ながら、そこまでバッチリ狙ってでは……すみません(笑)。でも、いまのお話を聞いてストンときました。私、映画は洋画が好きなんですよ。で、エンドロールの曲は2曲あるものだ、とナチュラルに思いこんでいる節がありまして……。その美学を共有できてたことに感動しました。すごくバカっぽい言い方ですけど、2曲あると映画っぽいじゃないですか(笑)」

一同「(笑)」

山田「これはロマンに近いところがあるとは思うんですけど。あと、歌詞の字幕も、大きさとか斜め感とか、ちゃんと洋画の字幕みたいな感じにしたくて、ホントはフィルムのブレも欲しかったぐらいで」

福富「そういう〈映画の主題歌に使われました〉というだけじゃないところが多いので、メチャクチャうれしいですね」

 

“Songbirds”の歌詞を書いたのは私じゃないです(笑)(山田尚子)

――Homecomingsのお2人は映画本編のなかで印象に残ってるシーンや描写はありますか?

福富「僕は希美が癖みたいな感じで、足を落ち着かなく動かしてるところが……」

畳野「そう。私も同じで、髪を触ったりとか」

福富「同じじゃん! もう一個なんか出してよ!」

畳野「えっ? 一緒やねん」

一同「(笑)」

山田「かわいいな(笑)」

福富「僕はアニメでそういう描写をしてることが衝撃的で……」

畳野「相手に対して言葉でも動作でも表さないけど、自分のなかにある感情が仕草で漏れ出てしまう、みたいなことをアニメーションでやってるのが、すごく映画的というか……」

福富「それにアニメーションでしかできない表現だなと思ったんですね。実写ではできないことをしてる」

――仮に生身の人間がそういった細かな仕草の演技をしたとしても、映画を観ている側はその動き自体をキャッチできないかもしれないですもんね。

福富「そう。まばたきの動きひとつにしても、アニメで描かれるからこそというか。あの撮り方や角度だからこそ〈あれっ、これは?〉みたいに気になるんですよね。そこがメチャクチャ良いです」

©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
 

――そういった繊細な動きや仕草でキャラクターの感情を表す手法は、山田監督の得意とするところであり、作家性でもあると思うのですが。

山田「私としては、感情の機微から生まれてくるものが音符のようだったりするといいなあ、という思いがあったんです。音とか動きの装飾音をひとつひとつ組み上げていく印象というか……特にこの作品はすべてが同列というか、2つのものをどんどん組み上げていくような構造の作品だと思ったので、言葉が多すぎると邪魔になるし……なんかうまく言えないんですけど(笑)」

――〈2つのものを組み立てる構造〉をもう少し具体的に説明すると?

山田「この映画で言うと希美とみぞれになるんですけど、まさに“Songbirds”の歌詞にある〈二つの線は近づいては離れていく〉という読み解き方というか……。今回の作品は、起承転結を描くことによって、そのなかにあるものを動かすのではなくて、途中だけをくり抜いて描くだけでもいいというか、描き方のほうにすごく集中した作品なんです。

ひとつひとつのシーンは具体性を持ちながらも、全体としては抽象的に描いてて、そこから立ち上がってくるものが観てる方の無意識を揺さぶることができる作品だと思うので、この映画が何なのかは言いにくい気がするんです」

――監督の口からそれをはっきりと言ってしまうと、それが受け手にとって余計なバイアスになると。

山田「と、思います。全部ごまかしておきたいっていう(笑)。受け取ってくださった方の形であってほしいという気持ちがすごくあるので。Homecomingsさんが今回作ってくださった曲も、まさに良い力加減で、語り過ぎないし、ひとつの言葉からいろんなものを感じられるし、いろんな匂いもするし。そういうのがピッタリきたんじゃないかなと思います。それと大きい声で言っておきたいのは、“Songbirds”の歌詞を書いたのは私じゃないです(笑)」

一同「(笑)」

福富「それ、たまに言われるんです」

山田「ですよね。たぶんあの曲が流れるタイミングでスタッフロールに私の名前が上がってきちゃうので、勘違いされるみたいで。なので、これは誤解のないようにちゃんと言っておこうと思って(笑)」

©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
 

――これは個人的な所感なのですが、山田監督はこれまで一貫して〈日常的な青春〉を丁寧に描いてきた方という印象がありまして。〈青春〉というテーマに対するこだわりをお持ちなのでしょうか?

山田「振り返ってみると、作品との出会いはすべて奇跡的な偶然なんですよ。しかもそれらはほぼ全部高校3年生のお話だったので、(京アニでは)〈高3専用機〉って呼ばれてるんですけど(笑)」

――すごいあだ名ですね(笑)。

山田「私は勧善懲悪みたいな物の見方が好きではないので、そういった面ではある種の派手さからは少し離れるのかもしれません。(アニメに)出てくる人たちにずっと寄り添って、理解していたいという想いがあるから、結果こういうふうになってるのかなと。

ちゃんと人と人に向き合っていたいし、自分たちが向き合える日常にこそ、すごく素敵なスペクタクルがあると信じてるので。宇宙戦争みたいなお話に挑戦してみたい気持ちはあるんですけど(笑)、やっぱりそのなかでも(テーマを)絞っていく気はします」

――Homecomingsの楽曲も身近な風景を描いてる印象で、描きたい世界は似ているのかもしれないですね。

福富「僕らもそういう〈身の周り感〉のある小説や映画が好きで、サスペンスにしても『ファーゴ』みたいなものが好きですからね。一回ぐらいは宇宙に行ってみたいですけど(笑)。でも、僕が人と人の関係を歌詞で書いたのは“Songbirds”が初めてで。いつもは大きな街を設定して、そこに住んでるいろんな人を書くことが多いので、そこは考えました」

山田「その温度感がとても良くて。自分も人そのものというよりも物事の現象として描いていくことを大事にしていて。どこか引いてるというか、一枚何かを挿んでいるような世界をずっと描いているので。その対象への距離の取り方というか、ギリギリのラインが気持ちいいんだと思います」

 

〈この最高の幼馴染感はなんだ!?〉と思って(笑)(山田尚子)

――さて、そろそろ終わりの時間ですが……。

山田「あっ、(京都)みなみ会館で撮った(“Songbirds”の)PV、すごくうらやましかったです」

※京都市にあるミニシアター。建物の老朽化のため、2018年3月末をもって一時的に閉館した
 

畳野「あれはメチャクチャ大変だったんです」

山田「あっ、そうなんですか?」

福富「頭のなかで描いてたイメージと、実際に撮影してみた映像がだいぶ離れてて……。仕方ないから一旦バラして、青空を撮りに行って、その映像をはめ込んだんです。僕としては認めてあげたいけど、まだちょっと認めてあげられない子供みたいな感じですね。でも、いろいろな方から褒めていただいて」

山田「あのタイミングでみなみ会館を映像に残すことに大きな意味があると思って……別に(PVを)撮らしてっていうアピールじゃないですよ(笑)」

福富「いいじゃないですか。アニメじゃないこともどんどんやっていきましょうよ」

山田「ねえ……って滅多なことは言えないですけど(笑)。やっぱり実写とアニメではトリックの仕掛け方とかが全然違いますし、私はアニメで、実写はちょっと怖いですね。実写で匂い立つような映像を撮られてる方はすごいなあと思います」

福富「別に僕らのPVじゃなくても、モノとして観てみたいですけどね。もちろん僕らがいちばんいいんですけど(笑)」

――あるいはHomecomingsをアニメ化するとか。

山田「ああっ!」

福富「僕らはメンバー構成が男1女3なので、ちょっとアニメすぎるんですよね(笑)」

一同「(笑)」

山田「確かにそういう目線で見ると。しかもお2人(福富と畳野)は幼馴染じゃないですか」

畳野「そうですね。出来上がっちゃってるんです」

山田「大変にいいなあと思います」

福富「そそられますか(笑)」

©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
 

――だいぶ積極的になってますけど(笑)。

山田「今日は対談ということで、自分のなかで盛り上がっちゃって、みなさんの過去のインタヴューとかも読んできたんですけど、お2人は高校時代に同級生だったんですよね?  MDに自分の好きな曲を入れて渡したり……っていうのを読んで、〈この最高の幼馴染感はなんだ!?〉と思って(笑)」

福富「彼女はそれまでモーニング娘。しか聴いてなかったんですよ」

畳野「そうなんです」

山田「そういうのも完璧なんですよ! 福富さんによっていろんな色を吸収していく畳野さんという関係が」

畳野「そのアニメ、誰が主人公なんですか?」

山田「それはお2人です(きっぱり)」

福富「最後どうなるんかな?(笑)」

畳野「そこは見てみたいよね(笑)」

 


Live Information

〈想う壺 x Homecomings 「WELCOME TO MY 想う壺」〉
6年29日(金) 大阪・梅田 Shangri-La
出演:Homecomings and more
MC:土井コマキ
開場/開演:18:30/19:00
前売:3,500円(ドリンク代別)
お問合せ: SMASH WEST 06-6535-5569 smash-jpn.com

〈Homecomings presents 「Better Things」〉
7月15日(日) 東京・下北沢 SHELTER
出演:Homecomings、Hi,how are you?
開場/開演:18:00/18:30
前売:3,500円(ドリンク代別)
※チケット一般発売:5月19日(土) 14:00~
ぴあ(Pコード:116-315)/ Lコード(70316)/e+
問合せ:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999 www.red-hot.ne.jp

〈Homecomings presents「Better Things」
7月16日(月) 東京・下北沢 SHELTER
出演:Homecomings、DSPS(from TAIWAN)
開場/開演:18:00/18:30
前売:3,500円(ドリンク代別)
※チケット一般発売:5月19日(土)14:00~
ぴあ(Pコード:116-315)/Lコード(70316)/e+
問合せ:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999 www.red-hot.ne.jp

関連アーティスト
プレイリスト
pagetop