PR
インタビュー

映画「リズと青い鳥」山田尚子監督 × Homecomings対談――共感から生まれた〈魔法的〉な主題歌“Songbirds”

©武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会
 

京都アニメーション(以下、京アニ)制作による話題の劇場アニメ『リズと青い鳥』。吹奏楽に打ち込む高校生たちの青春を描いた武田綾乃の小説を原作とするアニメ『響け!ユーフォニアム』シリーズのスピンオフ作品となる本作は、いわゆるスポ根的な熱いストーリー展開が魅力の本編とは趣を変え、鎧塚みぞれと傘木希美という2人の少女の関係性に焦点を絞った繊細な作品となっている。

その儚くも美しい物語をフィルムに焼き付けたのが、TVアニメ『けいおん!』『たまこまーけっと』や劇場アニメ『たまこラブストーリー』『映画 聲の形』などで知られる京アニ所属の山田尚子監督。それらの過去作において評価された、緻密な演出と画作りで登場人物の内面を描写する手腕は、今回の『リズと青い鳥』という作品でさらに研ぎ澄まされ、観る者にアニメーションという表現の新しい可能性を気付かせてくれるはずだ。

そんな本作で主題歌を担当しているのが、京都を拠点に活動する4ピース・バンドのHomecomings。映画上映とライヴをセットにしたイヴェント〈New Neighbors〉を主催するなど、かねてより映画からの影響をみずからの活動に還元してきた彼らだが、映画の主題歌を手がけるのは今回が初。しかもそれが実現したのは、以前からHomecomingsの音楽のファンだった山田監督たっての希望によるものだった。

無類の音楽好きとしても知られる山田監督は、なぜ彼らに主題歌をオファーしたのか? そして『リズと青い鳥』とHomecomingsの出会いがお互いにもたらしたものとは? 山田監督、Homecomingsの畳野彩加(ヴォーカル/ギター)、福富優樹(ギター)の3人に、鼎談という形でたっぷり語ってもらった。

Homecomings Songbirds ランティス(2018)

(Homecomingsは)自分たちの芯を持ったうえで、好きなものや憧れてるものを大事にしてるところがすごく好きなんです(山田尚子)

――まずは、山田監督がHomecomingsに主題歌をオファーした理由を教えてください。

山田尚子「〈ピッタリくるから〉のひと言に尽きますね。Homecomingsさんは私がもともと趣味で聴いてた音楽なので、最初はこの作品のエンディングを歌っていただくなんて夢にも思ってなくて。でも、(エンディングについて)真剣に考えてみたときに〈断られちゃうかもしれないけど、ダメもとでお話してみてもいいのでは?〉と思った瞬間がありまして、プロデューサーに提案したんです」

福富優樹(Homecomings)「僕らは最初にお話をいただいたとき、嘘かと思いましたからね」

畳野彩加(Homecomings)「実感が沸かなくて。〈えっ、京アニ? 主題歌って何? あの山田監督で合ってる?〉みたいな感じで(笑)」

福富「ユーフォ(『響け! ユーフォニアム』)のことは知ってたからこそ、〈あれっ、なんで僕らなんやろう?〉って。最初は京都繋がりでいただいたお話だと思ったんですよ。〈日本語でメチャクチャ売れる曲を書かなきゃいけないのかな? これはビジネス・チャンスかも〉みたいな(笑)。僕らみたいなインディーで活動してるアーティストが主題歌になった前例もなかったですし」

映画「リズと青い鳥」主題歌“Songbirds”
 

山田「これは公式サイトに載ってるインタヴューでもお話ししたんですけど、Homecomingsさんの曲は前に前に進む感じのコード進行なのに、一歩退くみたいな雰囲気もあって、その〈頑張って前へ行く〉感じがすごく切ないんですよ。

〈大人大人〉してないというか、まだ〈真っ最中〉の景色を見ていられる方たちという印象があって。自分たちの芯を持ったうえで、好きなものや憧れてるものを大事にしてるところがすごく好きなんです。それで今回お願いしようと思いました」

福富「ありがたいですね……。山田監督の作品は観てて共感できますし、作り方もすごいと思うことが多いので、そういう方に僕らの音楽をちゃんと聴いてもらえてるということがすごくうれしいです」

――山田監督がHomecomingsの音楽を聴くようになったきっかけは?

山田「最初は友だちから勧められてですね。それが“HURTS”(2015年)を発表されたぐらいの時期で、聴いたら〈日本にもこんな良いバンドがいるんだ〉となりまして。本屋さんでなんとなくふらっと目があった本がかけがえのない一冊になったとき、みたいな。Homecomingsさんは、まさにそんな感じでした」

福富「“HURTS”はみずからブレイクスルーを起こそうと思って頑張った曲なので、ホントによかったです」

――畳野さんが服を着たままプールに飛び込むPVも話題になりましたものね。

福富「あれは自分が監督しまして……(笑)」

山田「一回しか飛び込めないんですよね?」

畳野「そうです。最後にワンテイクだけ残して。私、カナヅチなんですけど(笑)」

福富「なので、水中で何かあったら助けられるように、僕が画面から見切れてるギリギリの所に水着で待機してたんですよ」

山田「えっ、そのお話、素敵ですね。グッときます」

映画「リズと青い鳥」予告編
関連アーティスト
TOWER DOORS