INTERVIEW

カーネーション『The Very Best of CARNATION “LONG TIME TRAVELLER”』 地図のない獣道を歩むバンドの35年を振り返る

カーネーション『The Very Best of CARNATION “LONG TIME TRAVELLER”』 地図のない獣道を歩むバンドの35年を振り返る

地図のない獣道を歩んできたカーネーションの35年

 めまいがするほど多彩でマニアックな音楽性。そして、とびきりのポップセンスを併せ持ったロック・バンド、カーネーションが、今年で結成35周年を迎えた。波乱に満ちた日々を乗り越えて、現在は唯一のオリジナル・メンバーの直枝政広(ヴォーカル/ギター)と大田譲(ベース)の2人組。デビュー30周年の2015年にはスカートやミツメ、シャムキャッツらの参加したトリビュート盤『なんできみはぼくよりぼくのことくわしいの?』がリリースされ、彼らを慕う若手たちからリスペクトを捧げられた。そして今年は直枝監修による2枚組のベスト盤『The Very Best of CARNATION "LONG TIME TRAVELLER"』が登場。6月30日には岡村靖幸、森高千里、曽我部恵一らさまざまなゲストを迎えて35周年記念コンサートも開催される予定だ。そこで今回は、その最新ベストに並んだ名曲の数々に触れながら、直枝にこれまで歩んで来た〈地図のない獣道〉を振り返ってもらった。

カーネーション The Very Best of CARNATION "LONG TIME TRAVELLER" CROWN STONES(2018)

いろんな面が詰まったベスト

――これまでもカーネーションは何枚かベスト盤を残していますが、今回はどういったコンセプトで選曲されたのでしょうか。

 「これまでのベストって、僕はあまり関わっていないんですよ。今回は初めて最初から関わったんです。カーネーションの本質というか、B面っぽいマニアックな曲も良いと思うものはどんどん入れました。あと、ファンに向けてTwitterで〈裏名曲〉を募って、それも参考にしたんです。選曲し終わって気付いたんですけど、シングルや推し曲以外の曲、ほかのベストとかぶっていなかった」

――カーネーションのいろんな面が詰まったベストですよね。時系列に沿った流れになっていて、1曲目はメジャー・デビュー・アルバム『GONG SHOW』(88年)に収録された“夜の煙突”。インディー時代の初リリース曲を再演したヴァージョンですね。

「曲が多すぎて、今回はインディー時代の曲は入れられなかったんです。なので、この曲からスタートするのは良いかなと。それで2曲目が『天国と地獄』(92年)の“未確認の愛情”っていうのも良い流れだと思います。この曲は〈日本語の歌詞をどう書くか〉ということに関して初めて手応えを感じた曲なんです」

――サウンド面でも『天国と地獄』は転機になるような作品ですね。

「そうですね。スタジオの使い方とか音の作り方に自覚的になって、それを自分たちでコントロールできるようになった。挑戦的なアルバムでした」

――そして、次作の『EDO RIVER』(94年)からポップに突き抜けていきます。タイトル曲の“EDO RIVER”をはじめ、この時代の曲はリズムのアプローチが多彩ですね。

「当時はヒップホップの12インチとかヴィンテージ・ソウルをよく聴いてました。そういうものをギター・バンドでどうやって採り入れるのか、ということを常に考えていましたね。良いリズムさえあれば曲が書けると思っていた。サンプリングの可能性もすごく感じてたし、ルーツ・ミュージックもちゃんと見直さなきゃいけないと思っていて。とにかく、倒れそうになるくらい、いろんな音楽を聴きまくってたし、前向きなパワーに溢れていて、〈立ち止まらずに真っ直ぐ行こう!〉って開き直ってました」

――シングル・ヒットした“It's a Beautiful Day”(95年作『a Beautiful Day』収録)は、まさにそんな感じの曲です。

「軽快なグルーヴなんですけど、リズムのアクセントがユニークで(笑)。でも、サビでパーンと抜ける。カーネーション史上いちばん明るい曲なんですけど、〈でもLonely〉っていうオチがあるんですよね(笑)」

――“New Morning”(97年作『booby』収録)は荒々しいギター・サウンドが特徴ですが、この時期からロック色が濃くなっていきますね。

「この曲のイメージはザ・バンドです。自分のルーツを衒いなく出せるようになったのが『booby』からでした。それまでの2作(『EDO RIVER』『a Beautiful Day』)は、〈ポップス〉っていう感覚で曲を作っていたんです。ポップスだけど、ところどころ変態、みたいな感じで(笑)。でも、『booby』あたりから、ちょっとダークな側面も出てくる。(自分以外の)メンバーも曲を書くようになったし、賑やかではあるんだけど」

 

さまざまな波乱を経て

――90年代後半はバンドが安定していて、直枝さんを中心に、大田譲、矢部浩志(ドラムス)、棚谷祐一(キーボード)、鳥羽修(ギター)という5人のメンバーがそれぞれ個性を発揮していました。

「メンバーに自立心が芽生えていた時で、曲を書いた者がメインで指示してました。それで、そういうやり方を離れて、プロデューサーを入れてみようと思ったのが『Parakeet & Ghost』(99年)。プロデューサーにウエケン(上田ケンジ)を迎えて、スタジオにこもってとことん遊びました」

――そこに収録された“月の足跡が枯れた麦に沈み”は、ファン投票で〈裏名曲1位〉に選ばれました。

「(作曲を手掛けた)矢部君がキレッキレの時で、僕は彼のおもしろいサウンドに負けない強い歌詞を書こうと思ったんです。当時、よくリチャード・ブローティガンを読んでいて、翻訳文学の雰囲気を意識しています。意訳の際に起こる意味のズレとか日本語の文字のかたちの説得力とか。幼少期からロック音楽は訳詞を通して学んできたところもあるし」

――カーネーションはそういう文学的な歌詞も魅力的ですよね。5人編成で快進撃を続けたカーネーションですが、2002年に棚谷さんと鳥羽さんが脱退します。その直前にレコーディングされた“長い休日”は、直枝さんにとって重要な曲だとか。

「やっぱり、切ない時期なんですよ。いろんなことを考えましたね。そんななかで生まれたこの3分の曲は非常に濃密で、出来た時に手応えを感じたんです。リズムの取り方とか、いろいろ仕掛けがあって簡単にライヴではできないけど、バンドの節目になった曲です」

――そして、3人になって初めてリリースされた『LIVING/LOVING』(2003年)からは“やるせなく果てしなく”が収録されています。

「3人になった時、〈あの豊潤な5人時代の曲をどうやって表現するんだ?〉って悩んで、ギターの音色とか、いろいろ見直していく作業をしたんです。“やるせなく果てしなく”は歌メロが豊潤で、3人の演奏が最高のバランスでグルーヴを生み出している。〈トリオのカーネーション〉の究極の形を残せた曲だと思います。でも、そういう曲ばかりやっていられないのがカーネーション体質というか、新しいものを見つけにいきたくなる。そこで、あまり我慢せず音を入れたいだけ入れよう、ということで作ったのが『SUPER ZOO!』(2004年)なんです」

――このアルバムからは最多の4曲が収録されていますね。

「自信作なんですよね。やっててとにかく気持ち良い。この頃、矢部君はナイーヴな名曲をいっぱい作ってくれました」

――その矢部さんが2009年に脱退されて、『Velvet Velvet』(2009年)から2人編成になります。バンドとしてはギリギリですね。

「もう、大変でした。僕たちは矢部君のドラムで育てられたので。矢部君のドラムは歌に対して批評的というか、すごく歌いやすいんです。そういう人がいないので、これまでとは全然違うことをやっている気がしました」

――ベースの大田さんも大変ですよね。作品ごとにリズム隊の相棒が変わるわけですから。

「そうですよね。跳ね方の相性っていうのがありますから。ギリギリ跳ねるか跳ねないか、というところに歌心が潜んでいると僕らは思っているので」

――そんななかで“ジェイソン”という代表曲が生まれました。ライヴで盛り上がる定番曲ですね。

「5人編成のカーネーションの時に形にならなかった曲なんですけど、それを改良したんです。ジャム・バンドっぽいというか、インプロで楽しめる、ライヴ映えする曲にしようと思って。ライヴで演奏してると楽しくて弾きすぎちゃう時もあるんですけど(笑)」

 

混沌としたエネルギー

――『Velvet Velvet』以降、2人を中心にして、アルバムごとにいろんなミュージシャンをゲストに招く〈スティーリー・ダン方式〉が現在まで続きます。そんななか、最新作『Suburban Baroque』(2017年)は、いまやどんな編成でも、どんなタイプの曲でもカーネーションらしさを出すことができることを証明したような作品でした。

「そうですね。制約があるなかで、どうやって自分たちが納得いくものを生み出せるのか。それをこれほど短期間で探し出せたのは嬉しかったし勉強になりました。『Suburban Baroque』はできればアルバムを通して聴いてもらって、その物語性を味わってほしいですね」

――『Suburban Baroque』からは、大田さんのヴォーカル曲“Little Jetty”が選ばれていますが、2人になったことで大田さんの存在はますます大きくなりましたね。

「大田君はとてもフレキシブルだし、大衆的な感覚を持っているんですよ。そして、とても広い心で僕を放し飼いにしてくれる(笑)。2人で同じように煮詰まってたら大きなモノは作れませんからね。2人だけど僕らのなかで可能性はたくさんあって、ひとつの答えでは満足できないんです」

――2人になったのに、可能性は広がっていくというのがすごいですね。今回のベストに収録された新曲2曲のうち、“Future Song”は、矢部、棚谷、鳥羽といった旧メンバーとのレコーディングです。久しぶりに一緒にやってみていかがでした?

「〈僕らはいま、どんなふうに音を出すんだろう?〉っていうことに興味があったんです。矢部君は現場で曲の骨格やテンポを変えてくれたし、棚谷君は後でシンセでいろんな音を加えてくれた。やっぱり、みんなイマジネーション豊かだなって思いましたね」

――一方“サンセット・モンスターズ”は、松江潤、佐藤優介、岡本啓佑(黒猫チェルシー)など、最近一緒にやることが多い若手たちとのレコーディングです。

「こういう曲は若い人とやってみたいと思ったんです。例えばドラムはムチウチになるくらい首振って叩くような人と(笑)。それで〈いまのカーネーションってモンスターみたいだよね〉っていうのを表したかった。今度の野音のテーマ曲みたいなところもありますね」

――どんなジャンルの音楽でも食べる雑食性のモンスター。しかも、相当タフで簡単には死なない。カーネーションの波乱に満ちた35年の道のりは、まさに“サンセット・モンスターズ”の歌詞にある〈地図のない獣道〉ですね。

「ああ、それ意識してなかったけど出ちゃってますね、自分たちのことが(笑)。ほんと、いろいろ大変だったけど、僕たちには投げ出さないしぶとさがあるんです。良いところで投げ出しちゃったほうが楽になれるんだけど、目に見えない何かに導かれているとしか思えない。もう、この流れは止められないんですよね」

――音楽も歴史も混沌としていて、その混沌としたエネルギーがカーネーションの原動力なのかもしれないですね。

「かもしれない。だとしたら、このベストはバンドのエッセンスを伝えるには、最高のアルバムだと思います」

カーネーションのベスト盤。

 

カーネーションの作品を一部紹介。

 

カーネーションの近作を紹介。

 

関連盤を紹介。

 

次ページ絶妙な匙加減の音楽性を支える隠し味は……?
タグ
関連アーティスト