2018.07.06

KD・ラング、ローラ・ヴェイアーズとのコラボ盤でも高い評価を得たオルタナ・カントリーの歌姫。5年ぶりとなるこのソロ・アルバムは、ビヨーン・イットリングを共同プロデューサーに迎えた意欲作だ。ポップだけどどこかくすんだ演奏に透明感満点の美声が映える良曲揃いで、前述の両名ほかゲストの的確なサポートも印象に残る。とりわけベス・ディットーとマイクを交わした陰鬱なバラード“Winnie”が出色。

関連アーティスト