SERIES

【tofubeatsの棚の端まで】第64回 素晴らしいアイデア――小西康陽ボックスセットについて

うたとメロディー。ことば。決められた以外の体裁でお届けする素晴らしい連載フロム神戸!

 仕事が難航するなか、〈これが届くまではがんばろう〉と某通販サイトで予約して到着を首を長くして待っていたスペシャルなボックスセットがありまして。しかし某サイトからは発売日に商品が届かず、結局タワー神戸店で購入することに。タワーで買わないからこんなことになってしまったのか……なんてことはさておき、そんな待望のボックスを今回はご紹介。

小西康陽 素晴らしいアイデア 小西康陽の仕事1986-2018 ソニー(2018)

 5枚組セットということで今回はこちらでスペースを使い切ってしまいたいと思います。小西氏の30年以上にわたるキャリアの中から選ばれた外仕事音源に加え、仮歌デモや豪華ブックレットもついたボックスセット。楽曲はもちろんですが、何よりそれらを補強するブックレットを読みながらのリスニング体験というのが本当に楽しい盤でした。

 楽曲や小西さんチームのクリエイターたちの変遷をシンプルに振り返るだけでなく、この楽曲は作曲のここまで、これは編曲だけ、これは作詞だけ、ともう少し突っ込んだ割り振りについて明言されている点や、何より驚いたのが楽曲について後悔したところや直したいと今でも思ってらっしゃる部分を臆面なくバンバン書いてらっしゃるところで、そのような当時の事情(忙しくて作曲はできたけど編曲ができなかった……など、規模は違いますが自分的に刺さる部分もあり)を加味して聴くと全然変わって聴こえる曲も多かったです。もっと細かく訊きたい話ばかりです。あるアイドルソングのアレンジで揉めた話(双方の証言が入ってます)など、音楽を作る仕事をしている人でなくてもぐっときてしまうのではないでしょうか。

 音源としてはやはり本作でしか聴けない仮歌、とくに夏木マリ氏に提供の“決められた以外のせりふ”の伊藤えり氏ヴァージョンが衝撃的に素晴らしく、楽曲本来の強さを再認識させられました。小西氏ご本人による歌唱は1曲だけですが、やはり作曲者本人の仮歌というものも特別な雰囲気があります。

 何より全編において小西氏が常に注意を払っているであろうメロディーと〈ことば〉の関係などを改めて感じられるボックスセットで、もちろんですがここからまたこれら参加アーティストの皆様の音源を辿る旅にも出られます。我々若年層のファンにはいろんな意味でお得な買い物でした。

 


tofubeats(トーフビーツ)
90年生まれ、神戸在住のトラックメイカー。TENDRE、m-flo、大比良瑞希、藤井隆、平井堅、堀込泰行、NGT48らの楽曲を手掛け、自身の最新シングル“ふめつのこころ”も好評リリース中! 6月27日にはリード曲“Siren”をプロデュースした向井太一の配信作『LOVE』も控えています。また、同日にリリースされる小室哲哉の作品集『TETSUYA KOMURO ARCHIVES "T"』(avex trax)にも過去のコラボ曲が収録されていますよ! その他の最新情報は〈tofubeats.persona.co/〉にてチェックしておきましょう!

関連アーティスト