COLUMN

JAZZ NOT JAZZ? 鬼才ドリアン・コンセプトの音楽、そのオリジナリティーに迫る

ドリアン・コンセプト『The Nature Of Imitation』

JAZZ NOT JAZZ? 鬼才ドリアン・コンセプトの音楽、そのオリジナリティーに迫る

ウィーン生まれのマルチな音楽家、ドリアン・コンセプトことオリヴァー・トーマス・ジョンソンがブレインフィーダーと契約し、新作『The Nature Of Imitation』をリリースした。ドリアン・コンセプトといえば、microKORGを超絶技巧で演奏する動画が話題を呼んだミュージシャン、という印象の方も多いかもしれない。

あれから12年。サンダーキャットの『The Golden Age Of Apocalypse』(2011年)を含む数々の重要作への参加やフライング・ロータスのライヴ・バンドでの活躍、そして自身のアルバム『Joined Ends』(2014年)の制作などを経て、ドリアン・コンセプトは音楽家として大きな飛躍を遂げた。そんな彼が満を持してリリースするのが本作だ。

フライング・ロータス、サンダーキャット、ジョージ・クリントン、ロス・フロム・フレンズジェイムスズーと共に〈SONICMANIA〉で来日公演を行うブレインフィーダーの新たな看板アーティストに、八木皓平が迫る。 *Mikiki編集部

DORIAN CONCEPT The Nature Of Imitation Brainfeeder/BEAT(2018)

〈室内楽〉を掲げた前作『Joined Ends』、DE DE MOUSEら日本の作家との共振

ドリアン・コンセプトの待望の新作『The Nature Of Imitation』について語る前に、いまいちど前作『Joined Ends』と向き合うことで、彼の音楽性について整理しよう。彼自身が〈室内楽〉と称した前作『Joined Ends』で展開されているエレクトロニック・ミュージックは、ビートが目立ったナンバーがほぼ存在せず、室内楽的な要素が様々なレヴェルで見て取れるものだった。

例えば収録曲“Nest Nest”の至るところに、ストリングスや金管楽器をはじめとした様々な楽器の音色や室内楽的な楽曲構造との類似を発見することができる。シンセサイザーのリズミックな刻みからはストリングスを、柔らかなシンセ・フレーズのリフレインからはフルートを連想したとしても特に不思議はないし、それはむしろ意図的と考えてしかるべきだ。

2015年作『Joined Ends』収録曲“Nest Nest”
 

こうした室内楽的な要素が際立ち、ビートの要素が少ないエレクトロニック・ミュージックは、欧米ではマイノリティーであるといえるだろう。『Joined Ends』は、エクスペリメンタル・ミュージック(アンビエント/ドローン/電子音響)、ビート・ミュージック(EDM、ダブステップ、ドラムンベース……etc.)、あるいはハウス~テクノなど、エレクトロニック・ミュージックの主な区分のどれにも、どこか収まりが悪い。

とはいえ、ドリアン・コンセプトの音楽は決して孤独ではない。『Joined Ends』(もちろん新作『The Nature Of Imitation』もだ)は、日本で独自の進化を遂げた奇形的なエレクトロニック・ミュージックと親和性が高いからだ。例えばそれは、DE DE MOUSEであり、Serphであり、日本を代表するエレクトロニック・ミュージックのレーベル、PROGRESSIVE FOrMに所属する一部の音楽家が作る音楽だ。

DE DE MOUSEの2013年作『to milkyway planet』収録曲“milkyway planet”
 
Serphの2011年作『Heartstrings』収録曲“luck”
 
yuichi NAGAOの2016年作『Rêverie』収録曲“Ending Story feat Shinobu from Her Ghost Friend”
 

上掲の音楽家たちは、『Joined Ends』と共鳴する室内楽的なエレクトロニック・ミュージックをその音楽性の特徴としている。日本におけるこうした室内楽的なエレクトロニック・ミュージックの受容は、「ドラゴンクエスト」(すぎやまこういち)や「ファイナルファンタジー」(植松伸夫)をはじめとしたシンフォニックなゲーム・ミュージックが日本人の音楽観に少なからず影響を及ぼしていることと関係があるのではないかとぼくは考えているが、それについては、今回はひとまず置いておこう。ここで重要なのは、ドリアン・コンセプトの音楽を日本における特異なエレクトロニック・ミュージックと同じフォルダに入れることで、彼の音楽性が格段にクリアになるという点だ。

 

新作『The Nature Of Imitation』は「ジャズを模倣したもの」

ドリアン・コンセプトの基本的な音楽性を押さえところで、『The Nature Of Imitation』の内容に言及していこう。先行曲“Promises”におけるイントロのシンバルの音色、ワウ・ペダルでエフェクトをかけたようなサウンド、ヴォコーダーなどで処理されたヴォーカルを聴けば、ドリアン・コンセプトが本作でジャズの要素を大々的に導入していることがわかる。

『The Nature Of Imitation』収録曲“Promises”
 

ドリアン・コンセプトはそもそもジャズに思い入れのある音楽家だった。そのことは前作『Joined Ends』についてのいくつかのインタヴューでも明らかだ。しかし、どうやらその思いは、ぼくが考えていたよりも複雑なものであったことが、本作についてのオフィシャル・インタヴューを読んでわかった。いくつか引用しよう。

「実は僕のなかには昔から劣等感があって、というのもジャズの勉強をしたいと思いながら、どうしても譜面が読めなくて先に進めなかった過去がある」

「いわゆる学校や学術的な世界でのジャズのランゲージを、僕は喋れなかったわけ。それからはもう、自分で思うところのジャズを追求することが僕なりのささやかな抵抗になったのかもね」

「自分なりの解釈でジャズを理解して、ジャズのハーモニクスも使ってきたけど、このランゲージはいわゆるジャズ・ミュージシャンたちには通じないし、このアルバムに出てくるジャズも、そこにおける僕のアイデンティティも、ジャズではなく、僕が考えるジャズを模倣したもの、なんだよね」

ドリアン・コンセプトは「新作には60年代のジャズ、70年代のフュージョン、80年代のプログレッシヴ・ロックからの影響が反映されている」と語っており、特に大きな参照項としてハービー・ハンコックを挙げている。本作のベースにあるのがジャズであることは間違いなさそうだ。だが彼の発言によれば、自身の音楽はあくまで「ジャズを模倣したもの」だという。

模倣としての、もっと言えばフェイクとしてのジャズ。彼は自身の限界を見据えたうえで、フェイクであることを前面に出し、なおかつそれを肯定的に捉えている。〈フェイク〉というワードに宿る否定的な意味合いを、ここでは一切忘れてもらって構わない。

ドリアン・コンセプトが提示するフェイク性は、『The Nature Of Immitation』の魅力とオリジナリティーの根底を成すものだ。それは“No Time Not Mine”で聴けるように、フュージョンを解体/脱臼し、エレクトロニック・ミュージックと様々なレヴェルで巧みに繋ぎ合わせることで他では聴けないダイナミズムを獲得しているし(これに比べるとフローティング・ポインツのジャズの導入はストレートに響く)、同様のことは“Pedestrians”にも言える。これほどまでに生々しいエレクトロニック・ミュージックは、フェイクなジャズを引き受けることでフィジカルなニュアンスを組み込み、彼のサウンドのオリジナリティーを前進させた本作だからこそ獲得できたのだ。

『The Nature Of Imitation』収録曲“J Buyers”

 

フェイク性を突き詰めた結果ドリアン・コンセプトが遂げた音楽的進化

無論、『The Nature Of Immitation』はジャズの要素だけで成り立っているわけではない。『Joined Ends』で顕著だった室内楽的なエレクトロニック・ミュージックも健在で、その作曲能力はより一層輝きを増している。そして、ここでまたひとつ重要なポイントが浮かび上がってくる。本作には『Joined Ends』ではほとんど見られなかったビートの存在が際立った楽曲があるのだが、そのビートが室内楽的な要素と同居することで、情報のレイヤーが追加されているのだ。

先行曲“J Buyers”や“Self Similarity”には、楽曲をリードするビートが消えて、シンセサイザーの音色が作り出すリズムや楽曲の構造が露わになるシークエンスがある。ここでは彼の室内楽的な作曲能力が活きており、変奏や展開の見事さが驚くほど明瞭になっている。ビートが楽曲を終始支えるのではなく、重層的なハーモニーがメインであり続けるのでもなく、ひとつの楽曲のなかでそれらが交互に現れたり同居したりすること。これは前作より複雑な音楽的快楽を達成しているという意味で、ドリアン・コンセプトの音楽にとって明確な進化だ。

「何かを真似(immitate)ても、どこかで何かが変わってしまうのが本質(nature)だ、ということ。文化の違いや世代の違いでちょっとした差異が生まれる。これは今回のアルバムの本質を言い当てたタイトルだと思う」

模倣を繰り返すことでオリジナルとのズレが生じ、それがいつしか自身のオリジナリティーになるのは、音楽に限らず、どの時代でもさまざまな表現者が行ってきたことだ。インタヴューでの発言を読む限り、『The Nature Of Immitation』というタイトルは、ドリアン・コンセプトが自身のフェイク性を受け入れ、それを突き詰めた結果辿り着いたのが本作だということを物語っている。ここに収録された楽曲群はフェイクの果てであり、模倣の果てなのだ。そして彼の音楽は見事に進化を遂げ、優れた楽曲群をモノにした。文化とはかくあるべしと、ドリアン・コンセプトは静かに主張している。

 


Live Information
〈Dorian Concept Japan Tour 2018

11月29日(木) 京都 CLUB METRO
開場/開演:19:30/20:00
早割(9月28日 18:00〜):3,800円
前売り/当日:4300円/4,800円
※いずれもドリンク代別
一般発売(10月6日~):チケットぴあ(P:131-324)/ローチケ(L:52866)/e+ (https://bit.ly/2zuNGRh
お問い合わせ:METRO 075-752-2787/info@metro.ne.jp
★詳細はこちら

11月30日(金) CIRCUS Osaka
開場:22:00
前売り/当日:3,000円/3,500円
ローチケ(L:52663)/チケットぴあ(P:131501)/e+(http://eplus.jp)/Peatix(https://peatix.com
お問い合わせ:06-6241-3822/info@circus-osaka.comhttp://circus-osaka.com
※20歳未満入場不可。IDチェックあり。要写真付き身分証


12月1日(土) 東京・渋谷 SOUND MUSEUM VISION
開場:23:00
前売り/当日:3,000円/3,500円
お問い合わせ:03-5728-2824/http://www.vision-tokyo.com/
※20歳未満入場不可。IDチェックあり。要写真付き身分証。

関連アーティスト
pagetop