2018.08.10

米NY州ロチェスターで制作した2年ぶりのフル・アルバム。自在に伸縮するグルーヴや変拍子、トリッキーな展開を呑み込んだプログレッシヴなサウンドを屈強なアンサンブルで鳴らしているのだが、全編に通底するメロウネスが親しみやすく間口の広いトーンを作品に与えている。ヴォコーダー使いの楽曲の比重も高めており、ポップス的な骨格の“Okay”は飛び抜けてキャッチーな仕上がり。後半のエモな楽曲群もおもしろい。

 

関連アーティスト