COLUMN

ニュー・ロマンティック・バンド、ABCが来日! カルチャー・クラブらとムーヴメント牽引したスター・バンドがBillboard Liveに登場

ニュー・ロマンティック・バンド、ABCが来日! カルチャー・クラブらとムーヴメント牽引したスター・バンドがBillboard Liveに登場

“The Look Of Love”を始めとするヒット曲で知られるイギリスのニュー・ロマンティック・バンド、ABC。元祖エレポップ・バンドとも言える彼らが10月16日(火)にBillboard Live OSAKAで、10月18日(木)と19日(金)にBillboard Live TOKYOで来日公演を行う。

82年作The Lexicon of Love』収録曲“The Look Of Love”
 

ABCは80年に、フロントマンのマーティン・フライとマーク・ホワイト(ギター)、デヴィッド・パーマー(ドラムス)、ステファンシングルトン(サックス)の4人編成で始動。元々音楽ジャーナリストだったマーティンが、前身バンドのヴァイス・ヴァーサなるエレクトロ・パンク・バンドを取材したことがきっかけで出会い、同バンドにマーティンが加入→名義変更、となった形だ。

バンドは81年にファースト・シングル“Tears Are Not Enough(涙まだまだ)”をリリース。同曲がスマッシュ・ヒットしたことで、ファースト・アルバム『The Lexicon of Love』が、すでに〈ラジオ・スターの悲劇〉を世に送り出していたトレヴァー・ホーンのプロデュースの元に作られることになる。同作からのシングル・カットが軒並みヒットするなか、82年にリリースされたThe Lexicon of Love』は全英一位を獲得したほか、世界各地で大きな話題となる。彼らは初作にしてスター・バンドの仲間入りを果たすのだった。

81年のシングル“Tears Are Not Enough(涙まだまだ)”
 

83年にセカンド・アルバム『Beauty Stab』、ステファンの脱退を経て85年にサード・アルバム『How To Be A... Zillionaire!』を発表。サードの先行シングル“(How To Be A) Millionaire”“Be Near Me”がヒットしたことで、初作以降やや停滞していたバンドがふたたび注目を集めることとなった。が、87年にはマーティンとマークの2人バンドとなり、4作目『Alphabet City』、5作目『Up』、6作目『Abracadabra』と着実にリリースを重ねるも、今度はマークがバンドを離れることとになり、一旦ABCの活動は止まってしまう。

が、ABC伝説は終わらなかった。マーティンの一人バンドとなったABCは、97年に原点回帰的な内容の『Skyscraping』で見事復活。間は空いてしまったが、コンスタントなライヴ活動をしながら2008年にも元・ドラマーでロッド・スチュワート・バンドでも活躍するデヴィッド・パーマーを迎え、8作目『Traffic』を発表している。

そして、2016年にはファーストの第二章を謳った、現時点での最新アルバム『The Lexicon Of Love II』をリリース。ノスタルジックな企画でデビュー時からのファンを喜ばせつつ、ここから新たに始まるぞ、という意思もアピールした。

ABC The Lexicon Of Love II EMI(2016)

今回は大盛況だった2016年以来の来日とあって、予約は必須。肌寒くなってきた秋の夜長に、親密でラグジュアリーなBillboard Liveの空間で、煌びやかなニューロマ・サウンドを楽しみたい。

参考テキスト:ABC 来日記念特集 | Billboard JAPAN

2016年作『The Lexicon Of Love II』のオープナー“The Flames Of Desire”を演奏するスタジオ・ライヴ映像

 


Live Information
ABC

2018年10月16日(火)Billboard Live OSAKA
1stステージ 開場17:30/開演18:30
2ndステージ 開場20:30/開演21:30
サービスエリア 9,800円/カジュアルエリア 8,800円
★詳細はこちら

2018年10月18日(木)、19日(金)Billboard Live TOKYO
1stステージ 開場17:30/開演19:00
2ndステージ 開場20:45/開演21:30
サービスエリア 9,500円/カジュアルエリア 8,500円
★詳細はこちら

●来日予定メンバー
マーティン・フライ(リード・ヴォーカル)
トレーシー・フォーブス(バックグラウンド・ヴォーカル)
ペーター・ビリングトン(キーボード)
マット・バッカー(リード・ギター)
ロブ・フッジス(サックス/キーボード)
アンディ―・カー(ベース)
リチャード・ブルック(ドラムス)

関連アーティスト