2018.10.05

多数の客演仕事に加えて初のベスト盤を発表するなど充実の日々を過ごしていたTAK-Z。3年ぶりの新作は、SPICY CHOCOLATE製のラヴソングや“薺”のセルフ・カヴァーといったナンバーでこれまでのキャリアを総括しつつ、チルなムードを纏って新たなTAK-Z像を打ち出しています。とりわけ、GADORO参加曲や過ぎ去った夏に思いを馳せる“シダレ柳”での和情緒は、現在の水曜日のカンパネラとも共鳴する意外な仕上がり。

関連アーティスト