INTERVIEW

SIRUPは待ち望まれていたシンガー――菅野結以/WONK/MELRAW/SIRUP/CRCK/LCKS/ものんくる座談会

「RADIO DRAGON」×〈DOVETAIL〉完全版テキスト:第4回

SIRUPは待ち望まれていたシンガー――菅野結以/WONK/MELRAW/SIRUP/CRCK/LCKS/ものんくる座談会

来年2019年1月12日(土)に東京・代官山UNITで開催されるライヴ・イヴェント〈DOVETAIL(ダブテイル)〉。Mikikiでは、同イヴェントに出演するWONK、MELRAW、SIRUP、CRCK/LCKS、ものんくるが、菅野結以がパーソナリティーを務めるTOKYO FM「RADIO DRAGON-NEXT-」内で行った座談会の模様を、計6回にわたってテキストで公開中だ(イヴェントと本記事の概要第1回の記事へ)。

〈なれそめ編〉〈WONK編〉〈MELRAW編〉に続く第4回は、〈SIRUP編〉。SIRUPは高い歌唱力とソングライティング能力でシーンをざわつかせている大阪出身のシンガー・ソングライター、KYOtaroによる新プロジェクト。今夏に2枚目のEP『SIRUP EP2』をリリースしている。ここではその音楽性の魅力について5名がトークした様子をお届けする。

★座談会・完全版テキストの記事一覧はコチラ
★次回、第5回は12月3日(月)公開予定!

 


綾波レイになりたくて、毎日眼帯をつけて学校に行ってたんです

菅野結以「先週に引き続きこの方たち――WONKの長塚さん、MELRAWさん、SIRUPくん、CRCK/LCKSの小西さん、ものんくるの角田さんが来てくれています。先週放送分ですでに相当話してますけど、今週の後編もよろしくお願いします! では、ここからはSIRUPくんにフォーカス。例によって、選曲した曲の紹介をお願いします!」

SIRUP「はい。SIRUPで“SWIM”、お聴きください」

 

(“SWIM”オンエア中)

SIRUP「……確かに、自分のターンになったら、どんな感じでおればいいかわからん(笑)」

小西遼(CRCK/LCKS)「(笑)。いやーでも、SIRUP本当いいよね」

SIRUP「マジすか。ありがとうございます(笑)」

SIRUPの2017年のEP『SIRUP EP』収録曲“SWIM”のパフォーマンス映像
 

角田隆太(ものんくる)「最高。普通に普段から聴いてます。うちの(ものんくるのヴォーカリスト、吉田)沙良もめっちゃ好きみたいです」

SIRUP「嬉しいです」

長塚健斗(WONK)「僕は『攻殻機動隊』を観るたびに(SIRUPを)思い出しますね」

小西「え、なんで?」

SIRUP「この“SWIM”と同じEP『SIRUP EP』(2017年)に入っている“Synapse”という曲の話ですね。(Tokyo Recordingsがプロデュースした)この曲を作るときに、小袋(成彬)くんから届いた英語の歌詞を、日本語の歌詞にしてはめることにしたんですけど、もう〈わからない!〉ってなってしまって。そんなときに『攻殻機動隊』を観ながら筋トレとかしてたんですけど、(プラグを)ここ(頭)に挿して音楽作ったらめっちゃ早いやんって思って、その世界観をサンプリングしたりしたんですよ。僕、けっこうアニメも好きで」

※“Synapse”と「攻殻機動隊」についてのエピソードの詳細はこちらの記事へ

小西「『攻殻機動隊』、いいよねえ。ここにいる人たちって結構アニメ好き?」

長塚「めっちゃ好きっすよ」

小西「じゃあ〈アニメ呑み会〉しようよ」

長塚「もうこのイヴェントの打ち上げが〈アニメ呑み会〉になりそうじゃないですか(笑)」

MELRAW「俺は最近のはわからないかも。ずーっと何かひとつのアニメを追っかけてるわけじゃなくて、ピンポイントに好きなものがある感じなんだよね」

SIRUP「自分もそうですね」

小西「長塚は毎期とか結構しっかり観る感じ?」

長塚「観ます。僕、小6くらいから〈ジャンプ〉と〈マガジン〉ずっと買ってますし」

小西「最近は『ダーリン・イン・ザ・フランキス』を観たな」

SIRUP「それ知らない!」

小西「今年の上半期のアニメで、わりと良かったよ」

SIRUP「俺、最近〈幽白〉を久しぶりに観て、めっちゃテンション上がった」

MELRAW「〈エヴァ〉に関してはDVDボックスを持ってるし、貞本(義行)の画集も持ってる」

小西「俺も原画集、持ってる!」

SIRUP「俺〈エヴァ〉通ってないんですよ」

菅野「えー! 私〈エヴァ〉はリアルタイムでずっと観てました。綾波レイになりたすぎて、毎日眼帯つけて行ってんですよ、学校に」

一同「えー(笑)!」

小西「中二病じゃん!」

菅野「そしたら片目だけいま視力悪くて」

小西「たしかに、菅野さんはアスカよりはレイっぽいね」

菅野「レイちゃん大好きでした(笑)」

MELRAW「視力ってアシンメトリーの髪型とかも片方だけ悪くなるらしいよね」

SIRUP「眼帯してるほう、眼帯してないほう、どっちが落ちるんですか?」

菅野「どっちだったかな……。とにかく中二病は目が悪くなるという話でした(笑)」

 

SIRUPのステージングを観てると、シナトラがよぎる

菅野「では、SIRUPくんがこの曲を選んだ理由は?」

SIRUP「僕、今回のイヴェントに呼んでもらったのが嬉しくて。いままであまり交わらなかったけど、みなさんの音楽はいいなあと思って前からすごく聴いてるので。で、この曲はおおまかに言うとそういう〈音楽ってめっちゃええやん〉という気持ちを歌った曲なんです」

菅野「角田さんは日常でSIRUPくんの音楽を聴かれてるということでしたが」

角田「はい。街中とかでも普通に聴いてます」

菅野「アンケートでは〈みんなが待ち望んでいたジェントルでセクシーなシンガー〉と書かれてますね」

SIRUP「いやいやそんなことないんですけど、〈ジェントル〉ってなんですか?」

小西「紳士的?」

SIRUP「それで言えば、長塚のほうがジェントルって感じですよ」

長塚「いや、俺はジェントルじゃないっすよ」

小西「クールって感じだよね」

角田「僕の長塚の印象はけっこう違くて、わりと少年的な感じがしますけどね」

長塚「僕のことをあまり知らない人はクールとかナルシストみたいに言うんですけど、全然そんなことないんですよ」

小西「でも中身を知ってても、ステージに立ってる感じや立ち居振る舞いはクールに見えるけどね」

長塚「嬉しいっすね」

小西「SIRUPはクールってよりかは、あったかくて柔らかい、かな」

菅野「たしかに!」

小西「SIRUPのライヴって、すごい遠くから観てても〈めっちゃ俺愛されてるな〉って感じるんですよ(笑)」

SIRUP「みんなに愛を注いでる感じ(笑)?」

小西「そうそう、客席を包んでる感じがある。身のこなしというか。すげーなって思いますよ。俺は角田と違って(SIRUPの音楽を)あまり普段は聴かないんだけど、ライヴを観ることは多くて。対バンしたときとかにそういう魅力はガンガンくらっちゃってますね。声もいいし、顔もニコニコしてるし」

SIRUP「普段みなさんの音楽は聴いてるけどこういう話はなかなか話さないから、こうして反応をもらえるのがすごく新鮮だし……ちょっと気色悪いす(笑)」

一同「アハハハ(笑)」

長塚「気色悪い(笑)」

菅野「アンケートでもみなさんべた褒めされていますからね。小西さんからは〈男性シンガーとして頭ひとつ抜けた才能とステージ・パフォーマンス力を持っている〉というコメントが」

SIRUP「いやあ、そんなことないですよ」

小西「褒めすぎかなあと思うんですけど……SIRUPのステージングを観てると、ちょっと(フランク・)シナトラがよぎるんですよね。でかいステージも包み込んでしまうんじゃないかなという、シナトラばりの余裕が見える」

角田「あー、わかる」

小西「だから堅苦しくなく、その音楽に触れていられるんですよね」

SIRUP「……もう、やめて(照笑)」

一同「アハハハ(笑)」

MELRAW「俺だけかな、SIRUPとしてのライヴ観たことないの」

長塚「俺もないんですよ」

小西「おい、観とけ(笑)。めっちゃいいから」

 

うわ、この質感で日本語でこれ歌ってんのすげえ!

菅野「MELRAWさんはSIRUP名義になる前から知ってるんですか?」

MELRAW「はい。もっと髪色が明るいとき」

SIRUP「白髪やったときがあって。5年前は金髪と白髪を交互にやってたんです」

MELRAW「僕は出身が名古屋なんですけど、上京する前は大阪の音楽シーンによく出入りしてて、大阪でバンドもふたつくらい参加してたんですよ。そこで(SIRUPの前名義である)KYOtaroという名前も聞いたことがあったし、SIRUPくんが上京した直後に会ってるんですよね。〈大阪からやべえやつが出てきた〉と、誰かが連れてきてて、そこに自分もいたんです。で、音源を聴いて〈いいなあ〉と思ってて、何かの折にKYOtaroとSIRUPが繋がって、〈あ!〉って」

SIRUP「僕SIRUPになってまだ一年目くらいなんですよね」

角田「KYOtaroのときと音楽性は全然違うんですか?」

SIRUP「自分としてはそこまで変わっているつもりはないんですけど、ラップをしだしたのはSIRUPからです。サウンドにも若干変化はありますね」

角田「トラックを作る人が変わったとか?」

SIRUP「も、なくて。毎回そのとき出会った人で、〈いいな〉と思った人と一緒にやっているので。大阪のSoulflexというチームとは常に一緒にやってて、それはKYOtaro時代から変わらずですけど」

角田「じゃあ名前だけ変わったくらいの感じなんだね」

菅野「長塚さんは〈プライヴェートでも仲のいい兄貴的な存在〉とアンケートに書かれていますね」

SIRUP「〈兄貴的な〉って、僕そんなんじゃないですよ(笑)。(長塚は)すごい誘ってくれるんですけど、WONKは元々めっちゃ聴いてたので、すごく嬉しくて。〈え、連絡なんかくれんの?〉みたいな(笑)」

菅野「その〈プライヴェート〉ではどんなことをしてるんですか?」

長塚「普通に呑みに行ってますね。あとは、TOKYO FMとは別のラジオ局のパーソナリティーの方が最近酵素風呂の店をオープンして。〈遊びにきてよ〉って言われてたので、〈SIRUPくん行きましょうよ〉って」

菅野「酵素風呂……?」

長塚「砂に埋まるみたいな」

SIRUP「木屑みたいなやつに」

菅野「あー!」

小西「めちゃくちゃ女子力高いじゃないですか(笑)」

SIRUP「すごい綺麗になりましたよ(笑)」

長塚「はい。すーごいトゥルトゥルになって」

一同「アハハハ(笑)」

菅野「木屑を一緒に被った仲だということですね(笑)。長塚さんは共にヴォーカリストということで。もし、SIRUPくんの曲で自分が歌うならどの曲ですか?」

長塚「もうアンケートでも挙げていたこれです、“Synapse”。歌ってみたいですね。僕、最初にSIRUPくんを見つけたのってYouTubeだったんですよ。ちょうどこの曲のミュージック・ビデオが出てすぐくらい。で、そのすぐ後に共通の知り合い伝いに出会ったんです。“Synapse”のMVを観たときは、〈うわ、この質感で日本語でこれ歌ってんのすげえ!〉と」

一同「(頷く)」

SIRUPの2017年のEP『SIRUP EP』収録曲“Synapse”
 

小西「いままであっても良かったはずのサウンドなのに、いままでなかった耳触り、みたいな」

長塚「うんうん。声の質感と歌い方が〈すげえ、全然違う〉と思って。で、こういう曲を僕は歌ったことないので、歌ってみたいなと。カラオケ行って歌ってみようとか思うんすけど、まだ実行できてないですね(笑)」

菅野「じゃあ、〈DOVETAIL〉の日に飛び入りしていただいても……」

長塚「(食い気味に)やばいです。それはちょっと~」

一同「アハハハ(笑)」

菅野「あるかも、しれないですね(笑)

 

新年一発目がこのイヴェントなのは、すごく刺激的

菅野「SIRUPくん的に、この5組でイヴェントをやるのはどうですか?」

SIRUP「もうめちゃくちゃ嬉しいです。個人的な話になるんですけど、SIRUPをやり出してから、ラッパーとしての認識のされ方も、シンガーとしての認識のされ方も、どちらもあって。そんな中で、ここにいるみなさんとは今年唯一交わらなかったので、新年一発目にこのイヴェントに出られるというのは、自分の中ですごく刺激的なんですよね。すごく楽しみです」

菅野「新年一発目。縁起がいいですね」

小西「もう、新年会だよね。みんなお酒めっちゃ呑むし」

菅野「この収録の初めっから〈打ち上げどうする?〉って話されてますもんね(笑)」

角田「会場どうしようか? 代官山でしょ?」

小西「じゃあトリキ(鳥貴族)じゃん?」

一同「(笑)」

角田「まあ、とりあえず今日の打ち上げの場所を決めようか(笑)」

★次回、第5回は12月3日(月)公開予定!

 


TOKYO FM「RADIO DRAGON-NEXT-」

毎週金曜日27時~29時に放送中! https://www.tfm.co.jp/dragon/
※放送されたトークはコチラからオンエア日より1週間聴くことができます。
※TS ONE(全国聴取可)にて毎週土曜日20時~22時で再放送有り。
※放送は関東近郊。関東以外の方はradikoの有料コンテンツ、またはWIZ RADIOで聴くことができます。

 


DOVETAIL
日時:2018年1月12日(土)
会場:東京・代官山UNIT
開場/開演:15:00/16:00
出演:WONK、MELRAW、SIRUP、CRCK/LCKS、ものんくる
チケット:前売4,800円   SOLD OUT
主催・企画・制作:Dentsu Music & Entertainment Inc.、サンライズプロモーション東京、ワイズコネクション
★詳細はこちら

 


■WONK

長塚健斗(ヴォーカル)、江﨑文武(キーボード/ピアノ)、井上幹(ベース/シンセサイザー)、荒田洸(ドラムス)からなるエクスペリメンタル・ソウル・バンド。新曲1曲を収録したリミックス作『GEMINI: Flip Couture #1』を5月23日にリリース。
http://www.wonk.tokyo/
★WONKがクリス・デイヴの魅力を語ったインタヴュー記事はコチラ

WONK GEMINI: Flip Couture #1 epistroph(2018)

〈TAICOCLUB'18〉でのライヴ映像

 

■MELRAW

サックス、フルート、トランペット、ギター、シンセサイザー、MPCを縦横無尽に行き来するマルチ・インストゥルメンタリスト、安藤康平によるソロ・プロジェクト。ファースト・アルバム『Pilgrim』を2017年12月6日にリリース。
http://www.epistroph.tokyo/melraw/

MELRAW Pilgrim epistroph(2017)

『Pilgrim』収録曲“The Rogue”

 

■SIRUP

大阪出身のシンガー・ソングライター、KYOtaroによるプロジェクト。最新EP『SIRUP EP2』を8月1日にリリース。
http://www.sirup.online/

SIRUP SIRUP EP2 Suppage(2018)

『SIRUP EP2』収録曲“Do Well”

 

■CRCK/LCKS

小西遼(サックス/キーボード/ヴォコーダー他)、小田朋美(ヴォーカル/キーボード)、井上銘(ギター)、越智俊介(ベース)、石若駿(ドラムス)から成るポップ・バンド。最新EP『Double Rift』を7月11日にリリース。
http://crcklcks.tumblr.com/
★『Double Rift』リリース時のインタヴュー記事はコチラ

CRCK/LCKS Double Rift APOLLO SOUNDS(2018)

『Double Rift』リリース・パーティーの様子

 

■ものんくる

ジャズを基軸にした独自のサウンドに詩情豊かな日本語詞をミックスした、吉田沙良(ヴォーカル)と角田隆太(作詞/作編曲/ベース)からなる2人組ユニット。最新アルバム『RELOADING CITY』を9月5日にリリース。
http://mononkul.tumblr.com/

ものんくる RELOADING CITY VILLAGE(2018)

〈Music Bar Session〉でのパフォーマンス映像
40周年 プレイリスト
pagetop