INTERVIEW

MONO、envy、downyが主催フェス〈After Hours〉を語る

アンダーグラウンドではなくインディペンデントが集う

(左から)山本紀行、倉橋慶治、青木ロビン、河合信賢、Taka Goto
 

来たる5月12日(日)に開催が決定した〈After Hours〉は、今回初の試みとして海外4ヶ国からのアーティスト――エクスプロージョンズ・イン・ザ・スカイ(US)、エイミング・フォー・エンリケ(ノルウェー)、スヴァールバル(UK)、レッドネック・マニフェスト(アイルランド)を招聘。toeやBoris、bachoら日本の精鋭たちと競演するということで、大きな反響を呼んでいる。加えてこの度、第2弾ラインナップとしてLITE 、OOIOO、Vampillia、skillkills、NOT ll BELIKESOMEONE、5kaiという剛腕の6組が発表された。2016年に〈SYNCHRONICITY〉とのコラボレーションという形で東京・渋谷でプレ・イヴェントが開催され、翌2017年にふたたび東京で正式開催。2018年には上海、台北で開催され、ともに前売り券の発売からわずか数分でソールド・アウトするという展開で一気にワールドワイドな広がりを見せた〈After Hours〉は、海外からのゲストを迎える今回、新たな次元に突入したと言っていいだろう。

そもそもバンド仲間が集まる飲み会で盛り上がり、開催が決まったという経緯が示すように、アーティスト主導のDIYなフェスティヴァルとして、閉塞した日本の音楽シーンに一石を投じてきた。今回はその主催者であるMONOのTaka Goto、envyの河合信賢、downyの青木ロビンに加え、昨年の上海・台北時から加わり、イヴェントの運営面をサポートするスマッシュの倉橋慶治、山本紀行の両氏を加え、〈After Hours〉の過去と現在、未来について存分に語ってもらった。

 

DIY精神を持ったバンドが世界中から集まる祭典

――ついに〈After Hours〉が東京に戻ってきますね。

Taka Goto(MONO)「今回は新しい試みで、海外のバンド、USのエクスプロージョンズ・イン・ザ・スカイ、UKのスヴァールバル、ノルウェーのエイミング・フォー・エンリケ、アイルランドのレッドネック・マニフェストを呼びました。去年は海外(上海、台北)でやったんですけど、それには僕たちが共感できる日本の良いバンドたちと海外を攻めたいっていう気持ちがあったから。両方を同時進行して行きたいんですよね」

――そもそも〈After Hours〉は、2016年に〈SYNCHRONICITY〉とのコラボという形で始まりましたね。

Goto「もともとは、ノブくん(河合/envy)がフェスをやりたいと言い出したんです。でも僕らにはノウハウがまったくない。ただロビンが〈SYNCHRONICITY〉主催の麻生(潤)くんと友達だったんだよね。それで実験的に始めたのが2016年。そこから自分たちでやれることは何か探っていって、2017年に単独で開催。それで去年は海外でやってみようと。で、もう1回日本でやりましょうっていうのが今回の企画なんです。まだ探り探りの段階なんですけど、10年とか20年かけて、きちんとした形ができれば良いのかなと」

――それだけ長いタームで考えているんですね。

Goto「そうですね。そもそも日本には、僕たちが信じられる音楽シーンがない。僕たちが自信をもって紹介できるバンドたちが一堂に集まる、海外で言うなら〈All Tomorrow's Parties〉のようなフェスティヴァルが、日本にはない。だったら自分たちで作っちゃえっていうのが、最初の気持ちなんですよ」

河合信賢(envy)「いま(日本にも)フェスはいろいろあるじゃないですか。そういうのを全否定してるんじゃないんだけど、僕らが演奏するとアウェイ感の連続だったというか。例えば会場には何千人も集まってるのに、僕らのときだけ誰もいなくなる……観てもくれないとかね。これだけ準備して、これだけ機材運んで、これだけのチームで乗り込んで行ったのに、草むらに向けて演奏してる切なさっていうね(笑)」

Goto「ははははは!」

河合「寂しかったんですよね。なんて言うのかな、自分が主役になりたいわけじゃないけど、もうちょいホームな感じというか、自分の国なんだから、せめてもう少しだけでも楽しく演奏できるフェスがあったって良いんじゃないかな、みたいなところから始まってるんです」

Goto「envyとうちは英国でやった〈All Tomorrow's Parties〉で同じ回の違う日に出たことがあって、そこでの経験を共有してるんです。ああいうフェスの場って、お客さんもそうだし、アーティスト同士もすぐ仲良くなっちゃう。知らない人とも友達になれるし、あの空気感っていうのが、やっぱりすごく良いんですよ。日本でも、あの空気感に海外勢も呼べて、みんなで力を合わせて何か作れたらな、っていうのがあるんです。日本のフェスとはなんとなく違う。ギスギスした雰囲気もなく、リスペクトがあって、ファンともいつでも話せてっていうような、そういう空間が作れたら良いなって思っています」

河合「海外のバンドを呼ぶときも、そと様のすごく有名なバンドに出ていただくっていう感じよりも、お互いにリスペクトを込めて何か一緒にやらないか、っていうところからスタートできたらいいなと。そこは商業主義じゃなくて、人間関係のなかでね」

Goto「ハートに響くアーティストが一斉に集まったらどういうふうになるんだろう。そういう景色を観てみたいんだよね。〈All Tomorrow's Parties〉は本当にそういう感じで、どのステージに行っても、観たかったバンド、ずっと好きだったバンドはもちろん、知らなかったバンドでも全部を楽しめるフェスだった。呼ばれて、大物気取りで現れて、挨拶もなしに帰って行くようなアーティストはほとんどいない。〈After Hours〉もそんな感じでやりたいと思ってます」

〈All Tomorrow's Parties〉でのMONOのライヴ映像
 

――なるほど。

Goto「うちは結成して20年ですけど、海外も含め、このフェスに出たら知名度が上がるんじゃないかみたいな雰囲気のところにはあまり誘われないし、出たいとも思ったこともない。むしろ、自分の好きなバンドが何かおもしろいことやってたら、小さなフェスであっても出たいと、僕だったら思う。そういうフェスを、自分たちで作ったら良いんじゃないかと思った。たとえばフガジとかシェラックみたいなDIYの精神を持ったバンド――僕らも胸を張って紹介できるような、インディペンデントなアーティストが集まる祭典を作れたら良いかな」

青木ロビン(downy)「若い子たちが、あそこに出たいってめざしてくれるようなフェスというかね」

 

アンダーグラウンドではなくインディペンデント

――スマッシュさんは昨年の上海・台北編から加わったそうですね。

河合「ぶっちゃけこの2人(倉橋慶治、山本紀行)がいなかったら、(上海と台北は)失敗してましたね(笑)。マジで、失敗したと思います」

――ちゃんとイヴェントのプロがいないと。

ロビン「大枠はもちろん自分たちがDIYでやるんですけども、サポートとやっぱりアドバイスが必要な場合も多くて」

倉橋慶治(スマッシュ)「もともとそれぞれのバンドとは関わり合いがあって、〈After Hours〉自体も知っていました。だから、この3人に呼び出されて、ちょっと相談があると言われたタイミングにはビックリしました。上海・台北で開催するということで、もうほぼエアーや日程も、パッケージとして出来上がっていた。そこで、じゃあ日本のプロモーションを手伝いましょうかみ?たいな話から入ったんですよ。全体をどうやって統括するという話ではなくて」

山本紀行(スマッシュ)「最初は日本のプロモーションを協力して、〈After Hours〉をどうやって世界と日本に広げて行くかみたいなところだったんですけど、気づいたらまっただ中にいた、みたいな」

Goto「ははは。実際に去年の上海、台北が終わって、みんなで打ち上げしたときに、スマッシュのこの2人が、〈これ日本でもやりましょうよ〉って言ってくれたんです。〈もう1回東京でやってもいいんじゃないですか〉というアイデアをいただいて、僕らはその時点で、来年やりたいとは思っていたけど、まだ具体的なアイデアはなかった。なので、2人の言葉が始まりだったような気がしますね」

山本「日本の音楽を海外で紹介するショーケースとかっていうのは、いままでもあったんですけど、それぞれ海外に行けばちゃんと単独ができるような人たちが集まって、パッケージで行きますよっていうのって、ほとんどなかったと思うんですよね。だから、日本ではこんなことやってくんないのに、なんで?っていう(笑)」

倉橋「(今回の東京開催への)僕らの発想もそこだったんです。これは日本のお客さんにも見せてあげましょうよと思って」

上海・台湾で開催した〈After Hours 〉のオフィシャル・ドキュメンタリー。
フランス人の映像作家、ジュリアン・レヴィが監督
 

山本「インディペンデントっていう言葉は日本だとアンダーグラウンドとワンセットみたいな感じなんですけど、海外ではちゃんと、インディペンデントがワンカテゴリーとして定着している。だから前売りが3分とかで売り切れたりすると思うんです。そういうことを日本に紹介したいなと思うんですよ。僕たちの立場としては」

――なるほど。

山本「アンダーグラウンドを集めてやってるわけではないですよ。やっている音楽のジャンルがただ単に、みんながそんなに接することの少ないタイプの音楽なだけで。インディペンデントというひとつのジャンル、ひとつの現象が海外では普通にあるし、そういった活動ができて、受け入れられてもいる。でも、日本だとなかなかそこの部分が伝わりにくい。それを例えば〈After Hours〉のような形で紹介できる機会があればいいと思いました。ポップスもあればパンクもあれば普通のロックもあるなかに、〈After Hours〉に出るようなバンド――ちょっとヘヴィーだったり歌がなかったり、ちょっと奇天烈だったりするバンドが、普通に音楽として存在するんですよっていう。〈After Hours〉を通してそれを発信できると思ったから、手伝いをできればな、と考えたんです」

一同「ホントにその通り」

――インディペンデントのアーティストとそうじゃないアーティストって何が違うんですかね?

倉橋「メジャー・ディールがあるか/ないか、ではないと思います。インディペンデントであってもメジャーと同じことをやれているバンドもいるから。なので、志とか独立心とか自分たちで掴んだ活動できる場所の広さとか、そういうところの差なんじゃないかなと思うんですよね」

河合「自主独立したバンドっていうのは、出音の作り方がまず個性的に感じるんですよ。ギターの音ひとつにしたって、ありきたりで予定調和な音ってあるんですよね。〈After Hours〉に出演するようなバンドは、ギターの音を聴けば誰が弾いているのかがすぐわかる。そういうことなんじゃないかな」

envyの2018年の楽曲“Dawn and gaze”
 

河合「いまは音作りの仕方とか、売れる曲のコード進行まで検索すれば出てくるでしょ。そういうマニュアル通りの音楽じゃなくていい。僕は先を急いでマニュアルを見ること自体、意味がわかんないですよ。いちばん楽しい部分を端折ってしまっていると感じる。もっと自由で良いじゃないですか。すぐ成功を求めようとすると、インスタントな答えを欲しがって、プロセスを端折るでしょ? でも音楽制作って、楽しいのはプロセスじゃないですか。確かに、良い機材をそろえて、そういう音作りや参考書見ながら作曲すれば売れたりするんだろうけど、俺はそういうの全然かっこいいと思わないんです。みんな一緒じゃなくて良いでしょ? 要は選択肢のひとつとして、こういうのもちゃんとあるってことを伝えていく義務があるんじゃないかなと思うんですよね」

――なるほど。

Goto「EDMが流行っていて、リアルなロック・バンドがもう古いとかそういうニュースを日本でよく読むんですけど、俺なんかずーっと外でツアーやっているじゃないですか。なので、一切そういう感覚がないんですよ。自分も友達も常に多くのお客さんの前で演奏していてそのシーンのなかで、ずーっと生活してる。そのなかでつまらないバンドは消えていくし、良いバンドは研ぎ澄まされて、どんどんレジェンドになっていく。それだけのことなんじゃないのかなって思う。

2015年と比べてCDの売り上げが25%落ちたっていうニュースとかを読んでも、だからどうした、ってなるんですよ。僕らはツアーをやっているわけであって、やることは変わらない。90分のワンマンショーをどれだけ価値のあるものに見せるかっていうことには変わりはない。CDセールスの数字で見える世界と、ライヴの動員で見えている世界って違うんです。少なくとも、動員が落ちずにずーっとやれているインディペンデントのバンドは世界中に山ほどいる。僕は、ロックや生バンドが衰退してるという意見には賛成できないんです。CDセールス的には衰退しているように見えるかもしれない。なぜかと言うと、Spotifyをはじめ買わなくても聴ける環境があるから。でも実際にお金を払ってコンサートに行く人の数は、そんなに変わったようには感じていない」

――事実、上海、台北の公演はあっという間に売り切れたわけで。

Goto「ミュージシャンのやることなんて、良い曲を書いて、良いライヴをする、その2つしか究極はない。それはこの先何百年経とうが消えるわけがない。もともとベートーヴェンの時代にはCDなんてなかったんだから。ストリーミングでライヴを観られる時代になっても、コンサートで生演奏したものの価値、実際に音を出して空気を揺らす演者のリアルっていうのは、変わらない。そういう体験は、Spotifyで音楽を聴くのとは全然違う体験じゃないですか」

次ページ〈After Hours〉の収益は何に使う? 逆に赤字が出たらどうする?
関連アーティスト
pagetop