INTERVIEW

GANG PARADE『ブランニューパレード』 何度も限界を突破してきた9人が語る、待望のメジャー・デビューと次なる未知の続き

GANG PARADE『ブランニューパレード』 何度も限界を突破してきた9人が語る、待望のメジャー・デビューと次なる未知の続き

ギリギリの状況から何度も何度も生き返り、ドラマのように限界を突破してきた9人が、ついに掴み取った待望のメジャー・デビュー。次なる大舞台を目前に控えて、GANG PARADEの新しいパレードがここから始まる!

 アルバム『LAST GANG PARADE』のリリース直後となる1月10日、WACK所属アーティストによる合同ツアー〈Going Going WACK TOUR〉初日を迎えたCLUB CITTA'にて、ついに待望のメジャー・デビューを報告したGANG PARADE。ただ、変化はそこだけに留まらず……3月の末にヤママチミキも参加して行われた〈WACK合同オーディション2019〉の結果を受け、研修生ユニットのWAggで活動してきたナルハワールドの加入も決定したばかり。5月には〈CHALLENGE the LIMIT TOUR〉と題した野音ツアーも控えていて、5月19日の大阪城音楽堂ワンマンを現9人最後の舞台とした後、5月26日の日比谷野外大音楽堂では新たな10人体制をお披露目することとなります。さまざまなトピックを踏まえて文字通りブランニューなパレードへ向かう9人に話を訊きました。

 

初心を思い出せる

——オーディション合宿から戻られたばかりですけど(取材日は4月1日)、今回はミキさんの活躍を安心して見守っていた人が多いのかなと思いました。

ヤママチミキ「ありがとうございます(笑)。やっぱり、たくさんの方に支えてもらいながら終えることができたなっていうのが一番ですね。一人だったらあんなふうに最後まで必死にガムシャラに、候補生に寄り添いながらっていうことができなかったので。連絡をくれたメンバーはもちろん、現地にいたスタッフさんも、ニコ生やSNSを通じて応援してくれた人たちもそうですし、ビックリするぐらいたくさんの人に応援してもらっていたなと改めて実感しました」

——いままでの合宿はギャンパレが注目されるためのステップになってきましたけど、今回そういう前提はなかったですよね。

カミヤサキ「そうですね。ストーリーっていう意味では、BiSだったり、メンバーが抜けた直後のEMPiREが注目される環境だったと思うんですけど、今年のギャンパレは、BiSHがずっとやってきたような、トピックがないなかで戦う大変さみたいなところを担ったのかなと思って。でもヤマちゃん(ヤママチ)は武士道を見せてくれたというか(笑)、コツコツ努力する姿勢をわかりやすく示してくれてたなって思う場面が多かったので、安心して観てました」

——そんななか、結果的にWAggからナルハワールドさんが加入することになりました。

サキ「予想はしてなかったんですけど、ナルハはヤマちゃんとずっと同じチームで練習してたので(笑)」

ココ・パーティン・ココ「一回言ったよね? これはもしかして、みたいな」

キャン・GP・マイカ「ココから〈ナルハがずっとミキちゃんと一緒なんだけど……〉みたいなLINEが来て」

ユイ・ガ・ドクソン「去年のマイカとハルナみたいな感じやったな」

ハルナ・バッ・チーン「確かに」

ユメノユア「入ることに確信は持ってなかったけど、もし誰か入るならナルハだろうなっていうのはありましたね」

サキ「あと、合宿最終日の〈WACK EXHiBiTiON〉でWAggの子が順番にマイクチェックする時、みんなBiSHの曲を歌っていくなかでナルハだけ“GANG PARADE”を歌ってたんですよ。それで〈ほほう〉って」

ドク「凄っ! でも、ナルハもその時は結果を知らんもんな。もしかして、そこも加入の決め手になったかもしれない」

月ノウサギ「それはギリギリすぎ(笑)」

——とはいえ、最初は戸惑いもあったと思うんですけど、率直にどうでしたか?

サキ「最初はビックリしました。でも、ナルハも凄い嬉しそうにしてくれてたし、お姉ちゃんも号泣して喜んでくれたって聞いて、凄い素敵だなと思いました。それと、ステージから捌けてすぐ、WAggのサアヤイトとナルハが抱き合ってたんですよ」

ココ「抱き合ってたね」

サキ「それを見て、凄い美しいものを見たなっていう気持ちになって。もちろんナルハもWAggを離れて寂しい気持ちはあると思うんですけど、自分たちもこのメジャー・デビューっていう新鮮なタイミングで新鮮なエネルギーを貰うというか、これからのGANG PARADEにもっと良い風を吹かせてくれるんじゃないかと思ってます」

——初の後輩ができる2人はいかがですか?

月ノ「そうですね、後輩か……。でもナルハが合格してすぐ〈GANG PARADEに相応しい人になれるようにがんばっていきたい〉ってコメントしてたのが凄いわかるなと思って、私も1年前に名前を呼ばれた時に、やっぱりGANG PARADEはダンスとかで他のグループとは違うものを求められてるのが凄くわかったし、追いつけるか凄く不安になったんですよ。だから、新メンバーとしてこの1年間やってきた経験をナルハに活かしてあげたい。それこそ私とハルナが入る時に、7人が愛を持って、優しくも厳しく接してくれたので、それを思い出したいです。だから、ある意味、初心を思い出せるなって思います」

ハルナ「ナルハの加入が決まってから、いろいろ想像してワクワクしてます。どんなステージになるんだろうとか考えはじめましたし、自分も変わるきっかけにもなりそうな予感がして、心の状態が変わって、心臓の色が変わった気がしたんですよね」

——何色から何色に?

ハルナ「赤から黄色ですね」

サキ「ハルナのメンバーカラーだね」

——なるほど(?)。

テラシマユウカ(ユユ)「ハルナはちょっとお姉ちゃんになるんじゃない?」

ハルナ「なっていこうと思ってます。ナルハがいちばん見るのは私なのかな?と思って、そのぶん私も変われる気がします」

——見られることによって。

ハルナ「そうです。関わりやすいって言ったらあれですけど、親近感があるというか」

——名前も対になってますし。

ハルナ「そうですね。ハルナルハです」

 

みんなを幸せにする

——はい。では、少し遡るんですけど、1月から回ってきた〈Going Going WACK TOUR〉の収穫はいかがでしたか?

ユユ「去年の最後のリリイベで2019年の目標を一人ずつ言ったんですけど、私は〈みんなを幸せにする年にしたい〉って言ったんですよ。その後にツアーが始まって、初めての場所で新しい人に出会ったりとか、他のグループを観に来た人にもGANG PARADEを観てもらえたし、お客さんからも〈GANG PARADEのライヴを観ると幸せになる〉っていう反応が多くなったツアーだったかなって思います」

ココ「宗教みが(笑)」

ドク「でもホンマに多かった」

ユユ「他のグループにも〈カッコイイ〉とか〈エモい〉とか感じたと思うんですけど、〈GANG PARADEがいちばん幸せになった〉って言ってくれる人が多くて、そこの収穫が大きかったツアーでした」

ココ「わかりやすく違う感じのグループだから、そう思ってもらえるのかも」

ユユ「うん、でもちょっと宗教っぽくなってきました(笑)」

ミキ「ホントに洗脳してるみたいな(笑)」

ユア「私は前よりも愛を持って他のグループを観れるようになりましたね。WACKの仲間なのは前からわかってはいたけど、ある意味〈どこにも負けない〉って尖りすぎてた感じがしてて(笑)。その気持ちはもちろん大事だし、WACK全体が好きだったり別のグループが好きで来てくれてる人にも〈今日はギャンパレが良かったね〉って思ってもらえるライヴを常にしなきゃいけないっていうのは心にあるんですけど、それだけだと絶対そう思ってもらえないと思うんですよ。いろんな気持ちが生まれたツアーだったけど、そこに気付けたのが良かったかなと思いますね」

ドク「ワンマンのツアーはひとつの形をどんどん良くしていって、段階を重ねてファイナルで最高のものにするっていう感じなんですけど、対バン形式だとその時その時が一回勝負っていう要素が強いので、一回一回をどう切り替えて、どう最高のものにするか、めっちゃ考慮しました。ひとつのライヴに込める熱量とか、9人で気持ちを揃える方法とか」

——そういう意識を共有するっていうところが皆さんの強みということですかね。

サキ「でもツアー中に追い詰められたことがあって(笑)、いつもより話し合う時間がないまま不安な状態でライヴした日があったんです。でも、時間がなくても瞬発力のあるライヴができるようにならないといけないし、それまでは作り込むことで安心しちゃってたのかなって」

ドク「そう、自分たちでおまじないを作りすぎちゃってた」

ユア「自分たちを洗脳してたね(笑)」

ココ「スタッフさんに〈今後もっと忙しくなったら準備の時間が作れずにライヴに出なきゃいけないこともあるから、互いに信頼し合うということを感覚的にステージでわかり合わないとダメだよ〉って言われて」

サキ「それがめっちゃ大きかったです」

ココ「話し合うこと=良いことって思ってて。もちろん良いことだし、ウチらに合ったやり方ではあったと思うんですけど」

サキ「〈それがないとできない!〉って(笑)」

——時間のかかるルーティーンに縛られてたみたいな(笑)。

ドク「そうです。話し合いとかが不安をまぎらわすための要素になりすぎてたので、5分のアップでも全力を出せる強さみたいなのが必要だし、いまはそういうおまじないを減らす作業にきてます」

 

次ページギャンパレらしさ、だけじゃない
タグ
関連アーティスト
pagetop