TOPICS

タワレコの新ジャズ・レーベル、第3弾は塩田哲嗣や曽根麻央らによるクインテット

タワレコの新ジャズ・レーベル、第3弾は塩田哲嗣や曽根麻央らによるクインテット

2018年10月にタワーレコードがスタートさせたジャズ・レーベル、Days of Delight(デイズ・オブ・ディライト)。その第3弾が6月19日(水)にリリースすることがアナウンスされた。

★〈Days of Delight〉関連記事一覧はこちら

今回も、レーベル・コンセプトである〈1970年代の日本ジャズの独創性をリスペクトする〉を再確認するコンピレーション・アルバムと、新録のオリジナル・アルバムの2枚を同時リリース。コンピ『Days of Delight Compilation Album-共振-』と、世代を越えたプレイヤーがこのレーベルのために集結したスペシャル・ユニット〈Days of Delight Quintet〉による『1969』の2枚となる。

Days of Delight Quintetによる『1969』ダイジェスト
 

『Days of Delight Compilation Album-共振-』は、日本コロムビアが所有する主に70年代後半の音源から8曲をレーベル・プロデューサーの平野暁臣がセレクト。同作には、平野によるジャズ愛に満ちた楽曲解説と、日本ジャズの復刻ムーヴメントの第一人者・塙耕記によるライナーノーツが付属される。

一方、Days of Delight Quintetによる『1969』は、本レーベルのレコーディング・エンジニアを務めてきた塩田哲嗣(ベース)をバンドマスターに、曽根麻央(トランペット)、太田剣(アルト・サックス)、吉岡秀晃(ピアノ)、大坂昌彦(ドラムス)という、20代から50代までの腕利きプレイヤーたちが集結し、ストレートアヘッドなジャズの最新形を提示する。

ローンチから約半年で6作をリリースするDays of Delight。好調なスタートを切った新レーベルから今後も目が離せない。

 


VARIOUS ARTISTS Days of Delight Compilation Album -共振- コロムビア(2019)

収録曲:
1. For my little bird/向井滋春
2. Shrimp Dance/鈴木弘
3. Breeze/稲垣次郎とソウル・メディア
4. Love More Train/日野皓正
5. On The Horizon/渡辺香津美
6. Babylonia Wind/杉本喜代志
7. Up into the Sky/板橋文夫
8. 渡良瀬/森山威男(from『Smile』1981)

 

Days of Delight Quintet 1969 Days of Delight(2019)

収録曲:
1. Attractive Vamp
2. The Sidewinder
3. TARO
4. Minor Blues
5. Driftin'
6. Fee-Fi-Fo-Fum
7. Tower of The Sun
8. Time

参加メンバー:
塩田哲嗣 Norihide Shiota(ベース)
曽根麻央 Mao Sone(トランペット)
太田剣 Ken Ota(アルト・サックス)
吉岡秀晃 Hideaki Yoshioka(ピアノ)
大坂昌彦 Masahiko Osaka(ドラムス)

プレイリスト
pagetop