SERIES

【Pop Style Now】第41回 2019年上半期洋楽ベスト・ソング10!

【Pop Style Now】第41回 2019年上半期洋楽ベスト・ソング10!

田中亮太「Mikiki編集部の田中と天野が、この一週間に海外シーンで発表された楽曲から必聴の5曲を紹介する連載〈Pop Style Now〉。今回は特別編として、2019年上半期洋楽ベスト・ソング10を発表します!」

天野龍太郎「去年はやれなかったですし、年末もベスト・ソングを発表できませんでした。〈2019年はちゃんとするぜ!〉と2人で20曲ずつを挙げ、そこから民主的に決めた10曲です」

田中「とはいえ、〈PSN〉で紹介していない曲も入ってきましたね。その選曲理由もきちんと説明しようと思います」

天野「そうですね。ランキングを楽しみにしている方には申し訳ないのですが、ちょっとネタバレ。10曲中7曲が女性アーティストのものです。それだけ2019年は女性ミュージシャンが力強かった、ということの証拠ですね。さて、前置きはこれくらいにして、まずは1位から!

 

1. black midi “Crow's Perch”
Song Of The Year (So Far)

天野「近年、特に海外ではロック・バンドに勢いがない、売れないという状況が続いています。そんななか、〈こんなに勢いのあるロック・ナンバーは久しぶりに聴いた! しかもイギリスから!! 彼らこそがロックの希望だ!!!〉という感動を込めて1位を選びました。ちょっとオーヴァーですけど」

田中「そんなわけで、〈PSN〉的2019年上半期洋楽ベスト・ソングは、ブラック・ミディの“Crow's Perch”です! 彼らはアデルやキング・クルールらと同じくブリット・スクール出身の4人組。イギリスのみならず、ここ日本でも本当に話題ですよね」

天野「ええ。東京・大阪公演の先行チケットが即完売したり、多くのリスナーやアーティストが話題にしていたり……とにかく、とんでもなく注目されている印象です」

田中「ここ数年、ファット・ホワイト・ファミリーら南ロンドンのバンドを中心にイギリスのロック・シーンはまた盛り上がっていると思うんですけど、ブラック・ミディが起こしているセンセーションは段違いだと思います。天野くんは何がそんなに特別だと感じていますか?」

天野「まずは複雑で緻密な曲をなんなくプレイする技術と、それを演奏しているのが弱冠19~20歳のメンバーだというインパクト。あとは、単なる上手さを凌駕するロック的な勢いと熱。僕がグッとくるのは、保守化が進んでいるロックの世界で、新しさをちゃんと感じさせてくれたところです。ポスト・パンクやマス・ロックにも近いサウンドなのですが、〈○○っぽい〉という形容を拒否するかのような得体の知れなさがあって。彼らの音楽からは未来に突き進んでいこうとする強い意志を感じますし、そこに希望が見えるんです。というわけで、文句なしの1位!」

 

2. Billie Eilish “bad guy”

天野「2位はビリー・アイリッシュの“bad guy”。彼女はまだ17歳ですが、2019年を代表するポップ・アイコンといっても言い過ぎではありません。3月にリリースしたファースト・アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』は、全米/全英チャートで初登場1位に。政治的な発言や活動も積極的にしていますし、10代のオピニオン・リーダーでもあると思います」

田中「〈PSN〉では3曲も紹介しましたし、1位をビリーにするかどうかは迷いましたよね。ただ、どの曲にするのかは票が割れて。僕は“bury a friend”を推したんですけど、天野くんの“bad guy”推しに負けました……。この曲、連載では取り上げなかったんですけど、にも関わらず〈これだ!〉と推したポイントは?」

天野「まずは彼女の最大のヒット曲だということです。ライヴでのシンガロングもすごい! サウンドも攻めていて、後半で突然トラップになったり、超フレッシュな一曲です。強烈な低音を発するサブベースも印象的ですし、ステレオタイプな男らしさに疑問を投げかけるような歌詞もおもしろい。いまのポップを象徴する曲だと思います!」

 

3. Beyoncé “Before I Let Go”

天野「3位はビヨンセの“Before I Let Go”です。〈ビーチェラ〉と呼ばれ、歴史的な偉業と謳われた2018年の〈コーチェラ〉でのライヴ。その模様を収めた『Homecoming: The Live Album』から。〈PSN〉では〈アメリカ黒人国家〉と呼ばれる“Lift Every Voice And Sing”を、そのメッセージ性から紹介しました

田中「でも、2019年のポップ・ソングといったら、話題性も含めてこっちかなと。原曲はメイズの81年のディスコ・ソングで、これはアルバムのために新録されたカヴァー。歌詞もビヨンセが付け足していて、〈コーチェラでかましたぜ!〉という内容です」

天野「最高のカヴァーですよね! このメロディーやリフレインが頭から離れません。力強いニューオーリンズ・ブラスやパーカッションが加わっていることで、ちゃんと〈ビーチェラ〉のサウンドにもなっています。ドレイクが“Nice For What”(2018年)で取り入れていたニューオーリンズ・バウンスっぽいパワフルなビートも超かっこいいです」

 

4. Rosalía “Aute Cuture”

天野「続いて第4位。アーバン・フラメンコ/ネオ・フラメンコの新たなスター、ロザリアの“Aute Cuture”です。今年はジェイムズ・ブレイクの新作『Assume Form』に参加したり、〈コーチェラ〉に出演したりと、存在感を発揮して大活躍でした。MVPは彼女にあげたいくらいです」

田中「僕は、ラテン・トラップのトレンドを押さえたJ・バルヴィン&エル・グインチョとの共演曲“Con Altura”のほうを推したんですが、またしても天野くんに押し切られてこっちになりました。でも、どっちもいい曲!」

天野「すみません(笑)。“Aute Cuture”はネイル・アートや女性の美容をテーマにしていて、ビデオも含めてフェミニズム的なシスターフッド、つまり女性どうしの連帯を打ち出した曲です。なので、ベスト10にふさわしいかなと。とにかく、ロザリアはいまノリにノっているので、2019年の後半も注目です」

 

5. Big Thief “UFOF”

田中「トップ5の最後を飾るのは、ブルックリンのインディー・バンド、ビッグ・シーフの“UFOF”。5月にリリースしたサード・アルバム『U.F.O.F.』からのシングルです」

天野「アルバムはかなり評判でしたね。この“UFOF”もそうですけど、古典的なフォークへと回帰しながら、微細で趣向を凝らしたサウンド・プロダクションも高評価の理由かなと思います。一聴してフォーク・ロック風のこの曲もさりげなく、奇妙な質感の音作りで」

田中「ビッグ・シーフの『U.F.O.F.』については、よくレディオヘッドの作品が引き合いに出されますよね。確かに、レディオヘッド『In Rainbows』(2007年)の延長線上にあるサウンドにも思えます。また、この“UFOF”の歌詞は、時代性を反映したテーマです。〈UFOに乗った友だち〉とは〈異なる文化や言語を持った他者〉の暗喩だとか。そんなわけで今年、ビッグ・シーフは一気に最重要バンドの仲間入りを果たしましたね」

 

6. Solange “Almeda”

天野「6位はソランジュの“Almeda”です。大傑作『When I Get Home』からの一曲ですが、〈PSN〉では“Dreams”という曲を紹介しましたね。ただ、リリース後からどんどん話題を呼んだのが、この“Almeda”でした」

田中「作曲にザ・ドリームが、プロデューサーにファレルが参加。さらに気鋭のプレイボーイ・カルティがラップしていて、ポップかつドープなトラップになっています。チョップト・アンド・スクリュードの技法もさらっと、かつディープに取り入れられており、くらくらするようなサイケデリック・サウンドです」

天野「『When I Get Home』はソランジュの〈ホーム〉であるヒューストンをテーマにした作品なので、同地で生まれたそのスタイルをやったわけですね。ちなみに曲名の〈Almeda〉は、ヒューストン南部の地名です。また、歌詞はアメリカ南部のブラック・カルチャーについてのもので、アルバムを代表する一曲として受け入れられました」

 

7. Vampire Weekend “Harmony Hall”

田中「7位はヴァンパイア・ウィークエンドの“Harmony Hall”。6年ぶりのアルバム『Father Of The Bride』からのリード・シングルでしたね」

天野「アフリカ音楽や室内楽といった、初期のバンドを特徴付けていた要素も盛り込まれています。さらに、ゴスペルのコーラスやマッドチェスター風のグルーヴも取り込むことで、祝祭性を演出しています。バンドの中心人物の一人だったロスタム・バトマングリが脱退して以降、大人数編成で行ってきたライヴ・パフォーマンスの延長線上にある曲だと感じました」

田中「ダーティ・プロジェクターズのデイヴ・ロングストレスやハイムのダニエル・ハイムなど、この曲の制作には多くのミュージシャンが参加していましたし、新たなヴァンパイア・ウィークエンドを印象付けましたよね。とはいえ、オリジナル・メンバーのクリス・バイオ(ベース)とクリス・トムソン(ドラムス)が楽器をまったく弾いてなくて、バックグランド・ヴォーカルでのみ参加していたというのは、なかなか衝撃でしたが……(苦笑)」

 

8. BLACKPINK “Kill This Love”

天野「8位はBLACKPINKの“Kill This Love”! 今年の〈PSN〉では何度かK-Popの曲も紹介しましたね。もはやセールスとクォリティーの両面においてポップ・シーンにおいて絶対に無視できないカテゴリーなので、当然の流れだと思います。亮太さんの奥さまもBTSにハマって〈アーミー〉になったそうで……」

田中「そうなんです。今年のK-Popだと、連載で取り上げた이달의 소녀 (LOONA) の“Butterfly”が個人的にはイチオシなんですけど、グループとして快進撃を続けていたのはやはりBLACKPINK。北米ツアーや〈コーチェラ〉でのライヴも大盛り上がりでしたし。この“Kill This Love”は、そんな勢いを表しているかのようなパワフルな楽曲です」

天野「ド派手なシンセ・ブラスとマーチング・ドラム調のビートで幕開けするイントロから、超アガります! プロデューサーは、これまでも彼女たちの曲を手掛けてきたYGエンターテインメントの鬼才・Teddy。メインストリームの音を踏まえつつ、強力なフックのある曲に仕上げているのは流石の手腕です。〈SUMMER SONIC〉でのライヴも待ちきれません。僕たちも〈Let's kill this love!〉の掛け声に合わせてジャンプしましょう!」

 

9. Sharon Van Etten “Seventeen”

田中「いよいよ9位になりました。シャロン・ヴァン・エッテンの“Seventeen”がランクイン! 1月にリリースした新作『Remind Me Tomorrow』に収録されています。単刀直入に言うと、最高のロック・ナンバーです!」

天野「雑だな~(笑)。まあ、そう言いたくなる気持ちもわからなくはないですよ。グイグイ進んでいくドラムのビートと、優しいタッチのピアノが印象的な前半から、後半ではノイジーなギターが加わって、どんどん昂揚感を高めていくアンセミックな楽曲ですからね。70年代のブルース・スプリングスティーンを彷彿とさせます」

田中「青春時代の自分自身に語りかけている歌詞にもグッときちゃいます。それにしても、『Remind Me Tomorrow』と同じくジョン・コングルトンが数曲をプロデュースしたニルファー・ヤンヤの『Miss Universe』や、チャーリー・ブリスの新作『Young Enough』を聴くと、インディー・ロックのプロダクションが変化してきていることを感じます。つまり、こじんまりとせずに、スタジアム・ロック感やスケール感のあるサウンドに変化している印象です」

 

10. slowthai “Nothing Great About Britain”

天野「第10位です。英ノーザンプトン出身の怒れるラッパー、スロウタイ。彼のデビュー・アルバム『Nothing Great About Britain』のオープニング・ナンバーにして表題曲がこちらです」

田中〈PSN〉では“Gorgeous”という曲を紹介しましたが、この曲ではより彼のポリティカルな姿勢が打ち出されていて、政治や社会への怒りを煮えたぎらせたアルバムの内容を端的に伝える曲ですよね。なんといっても、〈英国に偉大なところなんてない〉というメッセージが強烈かつ痛快です」

天野「EU離脱問題などで揺れるイギリスに対する批判ですよね。僕はこれ、パンクだと思うんですよ。もちろんスタイルやサウンドはグライムですけど、〈NO〉という否定の表現で現状を打ち壊して、前に突き進もうとする姿勢がパンク。否定のパワーを久しぶりに突き付けられた強烈な一撃です。以上〈PSN〉的ベスト・ソング10、いかがでしたでしょうか?」

 

11. Lil Nas X feat. Billy Ray Cyrus “Old Town Road”


天野「〈ベスト10なのになんで11位が!?〉と思ったあなた。鋭いし、正しいです(笑)。でも、この曲だけは紹介しておかなくちゃと思って。そう、リル・ナズ・Xの超特大ヴァイラル・ヒット“Old Town Road”です」

田中「さすがに無視できないですよね。なにせ、いまのところ11週連続で全米1位を獲っていますから。もともとはTikTokで人気になった曲で、曲調に合わせてカウボーイに変身する、というビデオが大流行。マイリー・サイラスのお父さんであるカントリー・シンガー、ビリー・レイ・サイラスが渋い歌声で客演したリミックスがリリースされ、さらに売れました」

天野「僕としては、アメリカの白人男性優位主義の象徴とも言えるカウボーイに黒人も女性も子どもも変身して遊んでいるところがおもしろいなって。そのきっかけを作ったこの不思議なカントリー・ラップは、2019年を語るうえで外せません。そんなわけで、次点というか番外編で選びました。その意味では、話題になったリル・ウージー・ヴァートの“Free Uzi”も紹介したかったところですが、それはまたの機会に!」

田中「読者のみなさまの上半期ベストも知りたいですね。〈PSN〉が選んだ2019年上半期ベスト・ソングは下のプレイリストにまとめていますので、聴きながら〈私はこうだなー〉と考えてもらえたらうれしいです!」

タグ
タワーアカデミー
pagetop