天野龍太郎「Mikiki編集部の田中と天野がこの一週間に海外シーンで発表された楽曲から必聴の5曲を紹介する連載〈Pop Style Now〉。今回は年末特別企画として、僕たちが選んだ〈2019年洋楽ベスト・ソング20〉をお届けします!」

田中亮太「〈上半期ベスト・ソング10〉はすごく好評で、ロング・ヒット記事になりましたね。未読の方はそちらもチェックしていただくと、半年間でどんな変化があったのかがわかりますし、〈2019年の洋楽〉がより立体的に見えてくるのでは、と思います!」

天野「そうですね。曲は、めちゃくちゃ入れ替わっていると思いますよ。この20曲には〈PSN〉で紹介していない曲も入っていますし、そのあたりもぜひ楽しみにしていてください。〈私の好きなあの曲は入っているかな?〉なんて期待しながら読んでいただけるとうれしいです」

田中「さて。前置きはこれくらいにして、〈2019年洋楽ベスト・ソング20〉、ドーンといきましょう!

★Mikikiの2019年末特別企画記事一覧はこちら

 

20. Post Malone “Circles”


天野「まずは20位から。現代のポップスター、ポスト・マローンの“Circles”! 2019年を代表するヒット・ソングで、僕と亮太さんのお気に入りの曲でもあります(笑)。ライブで大合唱必至のわかりやすくて切ないメロディーが、ポスティらしい一曲。〈『エモい』ってこういうことだよね!〉って言いたくなりますね」

田中「もともとはアルバム『Hollywood's Bleeding』からリリースされたファースト・シングルでしたね。シンプルなビートと太いベース、アコースティック・ギターのコード・ストロークがポップなメロディーを彩った、見事な曲です。リンキン・パークのチェスター・ベニントン亡きいま、アメリカでもっともカリスマ的な歌声を持っているのが彼だと僕は思っています!」

 

19. PUP “Kids”


田中「続いて19位は、PUP(パップ)の“Kids”。カナダ、トロントのパンク・バンドが4月にリリースしたサード・アルバム『Morbid Stuff』のリード・シングルでした。パワフルで勢いに満ちた演奏と、アンセミックなメロディーがすごくキャッチー。モッシュ・ピットの中で汗まみれになりながら歌いたい一曲ですね!」

天野「ハッピーで威勢のいいサウンドが彼らの魅力なんですけど、リリックはうつ病や希死念慮といったヘヴィーで現代的なテーマを掘り下げています。この“Kids”では、虚無感を抱えた主人公が、同じような境遇で苦しんでいる誰かと出会う様子が描かれていますね。そんな深さとロマンティックな一面を持っているのが、彼らのいいところだと思います」

 

18. Peggy Gou “Starry Night”


田中「韓国出身のDJ/プロデューサー、ペギー・グーの“Starry Night”が18位! 言わずと知れた、2019年を代表するクラブ・ヒットです。ダンス・ミュージックの聖地、イビザで今年もっともShazamされた楽曲ランキングでは4位に輝いています(笑)。それだけ多くのDJがスピンし、オーディエンスを魅了したということでしょう。シカゴ・ハウス流儀のパンピンなピアノとワイルドなビートは、オーセンティックとも言えそうですが……」

天野「やっぱり身体が抗えないサウンドです! あと、韓国語と英語を織り交ぜた彼女の歌も独特で、耳に残るんですよね。特に、〈Ocean, night, star, song, moment〉というフレーズがすごく快楽的で、中毒性が高い! そんなペギー・グーは、2020年早々に来日。1月4日(土)に東京・渋谷ContactでDJをします。楽しみですね!」

 

17. Brittany Howard “Stay High”


天野アラバマ・シェイクスのシンガー、ブリタニー・ハワードのソロ・デビュー・アルバム『Jaime』から、ソウルフルな“Stay High”を17位に選びました。『Jaime』は彼女の底知れない才能が遺憾なく発揮された、2019年を代表する傑作ですね。バンドではメンバーに合わせていたところもあったと思うのですが、ここでは想像力が赴くまま、とにかく自由な発想で、のびのびと音楽や歌に挑戦している印象です」

田中「同作からは、政治的に踏み込んだ歌詞の“History Repeats”や“13th Century Metal”といった、すばらしいシングルが他にもあったのですが、この“Stay High”がいちばん親しみやすくてポップで、人気もあるんですよね。ファルセット・ヴォイスとコーラスが交わる歌、アコギやトイ・ピアノを使ったアレンジ、ザラッとした音像、ロッカバラード系のリズム、実父に捧げた詞など、どれを取ってもいい!」

 

16. Koffee feat. Gunna “W”


天野「次は、コーフィーとガンナの“W”。ジャマイカ生まれ、弱冠19歳の若きレゲエ・シンガーであるコーフィーは今年、デビューEP『Rapture』でかなり注目を集めました。なんと、グラミー賞にもノミネートされています! 一方のガンナは、いまをときめくアトランタの売れっ子ラッパーですね」

田中「そんな2人によるこの“W”は、ダンスホールやトラップなどが交差したサウンドで、〈ラテン・トラップ以降〉とでも言うべきイマっぽいアーバン・レゲエ・ナンバーです。2019年最大の政治的トピックである気候変動の問題を扱ったビデオも挑戦的ですし、コーフィーというフレッシュな才能には2020年も注目ですね!」

15. Normani “Motivation”


田中「15位は、フィフス・ハーモニーのメンバーとして知られるノーマニの“Motivation”! ビヨンセの“Crazy In Love”(2003年)やブリトニー・スピアーズの“...Baby One More Time”(98年)といった、2000年前後のポップ/R&Bクラシックにオマージュを捧げたミュージック・ビデオも話題になりました」

天野「ノスタルジーというよりも、屈託のない純粋な愛情を感じさせるところがいいですよね。〈Beychella〉と呼ばれている、ビヨンセが2018年の〈コーチェラ〉で披露したパフォーマンスを意識したようなニューオーリンズ・ブラス風のサウンドもかっこいいし、アリアナ・グランデが作曲に関わったメロディーもパワフルかつセクシー。2019年を代表するポップソングとして、申し分のない強力な一曲でした!」

 

14. Big Thief “Not”


田中「14位はビッグ・シーフの“Not”。彼女たちは今年リリースした2作のアルバムで、いまもっとも注目すべきバンドであることを証明しましたね。精緻なプロダクションでサイケデリックなフォークを展開した『U.F.O.F.』と、荒々しくて力強いロック・アルバムとなった『Two Hands』、いずれも大傑作でした!」

天野「この“Not”は、『Two Hands』に収録されています。ほとんど一発録りだったようで、レコーディング・スタジオで録音に立ち会っているかのような生々しい演奏とラフな音像が強烈。6分強と長尺の曲ですが、徐々に熱が高まっていく展開は、迫力たっぷりです。ビッグ・シーフはレディオヘッドが引き合いに出されることもあるのですが、肉体的なアンサンブルと知的な音作りを同居させている点は、確かに近いかも。2020年5月に開催される来日公演は、観逃し厳禁です!」

 

13. Clairo “Bags”


天野「次はクレイロの“Bags”。彼女は、2010年代後半に重要となった〈ベッドルーム・ポップ〉というスタイルを代表するアーティストですね。めちゃくちゃローファイで粗削りな“Pretty Girl”(2017年)で注目を集めた新進気鋭の作家ですが、元ヴァンパイア・ウィークエンドのロスタムがプロデューサーとして参加したデビュー・アルバム『Immunity』で、一気にその才能を開花させました」

田中「同作からのシングルがこの曲です。確かに音楽的なクォリティーは高くなりましたが、かといって彼女のパーソナルな手触りや感覚、未完成感は失われていません。フラジャイルなウィスパー・ヴォイス、繊細なメロディー、自身の経験を元に女性同士の恋愛について書いた詞など、この“Bags”を聴いていると、彼女の内面を覗き見ているような感覚になりますね」

 

12. Tyler, The Creator “EARFQUAKE”


田中「タイラー・ザ・クリエイターの“EARFQUAKE”が12位。この曲を収録した『IGOR』も、いいアルバムでしたね。アルバムを通してメロウで心地良い気怠さが漂っていて、殺伐としたムードの2019年において、心に不思議な安らぎをもたらしてくれる作品でした」

天野全米チャートで1位を獲った『IGOR』は、タイラーのソングライターとしての成長と成熟が刻まれたアルバムですよね。あまりラップせずに歌っているのも、ハーモニーやメロディーに興味が向かっているからなのかな。この“EARFQUAKE”も、ピアノの流麗な旋律や、シンセサイザーが奏でる切ないメロディーが印象的。そもそも、この曲はジャスティン・ビーバーへの提供曲として書いたんだとか。いつかジャスティン・ビーバー・ヴァージョンも聴いてみたいですね」

 

11. Shawn Mendes & Camila Cabello “Señorita”


天野「11位です。超ラブラブなカップル、ショーン・メンデスとカミラ・カベロの“Señorita”。ショーンはカナダ、トロント出身のシンガー・ソングライター。カミラは、〈元フィフス・ハーモニー〉という冠も必要なくなったくらい活躍している、キューバ・ハバナ生まれのシンガーです。僕はこの曲、大好きなんです。サウダージな旋律といい、2人のアツくて艶っぽい歌といい、もう最高! ラテン・ポップのお手本のような曲じゃないですか? 今年はたくさんのプレイリストでこの曲を聴きましたよ」

田中「ラテン・ポップがシーンを席巻した2018年と比べると、2019年はジャンルのひとつとして定着しましたね。山Pこと山下智久さんのヒット曲“抱いてセニョリータ”(2006年)を覚えている方も多いかと思いますが、曲名の〈señorita(セニョリータ)〉というのはスペイン語で〈お嬢さん〉の意味です。〈私のことを『セニョリータ』と呼ぶのが好き〉とカミラが歌うサビには、ぐっときますね……。カシミア・キャットやベニー・ブランコ、アンドルー・ワットといった売れっ子プロデューサーが関わっていることも重要な一曲。さて、次はいよいよトップ10の発表です!」

10. Lil Nas X feat. Billy Ray Cyrus “Old Town Road (Remix)”

田中「出ました~! リル・ナズ・Xの“Old Town Road”が10位。Billboard Hot 100では4月から8月にかけて、19週連続で首位をキープしていました。カントリー・チャートに入れる/入れないという論争を巻き起こすなど、話題性は今年イチの楽曲でもありますよね。もちろん、曲がやたらめったら魅力的だからこそのヒットなんですが」

天野「超シンプルでわかりやすくて、ノリやすい曲だからこそTikTokでミーム化して、めちゃくちゃウケたんでしょうね。僕たちは最初、この曲のよさがよくわかっていなかったのですが、聴いているうちにすっかり好きになっちゃいました(笑)。で、もう一つ重要なのは、アフリカ系のリル・ナズ・Xがカントリーを取り入れたビートでラップをした、というハイブリッドなねじれ。ジャンルや人種の垣根をぶっ壊していく痛快さがありましたし、そこにカントリー界の大御所であるビリー・レイ・サイラスが〈俺も入れて!〉って飛び乗ってきたこともおもしろい。単なるヒット・ソングという以上に、すごく重要な意味を持った曲である気がします」

 

9. BLACKPINK “Kill This Love”

田中「そして9位はK-Popグループ、BLACKPINKの“Kill This Love”! やはりトップ10ともなればビッグ・ヒットが続きますね。今年は〈コーチェラ〉への出演も果たした彼女たち。ここ日本では、3大ドーム・ツアーも12月に行いました。やっぱり〈2019年のK-Pop〉を選ぶとしたら、これになっちゃいますよね。BTSとホールジーの“Boy With Luv”も迷いましたが……」

天野「でもサウンドのパワフルさと、BLACKPINKというアーティストの存在感を鑑みると、“Kill This Love”に軍配が上がるかなと! 勇ましいホーンとヴァラエティーに富んだリズムの展開で盛り上げまくるこの曲は、飛ぶ鳥を落とす勢いだった彼女たちならでは、じゃないでしょうか。ジェニーがサビで歌う〈Rum, pum, pum, pum, pum, pum, pum〉は、2019年ベスト・フレーズのひとつ!」

 

8. Summer Walker feat. Bryson Tiller “Playing Games”

天野「8位はサマー・ウォーカーの“Playing Games”。彼女も、2019年を通してもっとも大きな成功を収めたシンガーの一人です。セクシーなジャケット写真が印象的なデビュー・アルバム『Over It』は、全米チャートで2位を記録しました」

田中「同作からのヒット・シングルが、ブライソン・ティラーと歌い交わしたこちら。デスティニーズ・チャイルドの名曲“Say My Name”(99年)をサンプリングしたメロウな意匠と、〈私の名前を呼んでくれないの?〉〈私との関係って遊びなわけ?〉と恋人を責めるウォーカーの艶めかしい歌声が最高ですね。プロデューサーは、恋人でもあるロンドン・オン・ダ・トラック(London On Da Track)。2019年屈指のR&Bソングだと思います!」

 

7. DaBaby “Suge”

天野「続いては、〈2019年の顔〉と言っていいラッパー、ダベイビーのヒット・ソング“Suge”です。彼は今年、もっとも成功したラッパーの一人ですよね。『Baby On Baby』と『KIRK』という2作のアルバムは、いずれも高い評価を得ました。作品の発表ペースがめちゃくちゃ早いのも、イマドキな感じ」

田中「米ノースカロライナ州シャーロットで育ったダベイビーは、同地のシーンを代表する存在です。おむつを穿いたり、赤ちゃんネタを使ったリリックをラップしたりと、ユーモラスなキャラクターがウケているんですよね。〈俺は(ドクター・ドレーとデス・ロウを立ち上げた)若きCEO、シュグ・ナイトだ〉とぶち上げるこの曲も、MVではふざけっぱなし。ハードなストリート感とのギャップも、また魅力的です」

 

6. HAIM “Summer Girl”

天野「6位はハイムの“Summer Girl”! ロック史に残るルー・リードの名曲“Walk On The Wild Side(ワイルド・サイドを歩け)”(72年)にオマージュを捧げた一曲で、ジャズ風のアレンジとメロディー、スキャットが印象的ですね。一度聴いたら忘れられないです。ポール・トーマス・アンダーソン監督が撮ったMVも必見!」

田中連載でご紹介したとおり、この曲の歌詞はメンバーのダニエル・ハイムがパートナーであるアリエル・リヒトシェイドに贈ったものです。リヒトシェイドが精巣がんで闘病していたとき、ダニエルはツアーでそばにいられなかったので、〈私はあなたのサマー・ガール〉と書いたんだとか。そんなエピソードを踏まえると、いっそう感動的ですよね。さて。ついにトップ5です!」

5. ROSALÍA feat. J Balvin & El Guincho “Con Altura”

田中「トップ5の一発目を飾るのは、スペインのロザリアとコロンビアのJ・バルヴィンによるコラボレーション・ソング“Con Altura”! アーバン・フラメンコを牽引するディーヴァと、レゲトン/ラテン・トラップ界のスターがタッグを組んだ曲ですね。今年の〈PSN〉ではラテン・ポップの動向を注視してきましたが、なかでも1曲選ぶならこれなのかなと」

天野新曲が出るたびに〈PSN〉で紹介していたロザリアは、2019年のMVPだと思いますね。で、この曲はほとんどウワモノが鳴っていなくて、パーカッシヴなビートだけで構成されているところがかっこいい。にもかかわらず、2人のヴォーカルの掛け合いが心地良くて、めちゃくちゃキャッチー。プロデューサーであるエル・グインチョの巧みなセンスが光っています。実は、アメリカではそこまでヒットしていないみたいなんですが、スペインや南米諸国のチャートでは軒並み1位を獲得。もはや英米が中心とは言い切れない〈ポップの現在地〉を象徴している曲だと思いますよ!」

 

4. Lana Del Rey “The greatest”

天野「4位です。2019年のベスト・アルバムと名高いラナ・デル・レイの超々大傑作『Norman Fucking Rockwell!』から、“The greatest”。70年代風のノスタルジックなロック・サウンドと甘美なメロディーに乗せて歌われる歌詞に注目してください」

田中「〈ロング・ビーチとあなたが恋しい/なにより、あなたとのダンスが恋しい/ビーチ・ボーイズが通ったバーが恋しい/デニス(・ウィルソン)がココモへ行ってしまう前、最後に立ち寄ったあの場所〉と、古き良きアメリカ西海岸の文化を懐かしむラナ。一方、サビの歌詞は〈それらすべての『大いなる喪失』に直面しているの〉と悲嘆にくれています。この曲は、ドナルド・トランプ大統領政権下で分断が進んだアメリカに対する、痛烈な批判だと言われていますね。そんなヘヴィーな歌の締めくくりは、〈早くライブ・ストリーミングが始まらないかしら〉という実に皮肉っぽいフレーズ。アウトロまで必聴です」

 

3. Fontaines D.C. “Boys In The Better Land”

田中「アイルランドはダブリンの若手バンド、フォンテインズ・D.C.の“Boys In The Better Land”がトップ3入り。ようやく〈UK/アイルランドのロック〉が登場しました。って意地悪な言い方をしちゃいましたけど、今年はブラック・ミディの鮮烈なデビュー・アルバムがあり、フォールズブリング・ミー・ザ・ホライズンといった中堅バンドによる気合十分の新作もありと、UK/アイルランドのロック・シーンは活発。HMLTDなど、ファット・ホワイト・ファミリー以降の南ロンドン・シーンのバンドは引き続き元気でしたよね。さらに北ロンドンのソーリー(Sorry)西ロンドンのスポーツ・チーム(Sports Team)……注目のバンドも頭角を現わしはじめています」

天野「またフォンテインズ・D.C.と同じダブリンでは、復活したガール・バンドマーダー・キャピタル(The Murder Capital)ホエンヤング(Whenyoung)といった若手も注目されていますね。でも、やっぱりフォンテインズ・D.C.は別格。フォールのマーク・E・スミスをほうふつとさせるグリアン・チャタン(Grian Chatten)のぶっきらぼうなヴォーカルと、勢いまかせのパンク・サウンドにぶっとばされました。ちなみに、この曲は2018年のシングルで、アルバム『Dogrel』のために再録されているのですが、あきらかにアルバム・ヴァージョンのほうがかっこいい! ダブリンの乾いた空気や荒んだムード、同地に住む若者の苛立ちや焦燥感が真空パックされているかのようです。いまライブを観たいバンド、ナンバーワン!」

 

2. Lizzo “Truth Hurts”

田中「そして2位は、リゾの“Truth Hurts”。実はこの曲を入れるのはルール違反でもあるんですよね。なぜならリリース自体は2017年だから(汗)。それが、彼女自身のブレイクという後押しがあり、今年TikTokでミーム化。さらに、Netflixのロマンティック・コメディー映画『サムワン・グレート 〜輝く人に〜』で印象的に使用されたことで、一気に広がっていったみたいです」

天野「今年9月にはBillboard Hot 100でナンバーワンになりました。その後、7週連続で首位を保持し、これは女性ラッパーの単独作品として最長記録となっています。じゃあ、どうしていま、これほどまでの支持を集められたのかといえば、“Truth Hurts”は失恋した女性を励ましつつ、自立をエンパワメントする楽曲だからなんです。〈なんで男は自分が偉大だと思い込むわけ?〉と男性優位社会を口撃しつつ、自分自身を愛する大切さを女性に説いていく。上から目線にならないユーモラスな語り口も最高な、ここ数年の社会の潮流を反映したフェミニズム・アンセムだと思います! 〈ありのままの体型を肯定しよう〉という〈ボディ・ポジティヴ・ムーヴメント〉の象徴にもなったリゾは、2019年の顔でしょう」

 

1. Billie Eilish “bad guy”
Song Of The Year

天野「ついに1位です。〈Song Of The Year〉は、ビリー・アイリッシュの“bad guy”! 上半期は期待や読者への挑戦を込めて、ロンドンの若いバンド、ブラック・ミディの“Crow's Perch”を選びました。でもそれから半年経って、2019年を振り返ったとき〈今年はやっぱりこの人、この曲の年だったよね〉って思ったんです。いろいろ考えましたが、やっぱりこれ以外ないと思います。本当に、今年はずっと音楽ファンがビリーの話をし続けていた印象があります」

田中「弱冠18歳のビリーは、2019年を代表するアーティストでした。そして“bad guy”は今年を代表する一曲でしたし、この曲を収録したアルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』は、言わずもがなですよね。“bad guy”は、2020年1月から始まるTVドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』の主題歌にも決まったようですし、日本でもかなり話題です」

天野「〈白いシャツが真っ赤/私の鼻血で〉とつぶやくゴアな歌い出しから、ビリーのダークな世界にぐっと引き込まれます。やっぱり彼女の唯一無二の魅力は、ASMR的な聴き方もできる、このささやくような歌声。〈そう、あなたはタフ・ガイよね〉とステレオタイプな男らしさを振り回す恋人を揶揄しながら、〈私はバッド・ガイ〉と一気に関係性を反転させる歌詞もいいなって思います」

田中「お兄さんのフィニアスと作っている、音数を絞り込んだサウンド・プロダクションも、とても現代的ですよね。ヘヴィーなベース、後半でトラップ・ビートになだれ込むハイブリッドな構成など、聴きどころがたくさん。それにしても、今年もいい曲がたくさんあったので、20曲じゃ全然語り切れませんね! 読者のみなさまのベスト・ソングも、ぜひ知りたいところです。2019年も連載〈Pop Style Now〉にお付き合いいただきありがとうございました! 2020年もどうぞよろしくお願いいたします」