2019.09.04

いまや時代を代表する男の新作。CMや映画とのタイアップ曲が多いが、ゴツゴツした詩情に滲む正直さや言葉の重みにブレはない。カントリーを採り入れたりもする一方で、サウンドはグッと簡素になり、それがかえって骨太さを感じさせる。“狼煙(ver.2)”などで聴けるヒップホップへの接近も重要な変化だろう。これまでも彼の歌に息づいていたストリートの知恵や逞しさが、ラップ調の歌唱で活写されている。

 

関連アーティスト
タワーアカデミー
pagetop