TOPICS

Mikiki presents TWEEDEES × Orangeadeが開催! 東京の新しいポップスを体感しよう

Mikiki presents TWEEDEES × Orangeadeが開催! 東京の新しいポップスを体感しよう

Mikikiが主催するライヴ・イヴェント〈Mikiki presents TWEEDEES × Orangeade〉を12月2日(月)に東京・西永福JAMで開催いたします。

かねてからOrangeadeにラヴコールを送っていたTWEEDEESの沖井礼二と清浦夏実。そして、沖井や沖井が在籍していたCymbalsの音楽から多大な影響を受けてきたという話題のポップ・バンド、Orangeadeのメンバーたち。相思相愛と言ってもいい両者が今回、ついに対バンします。

きっかけは、2019年5月に掲載したMikikiの対談記事〈OrangeadeにTWEEDEES沖井礼二が惹かれるのは〈パンク〉なところ。ポップスのあり方をぶっ壊す?トリオとの対話〉で沖井が言った「ぜひ近いうちに対バンをやらせてほしいな」という一言。両者のファンとポップ・ミュージックを愛する者にとって、絶対に観逃せないツーマン・イヴェントです。

TWEEDEESとOrangeade――それぞれの方法で唯一無二のポップスを追求する2組による現在進行形の〈東京の新しいポップス〉を、ぜひ体感しに来てください。

前売り券はLivePocket(https://t.livepocket.jp/e/8i9y1)で販売中。

 


LIVE INFORMATION
Mikiki presents TWEEDEES × Orangeade

2019年12月2日(月)東京・西永福JAM
出演:TWEEDEES/Orangeade
開場/開演:18:30/19:30
前売り/当日:3,500円/4,000円(いずれもドリンク代別)
チケット(LivePocket):https://t.livepocket.jp/e/8i9y1

2019年10月15日追記
※会場後部に座席を数席ご用意する予定です。座席数は当日の集客状況に応じて変わりますのでご了承ください
※会場にロッカーはございませんが、クロークを1袋400円でご提供いたします

■西永福JAM
住所:東京都杉並区永福3-34-14 B1F
電話番号:03-6304-7012
西永福JAMへの行き方:http://jam.rinky.info/access/

■TWEEDEES
清浦夏実と沖井礼二によるポップ・グループ。2015年結成。2015年3月18日、日本コロムビアよりファースト・アルバム『The Sound Sounds.』をリリース。ミュージック・マガジン誌のレヴューでは10点満点、2015年年年間ベスト・アルバム歌謡/J-POP部門では8位にランクインと高評価を得る。11月3日にファースト・シングル『Winter’s Day』をTOWER RECORDよりアナログ盤7インチ、日本コロムビアより配信でリリース。2016年7月20日、日本コロムビアよりセカンド・アルバム『The Second Time Around』をリリース。2017年4月よりNHK Eテレ「おじゃる丸」のエンディング・テーマを担当しこの楽曲を収録したミニ・アルバム『à la mode』を同年6月21日にリリース。高い音楽性とファッション性を持ちつつ等身大のフレンドリーなキャラクターで臨むステージングのライヴにも定評がある。さまざまな面でポップス/ロックの〈王道〉を貫くTWEEDEESは、世代を超えて時代の潮目となりつつある。(オフィシャルサイトより)

■Orangeade
2018年、黒澤鷹輔(ex-ポートレイツ)、大沢建太郎(ex-北園みなみ)、佐藤望(カメラ=万年筆(caméra-stylo)/婦人倶楽部)により結成。同年2月にファースト・シングル『Orangeade』をリリース。9月に同作から7インチ・シングル『わたしを離さないで c/w 港の見える街』を発表。12月に石若駿、君島大空、須原杏(ASA-CHANG&巡礼)、竹川悟史(ex-森は生きている)、吉田ヨウヘイらが参加したファースト・ミニ・アルバム『Broccoli is Here』をリリース。配信やYouTubeへの楽曲公開をすることなしに楽曲の魅力が口コミで広まり、話題を集めた。2019年には作品の配信を順次解禁、9月に配信シングル『Over Again (Osawa Kentaro Mix)』を発表した。10月1日、黒澤と佐藤の2人体制となる。

40周年プレイリスト
pagetop