2019.11.08

最高のラヴソング“会ってすぐ全部”で幕が開く通算13枚目。一回聴いただけですぐに歌えてしまうキャッチーなフックを持ったパンク・ロックのオンパレードで、確かにパンチが効いた内容となっている。泣きまくりの哀愁メロディーと切ないコーラスが駆け抜けていく“デイジー”や青くて爽快なフォーク・ロック“リリイ”、コミカルな効果音が散りばめられた“ロケッティア”など曲調の振り幅の広さもまた大きな魅力だ。

関連アーティスト
40周年 プレイリスト
pagetop