INTERVIEW

cero、〈ある種の野蛮さを含んだ街の音楽〉をメロディー/グルーヴ/日本語詞の新たな関係性で鳴らす新作『Obscure Ride』

【特集:都市インディーの源流】 Pt.2

Love City 2015
[ 特集 ]都市インディーの源流
音楽の聴かれ方、表現の仕方が大きく変化した90年代。その幸福な時代を起点に、多様化する〈街の音楽〉など現在の日本のインディー界隈の源流を紐解いてみよう

 


 

cero
野蛮さを孕む街の音楽が、夜を越えて誘う場所

 

 

〈影〉からのメッセージ

 2013年末の“Yellow Magus”、そして、2014年末の『Orphans/夜去』という2枚のシングルが予告していたceroの新たな音楽冒険譚であるニュー・アルバム『Obscure Ride』。光と影が揺らめく雑然とした夜のワン・シーンから彼らの紡ぎ出すしなやかなグルーヴがゆっくりと立ち上がってゆく。

 「昨年夏、合宿でアルバム用の新曲を作ってはライヴでプレイするようになっていたんですけど、そんななか、〈影のない人が現れてはメッセージを伝えに来るものの、そのメッセージを受け取ることができない〉という次のアルバムのコンセプトが徐々に立ち上がっていったんです。〈影〉というのは、僕らが想像力を掻き立てられている音楽のブラックネスであったり、生と死や僕らが夜遊びしているクラブの暗がり……そうしたイメージと結び付いたことで、今回、〈影〉という言葉を意識的に使うようになったんです」(高城晶平、ヴォーカル/ギター/フルート)。

cero Obscure Ride KAKUBARHYTHM(2015)

言葉の多層性

 ceroの創作意欲の拠り所であるエキゾティシズムは、街に渦巻く人間の生命力やその象徴でもあるサウンドのファンクネス、メロウネスへと向けられ、マジック・リアリズムを思わせる幻想的なタッチのその作風は、グルーヴ・コンシャスなものへと劇的に変化した。

 「今回、サウンド面でリズムに意識が向かったことで、細かい譜割に言葉を凝縮しながら、ヒップホップのようにフロウさせるアプローチで情報量の多い歌詞を乗せられるようになったんですよ。そこでまずは、自分が得意とする脚本的な描き方で歌詞を書くことにしたんです。その後、作った曲に乗せて歌詞を読み上げながらメロディーラインを導き出して、そのメロディーラインに合わせて言葉を整えていったんですけど、そうすることで小節を跨いだり、独特な言葉のフロウを生み出せたのがおもしろかったですし、日本語の歌モノでそのやり方を実践するのが、自分にとって、今回の作品の一つのテーマでした。非常に難易度が高い作業ではあったんですけど、曲を気にせず、自由に歌詞が書けたし、場所を選ばず、喫茶店や電車の車内で書いたりすることによって、外に繰り出していくような歌詞や、歌詞のテーマである〈移動〉がおのずと導き出されたんです」(高城)。

 シングル『Orphans/夜去』でカヴァーした小沢健二『Eclectic』(2002年)収録の“1つの魔法(終わりのない愛しさを与え)”が予告していた通り、メロディーとグルーヴ、そして日本語詞の新たな関係性を提示している本作。“ticktack”や“Roji”、“Narcolepsy Driver”といった曲では語るようなメロディーと歌詞のフロウを披露している高城は、コーラスワークにおいてもいままでにないアプローチを提示している。

 「映画『バックコーラスの歌姫』を観ると、海外では歌姫をめざして挫折した人たちが次の段階として、バック・コーラスの役割を担って、大衆音楽を支えている。逆に言えば、日本では〈コーラス〉という重要な役割が軽んじられている気がして。だから、今回、女性コーラスをお願いするにあたって、“Orphans”では一十三十一さんに歌ってもらったんですけど、アルバムではコーラスを専門にやっている人にお願いしたくて、Smooth Ace重住ひろこさんに参加していただきました。いろんな方向から声が聴こえてくるように、自分なりに研究して、コーラスを重ねに重ねたことで、このアルバムは言葉の多層性も聴きどころの一つになっているんじゃないかと思いますね」(高城)。

 

ガラパゴス的な音楽性の合流

 一方、荒内佑(キーボード/サンプラー/ベース)は作曲を手掛けた“Elephant Ghost”や“Wayang Park Banquet”において、トーキング・ヘッズヴァンパイア・ウィークエンドをも魅了したアフロビートを独自の解釈で展開している。

 「ヒップホップやR&Bのルーツを辿っていくとジャズに行き着くんですけど、ジャズは西洋の音楽とアフリカのリズムが融合したものなので、さらにその根本を辿っていくとアフリカの音楽におのずと行き着くんですよね。そうやってリズムへの興味が最大限に高まっていった時にアフリカ音楽を聴くようになったんです。ただ、そうは言っても、僕らがNYのアフロ・リヴァイヴァル・シーンのように、民族衣装を着て、アフリカ音楽をやるわけがなく(笑)、そこはあくまで現代的に、そして、ちゃんと日本の都市に根ざした人間として、ポップ・ミュージックに昇華したつもりです」(荒内)。

 その絶妙なバランス感覚こそがceroを魅力的なポップ・バンドたらしめているのだろう。荒内が90年代マナーのキャッチーなグルーヴを活かした“Summer Soul”を書き上げると、橋本翼(ギター/クラリネット)はリズムやグルーヴに傾倒する2人を見守りながら、メロディーとアレンジの洗練が際立った“Orphans”と“DRIFTIN'”をバンドに提供している。

 「リズムやグルーヴをディープに探求していった高城くんと荒内くんに対して、僕は違った角度から2人に寄り添っていったというか。90年代は70年代の音楽がリヴァイヴァルした時代でもあったと思うんですけど、フリッパーズ・ギター渋谷系を経由して知った70年代の華やかなニュー・ソウルの要素を持ち込んだんです」(橋本)。

 「MC Sirafuが叩くスティール・パンにしても同じことが言えると思うんです。東京のインディー・シーンで熟成されたガラパゴス的な音楽性が、アルバムのミックスを担当した橋本くんの不思議なバランス感覚で作品世界に合流しているんですよね」(高城)。

 「振り返ると、ceroを始めた頃は、音をローファイに劣化させたりする90年代的な音楽がどこか恥ずかしく感じていました。でも、時と共に過去が相対化できるようになったことで、いまは自分たちのルーツになっている90年代の音楽が、自然と楽曲に反映されるようなった気がします」(荒内)。

 

野蛮さを含んだ街の音楽

 年齢や経験を重ねることで熟成されつつあるceroの音楽性と、厚海義朗光永渉から成るリズム隊が紡ぐ豊かなグルーヴが一体となってドライヴしていく本作。しなやかで柔らかな乗り心地の全13曲は、夜を越え、リスナーをどこに誘っていくのだろうか?

 「僕らは音楽的にも〈Obscure〉というか、曖昧な立ち位置にいるし、詞の世界もフォーカスをぼかしたまま進んでいるところがあるので、『Obscure Ride』というアルバム・タイトルがしっくり来たんですよ。もちろん、シティー・ポップが映し出すクリーンでパキッとした街のイメージもアリだと思うし、バブルの頃の煌びやかな記憶やイメージを再生する装置としてのシティー・ポップは音楽としてよく出来ていると思うんですけど、2015年をパックするとしたら、それだけでは収まらないと思うんですよ。そうではなく、ある種の野蛮さを含んだ街の音楽になったらいいなと思っているんですけどね」(高城)。  

※【特集:都市インディーの源流】記事一覧はこちら
 

40周年 プレイリスト
pagetop