INTERVIEW

〈日本に落ちてきた男〉ジム・オルーク、バンドとの絆に報いた13年ぶりヴォーカル作『Simple Songs』で大切にしたこと

ジム・オルーク 『Simple Songs』 Pt.1

〈日本に落ちてきた男〉ジム・オルーク、バンドとの絆に報いた13年ぶりヴォーカル作『Simple Songs』で大切にしたこと

『Simple Songs』とは名ばかりで、非常に複雑なバンド・サウンドを纏った歌のアルバム。日本に拠点を移したジムは、この国で出会った仲間と共になぜいまこうした作品を発表するに至ったのか?

昔の曲をやるのはサムいでしょ!?

 現代音楽、ジャズ、ロックなど、ジャンルを越えて活躍し、プロデューサーとしてグラミー賞も獲得。ワーカホリックぶりを見せ続けるなかでも、ユーモアと礼儀正しさは決して忘れない男、ジム・オルーク。日本に移り住み、日本語でインタヴューに応えるまでになった彼が、日本のミュージシャンたちとニュー・アルバム『Simple Songs』を完成させた。注目すべきは本作が『Insignificance』以来、実に13年半ぶりのヴォーカル作品だということ。その制作の背景には、前作『The Visitor』(2009年)を前後して知り合った、プレイヤーとの強い絆があった。バック・メンバーは、石橋英子(ピアノ/オルガン)、山本達久(ドラムス)、須藤俊明(ベース)、波多野敦子(ストリングス)といった面々。ジムは彼らとの出会いをこう振り返る。

「『The Visitor』の時、須藤さんに少し楽器を貸してもらいました。あの頃は日本に引っ越したばかりで、楽器を全部売ってしまっていたので……。須藤さんは素晴らしいベーシスト。同じ時期に達久のライヴを観て、実にイイネと思った。それで〈3人で演奏してみましょう〉と声を掛けたんだけど、当時は3人のために曲を作るとは考えていなかった。後日〈鍵盤も入れてみたい〉と言ったら、達久が英子さんを紹介してくれた。その流れで英子さんから『carapace』のプロデュース話がきて、それで私たちはバンドになった。一緒に演奏していくうちに皆さんが私の曲をやりたがり、曲を作らなければいけない雰囲気になった。昔の曲をやるのはサムいでしょ(笑)」。

JIM O'ROURKE Simple Songs Drag City/Pヴァイン(2015)

※試聴はこちら 

 石橋英子『carapace』(2011年)に続いて前野健太『オレらは肉の歩く朝』(2013年)をジムがプロデュースした際も、ジムと彼らは行動を共にする。「一緒に1~2年はプレイする経験が必要。それまではバンドじゃない」と思っていたジムだが、演奏する機会が増えるにつれて「だんだん良くなった。それは久しぶりの感じ。私は恵まれていると思った。そういうギフトは捨てないほうがいい」とバンド活動に前向きになったとか。そして、このメンバーで演奏するための新曲作りに試行錯誤しながら、『Simple Songs』に辿り着いたわけだ。「『Insignificance』とは合わせ鏡のような関係にある」と語る本作でジムが大切にしたことのひとつは、メロディーだった。

「前にアルバムを作った時、ヴォーカル・メロディーが足りないと思った。なので、今回のチャレンジは歌詞とメロディーとサウンドを混ぜるということ。リズム、メロディー、ハーモニー、歌詞はいつも関係があります。押すか、引くか。それは、重ねることとは違う。重ねるソングライティングには興味がない」。

 【参考動画】『Simple Songs』のトレイラー



できれば歌いたくない

 そうやって曲の要素が有機的に繋がったソングライティングに加え、さまざまなアイデアを散りばめた緻密なアレンジも本作の魅力だ。ひとつの曲を一本の映画のようにドラマティックに聴かせる演出、そのトリッキーな手法にジムの卓越したスキルと遊び心が詰まっている。

「ストーリーテリングは曲を作る時にいちばん大切にしている。アレンジを抽象的には決めない。〈この曲にはこのストリングス〉みたいな感じ。頭のなかで真っ直ぐ決まっている。時々わからないこともあるけど、徐々にわかってくる」。

 例えば印象に残るアレンジのひとつが、“Half Life Crisis”の終わり近くで突然インサートされるストリングスだ。まるで幻覚がフラッシュバックするようなその奇妙な飾り付けについて訊ねると、ジムは愉快そうに笑った。

「閃いた時、笑いました。〈これはイイ!〉と思ってね。実際にやってみたら結構難しかった。たぶん10回くらい録音した。でも、実はまだ100%じゃないです」。

 また、この曲のイントロでは石橋英子によるピアノのフレーズが力強いアクセントとなっているのだが、そのパートにもこだわりがあったようで……。

「デモでは私がピアノを弾いているけど、私は英子さんよりヘタ。でも、そのヘタな感じが欲しかった。英子さんが弾くと巧くなるのでいろいろな弾き方でやってもらって、最後に手袋をつけて演奏してもらったらタッチが変わった。英子さんは私より巧いのに、文句を言われて可哀想」。

 そうやって固定メンバーの力強いサポートを受ける一方で、ゲストの高田漣が“These Hands”でスティール・ギターを弾いている。

「高田さん、素晴らしかった。私も別の曲でスティール・ギターを弾いているけど、全然巧くない。“These Hands”では本物のペダル・スティールが欲しかった。ペダル・スティールはいちばん好きな楽器。自分の歌詞に凄く合うと思う」。

 スティール・ギターに限らず、自分ではあまりギターを弾きたくなかったというジム。しかし、彼にとってギターを弾くことは、自分の作品にサインをすることでもあった。「私のギターが入っていなければ私の曲じゃない。だから仕方ないね。このアルバムにはいっぱいギターが入っているけど、録音の時の記憶がほとんどないんです」と遠い目に。さらにギター同様、ジム自身が演者として重要な役割を担っているのがヴォーカルだ。「歌もできればやりたくない」と苦笑する彼にとって、歌ううえでのポイントはどんなところにあるのか。

「歌詞が重要。歌詞が出来れば何とか歌える。私のユーモア・センスは結構ブラック。ほとんどの歌詞は〈死〉と〈セックス〉がテーマになっています。他の人に伝わらなくても、自分自身が笑えれば大丈夫」。

 歌詞が好きなのはスパークストーキング・ヘッズ。好きな歌声はビル・フェイジョニ・ミッチェルスコット・ウォーカーなどで、いちばん嫌いなシンガーは自分だとか。そんなジムが新たなヴォーカル・アルバムを完成できたのは、「自分のために時間を割いてくれたメンバーに対する恩義もあったから」だそう。バンドとの関係について質問すると、「性格じゃなくて人間として似ている。自分の人生をどう扱うか、私たちは近い考えを持っています」と語ってくれた。本作は〈歌〉の作品である以上に〈バンド〉の作品であり、一心同体となったパワフルなアンサンブルに圧倒される。〈日本に落ちてきた男〉ジム・オルークが日本にしっかりと根を張ったからこそ歌えた歌、それが『Simple Songs』なのだ。日本語の歌詞はないけれど、このアルバムには言葉を越えた素晴らしい音楽が詰まっている。

プレイリスト
pagetop