TOPICS

HAPPY、ネバヤン、ソーシャル・ラヴァーズら国内外の気鋭アクトの新作が人気! Mikikiレヴュー週間アクセス・ランキング

  • Share on Tumblr
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2015.06.16

Mikikiに掲載しているレヴュー記事の、6月8日~6月14日の週間アクセス・ランキングを発表します!

 

 

首位を獲得したのは、京都発の5人組バンドであるHAPPYのインディー最後のEP。ロック、ディスコ、レゲエなど幅広いサウンドを散りばめつつ、楽曲のダイナミズムがグッと増した力作です。また、平均年齢23歳の5人から成る注目バンドで、〈西海岸のはっぴいえんど〉とも呼ばれるネバヤンことnever young beachのファースト・フル・アルバム、プロデューサーのマッティPを中心としたUS西海岸のユニット=ソーシャル・ラヴァーズの初CD作品など、国内外のインディー・シーンの注目盤がランクインしています。

2位は、悠木碧竹達彩奈という人気声優2人によるチャーミングなデュオ、petit miladyがライヴをイメージした楽曲を詰め込んだセカンド・アルバム。3位には日本産レア・グルーヴのアナログ皿1,400枚以上を紹介したディスクガイド本が続き、T.M.Revolutionチャットモンチーといったメジャーなフィールドで活躍するアクトや、negoKatsuhiro ChibaななみOLFA ASTRAなど、さまざまなタイプの邦人アーティストの作品が上位に。そんななか、気鋭のピアニスト、フランチェスコ・トリスターノが登板したゲット・フィジカルの定番ミックス・シリーズの最新作が5位と健闘を見せています。